フランスアンティーク&ブロカント雑貨 | メゾン・ヴィヴィエンヌのフランスアンティーク物語

カテゴリ: ヨーロッパの旅


とうとう、バルセロナ&バスク旅行も
最終日になります。9月29日。

近代建築「巡り」というほどのことはしていません(汗)
他にも沢山見るべきモニュメントがあるようですが
我々、近代建築が主目的ではなかったので・・
でも、せっかくだからここは絶対観ておきたい!
というところをおさえてきました。

バスク保健衛生局。
これは絶対観ないと。

DSC_3086

普通のお役所なので、

用がない者は入れませんが、

お役所なのに表参道のプラダビルよりお洒落。

ビルバオ、すごい。

DSC_3126

このガラス張りのキラキラな建物、
図書館なのだそうです。
昼間はこのような感じで中がよく見えませんが、
夜、ほろ酔い気分で歩いていると
灯りがついていて中の様子がよく見えるのです。

DSC_3216

(残念ながら夜に再訪した時には
閉館していて、灯りも消えていて・・・
こんな素敵な図書館があったら
足しげく通ってしまいそうですね。)

DSC_3087

ここはアスクナ・セントロア。
元は「アルオンディガ」(穀物倉庫という意味だそう)
という名前でしたが
前市長のアスクナ氏(故人)を忍んで
その名を冠した名称に変更されたそうです。
今やビルバオは世界に名を知られる街
(アートや近代建築で)となりましたが
それも前市長の功績なのだそうです。
(1999年~お亡くなりになるまでの15年間)


DSC_3096


元ワイン倉庫だった場所が、
なんと!フィリップ・スタルクのデザインで
生まれ変わったということで、
是非観ておきたかった場所です。
(ちなみに、フィリップ・スタルクは
東京の方ならおそらく皆さんご存じの
吾妻橋のアサヒビールタワーの
金の雲をデザインしたフランス人です)

柱のデザインが一本一本違うのに注目。

DSC_3097

ドラゴン。派手でいいな~

DSC_3098

図書館、ジム、バル、映画館などの複合施設。

DSC_3099

図書館。ゆったり思索にふけることが出来そう。

DSC_3100

DSC_3101

DSC_3105

エントランスを見下ろす、閲覧椅子。


BlogPaint

一番観たかったのは、これ。
天井から差し込む光・・・
ただの窓ではないのが
フィリップ・スタルクのすごいところ。

DSC_3108

なんと、なんと・・・、プールの底なのです。
プールも温泉も大好き。
入りたかったな・・・

DSC_3112

ここはたまたま通りかかっただけなので
何の建物かは存じません。
乃木坂の新国立美術館に似ていませんか?

さて、朝が軽いので、ランチ前に軽食です。

DSC_3116

また来てしまった、ラ・ヴィーニャ。
スペインではメジャーな
Mahouビールの生とシードル。

DSC_3120

高いところから注いでくれます。
店員さんは若いイケメンばかりでしたが
皆さんこのお兄さんと同じ髪型&ヒゲで
見分けが付きませんでした^^;
若者の流行りなのでしょうか?

DSC_3119

食べたのはマグロのタタキ寿司^^;
夫がこれのために再訪したかったそう。

そして、ランチはMIUというお寿司どころへ。

DSC_3137

(前菜)ズッキーニと茄子のウスターソース炒め。
ちょっと微妙かな・・・^^;

DSC_3136

(前菜)ムール貝のサラダ 

DSC_3138

(お寿司)アボカドと蟹の裏巻き。

DSC_3139

(お寿司)マグロの裏巻き。

DSC_3140

(メイン)鶏の野菜煮込
フランス人は胸肉のほうが好きなようですが
スペインもそうなのかな?
これもウスターソース味。ナゼ?

DSC_3141

(メイン)夫のメイン。
これが美味しかった!タラのフリット。
とっても美味しかったです。
これにすれば良かった・・・

DSC_3142

デザートは、私はパス
夫はメロンの蜂蜜ヨーグルトがけ。

海外で和食を食べたことは
ほとんどなかったのですが、
おもしろい発見があるものですね。
微妙なら微妙で、楽しいものです^^

このあとグランヴィア通りをブラブラして
鞄やら下着やら服やらお買い物し、
最後のバル巡りに繰り出します。

(この回で終わるつもりが・・終わりませんでした。
もう1回お付き合いお願い致します)


メゾン・ヴィヴィエンヌ店主


↓ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、
お得な情報を
いち早くお届けする
メールマガジンのご登録は
 コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも
同じ内容を発信しております。
FBのほうが見やすい方は是非♪






9/28の記録を、今更・・・、
執筆が遅くてスミマセン。

さて、この日はまずメトロで旧市街へ。

DSC_2999

とてもシンプルな路線図。
券売機の使い方は、駅員の若い男性が
英語で親切に教えてくださいましたが、
聞かなくても使いこなせそうなシンプルさでした。

DSC_3000

スッキリと近代的なホーム。

DSC_3001

乗車したのは、Moyua駅からたったの2駅。
出口(左下に見えますね)を出たら、
そこはもう旧市街。


DSC_3002

まだ時間が早いので閉まっていますが
バルがたくさん!

DSC_3004

DSC_3005

DSC_3007

DSC_3003

こんなアーケードになっていて
ヴェネツィアやパリのこういった場所ですと
お洋服や食器、土産物などの
ブティックが多いですが、ここはバルばかり^^;

DSC_3006

アーケード全景。

DSC_3009

旧市街の街並み。

DSC_3008

豚肉のお店が散見されます。

DSC_3015

DSC_3018

ヨーロッパの町の中心はやっぱり教会。

DSC_3019

教会前の広場の水場。
同じようなのがすぐ近くにもあり・・・

DSC_3017

洗濯板付です。
初めて見た気がしますが
フランスにもあるのかしら??
ご存じの方、教えてください。

DSC_3028

誰も居ない、とても静かな空間。

IMG_2308

IMG_2312

中庭には檸檬が。
平穏で幸せな空間。

DSC_3020

街の人たちのための、
簡素な祈りの場という感じの
ほっとする教会です。

DSC_3031

教会の真ん前のアパルトマン下には
遠足の子供たちが。
サンルーム、素敵ですね。いいなあ。

DSC_3032

よく見たら、サンルーム?のある
アパルトマン、多いですね。

DSC_3011

さてと、マルシェ(屋内)に行ってみますか。

DSC_3033

新しそうな建物。

DSC_3034

沢山のお店がありましたが、
同じ種類のお魚が多かったです。
イカ、ひめじ、かれい、ううんと・・・
バラクーダみたいなのは何でしょう?

DSC_3035

ホセリート(Jを発音しません)のお店。
豚の鼻のロゴが可愛い。

DSC_3036

フードコートになっています。
が、これから素敵なレストランに行くので
がまん、がまん・・・

DSC_3038

郊外のレストランなので、
タクシー乗り場に向かいます。
24℃。とてもいい気候です。
(この時計は壊れています!笑)

DSC_3039

川向こうに見えるのは、駅。
我々も最初、ここに到着しました。

DSC_3045

タクシーに乗って、ぐんぐん坂を上がってきました。

DSC_3047

丘の中腹の眺めのよいレストラン、
KATE ZAHARAに着きました。
予約は13時。
まだ誰も居なさそうです。
(スペインでは普通)

DSC_3053

日本語の出来るおじさんに
地下のカーブに通されます。

DSC_3054

全部、リオハのワイン。
分厚いワインリストが出てきて
「選んでください」ですって。
わからない~。

DSC_3055

グラスでも頼めました!
とりあえずの、白。
「アンチョビと生ハムどっちがいい?」と
日本語で聞かれます。
お肉を食べるのが夫の主目的なので
おつまみはアンチョビにしておきます。

DSC_3058

BARON DE LEY なる
リオハの赤ワインを選び、
テラス席に案内されました。

DSC_3051

ビルバオの市街が一望できます。

BlogPaint

顔くらいの、大きなワイングラスで。

DSC_3061

相変わらずまだ他のお客様がいませんが
15時頃には満席になります。

DSC_3063

トマト・・・、
普段、畑で採れたのを食べているから
要らなかったのだけど・・・
夫が食べ比べたかったとかで。
でもこのお皿、幅が30センチくらい!
トマトでお腹を満たしたくないな・・・

DSC_3065

ヤリイカかな?フリット。
これも30センチのお皿。
柔らかくて美味。

DSC_3067

ひよこ豆とオマールのスープ。
海が近いので魚介がオススメなのです。
海老味が濃くて美味しかったな。

DSC_3068

アニャナの塩かな?
このあたりの塩は
粒がとても大きいみたいです。
指のあと・・・私ではないです^^;

DSC_3069

もうここまででかなり満腹感が。
そこに、骨つき1.3キロのステーキが、
フリットと赤ピーマンのグリルを従えて
やってきました。

DSC_3072

塩だけの、シンプルな炭火焼き。
ヘルシーですよね。

DSC_3073

レアなお肉が大好き。

DSC_3074

ポテトを食べきれなかったのに、
夫はデザートは別腹だそうで。
さっぱりした、オレンジのグラニータ。

お昼から赤ワインは我々にはちょっと重く、
タクシーでホテルまで帰ってグッタリします。

その後、夕食前の腹ごなしのために
夕涼みのお散歩。

DSC_3075

グッゲンハイム美術館。

DSC_3077

左下に小さく見えているのが
六本木ヒルズにもある
蜘蛛のオブジェ。

BlogPaint

犬?猫?ちょっとヘタウマな感じのオブジェ。

DSC_3076

まだお腹がすいていませんが、
せっかくなのでバルへ。

DSC_3082

どうしましょう、写真を見ていても
どのお店だか思い出せません^^;
夫は出張中でしばらく聞けません。

DSC_3084

これは鱈のピルピルソースというものだと思います。

DSC_3085

鱈か生ハムのコロッケ、
オンザきのこ炒め。
でもでも、全然覚えていないんです・・・
ごはんをお腹いっぱい食べて疲れちゃうなんて
平和で贅沢ですよね。。。
なんだかちょっと罪悪感が。

夫が帰国したら、この日のこと
確認してみます^^;

次はとうとう旅行最終日。
ビルバオの、プチ近代建築巡りです。

いつも長くなってすみません・・・
ここまで読んでくださった方、
本当にありがとうございます。

メゾン・ヴィヴィエンヌ店主


↓ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、
お得な情報を
いち早くお届けする
メールマガジンのご登録は
 コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも
同じ内容を発信しております。
FBのほうが見やすい方は是非♪





リオハ博物館のあとは、お昼ごはん。
ディナーが重いのがわかっていたので、
お昼は軽くしたい。
それでも美味しいものが食べたい!
というときに、バル文化のある街は
本当に有り難いです。

DSC_2875

あまりにも気に入って、また同じお店へ。

DSC_2876

お目当てはコレです、豚バラ揚げ。
夫婦でこういうのが好きだから、
我々、コレステロール値が高めです><

DSC_2877

黄味そぼろ?の上に目玉焼き。
そのまんまのお味

DSC_2878

ジロル茸のようなきのこと
鶏もも肉のクリーム煮。美味♪

DSC_2887b

この「カッレ・デル・ローレル」というのが
有名なバル通りです。
ゾウさんが赤ワインを鼻から噴き出しています。

DSC_2859b

サンティアゴ・デ・コンポステーラへの
巡礼途中の街なので
道路の至るところに「あっちだよ」と
方角を示すプレートがあります。

我々はそこが目的地ではなく、
生ハム屋さんに行きました。

DSC_2863

この女性が切っているのは、
我々がオーダーした「5J」の生ハム。
「5J(シンコ・ホタス)]と
「JOSELITO(ホセリート)」が
二大ナンバー・ワンなのだそうです。
実際、どんぐりの実を食べて
広々としたところでノビノビと育った
イベリコ豚・ベジョータは
例えようがないほど美味しいです。
どんぐりを食べているので、
香ばしくてナッティーな独特の風味で、
パルマの生ハムとはまったく別物です。

DSC_2860

ブタ腿・・・連れて帰りたかったです。

DSC_2897

さて、夕食は21時から。
中心から少し離れたMeson Egues にて。

DSC_2898

いんげんと生ハムのソテー

DSC_2900

ヴィシー・カタランという
カタルーニャのガスあり水。
そしてリオハの赤ワイン。
安いのにこってり濃厚で非常に美味。

DSC_2902

フレッシュなポルチーニ茸のソテー。

DSC_2903

このあたりで非常によく食べられる、
赤ピーマンの炭火焼を
オリーブオイルマリネしたもの。
大好物です。

DSC_2907

牛ステーキ。
骨付きで、二人で約1kg。
載せるお道具も素敵!

DSC_2910

胡椒もかかっていなくて、
シンプルに塩のみで。
フィレンツェの
ビステッカ・ア・ラ・フィオレンティーナとも
少し違います。
お店にもよるでしょうけれど、
表面をここまで焼かなかったような。
また、フィレンツェではオリーブオイルと
レモンが添えられていました。
こちらではテーブルの上に
何も調味料がありませんでした。
シンプルに、豪快に、いただき、
赤ワインが進みました^^


翌日、バスク地方の都市ビルバオへ向かいます。
列車で3時間ほど。

DSC_2917

低くて、頭のぺったりした山々の麓に
ひたすら葡萄畑が続きます。
3時間の間、ほとんどずーっとこのような景色でした。
ワインが、安くて美味しいはずです^^

DSC_2973

到着したビルバオの新市街は、
とても小奇麗な都会。

DSC_2974

テラスで食事や談笑を楽しむ人たちがいっぱい。

DSC_3131

突如として現れる芋虫のようなのは、
なんとメトロの入り口。
パリみたいに、古いものと新しいものが
うまく混ざり合った街です。
この広場はフェデリコ・モユア広場、
そしてこの駅はMoyuaという名です。

DSC_2959

ビジネスマンのスーツはほぼ紺色のみ。
ピシっとした、着こなしの格好いい
紳士が多かったですよ。

さて、左に見える、エル・グロボという
大人気バルでお昼ご飯です。

DSC_2943

あら。英語表記が。

DSC_2945

どれも美味しそう^^
まず、チャコリというバスクの白ワインを。

DSC_2946

手前のは、なんだかわからないけれど
頼んでみたら。

DSC_2949

アーティチョークのフリットでした。美味^0^

DSC_2951

鱈グラタン、蟹グラタン。とっても美味^^

DSC_2960

パン屋さんもなかなかお洒落でした。
翌日の朝食を買い求めます。
健康上良くないらしいのですけど、
朝<<<<<昼<<<<<晩というのが
私のお食事の比重です。
早起きではないから出来ることですが・・・
さてと、一旦ホテルに戻りますか。

DSC_2942

ホテル・カールトン。
大阪にリッツ・カールトンがあったり
パリにリッツがあったり。
このホテルは、カールトン。

DSC_3148

DSC_2941

ソファの張地以外、好みのインテリア。

DSC_2966

ご自由にどうぞの、ウォーターサーバー。
何気なく飲んでみたら、
ちょっと変わった、でもどこかで知っている味。
檸檬・・・より酸味の少ない柑橘と、
なんと、キュウリ!
翌日は、グレープフルーツ&いちごでした。
翌々日はまたキュウリ水^^;

DSC_2938

夫の選ぶホテルは、今どきの
モダンでお洒落なインテリアが多いのですが
ここはわりとクラシック。どちらも好きです。
老舗ホテルは古臭い匂いがすることがありますが、
ここはメンテナンスもしっかりされていて
よい香りがします。

さてと。夕食のバル巡りに出かけましょうか。

DSC_3130

ホテル近くの街並みとバス。
このグランヴィア通りは、
いくつものザラ・グループのブティック、
その他スペイン発祥のブランドや
エル・コルテ・イングレス(デパート)があり
バル街も近くてとても便利な場所です。


お昼を食べたバルのお向かいにある
ラ・ヴィーニャ。
ここはまたタイプの異なる人気店。
高級食材店を隣で営んでいることもあり
ホセリートの生ハムや豚肉を使うなど
食材にこだわりがあるようです。

DSC_2981

ポルチーニとフォワグラと
卵とチーズのミニココット。
フォワグラ大好き!
ものすごく美味しかったです。

DSC_2983

これがまたすごい食べ物で、
ホセリートの生ハムとカリカリのバゲットの間に
チーズとフォワグラが挟まっています。
毎日食べたいです。
死ぬ前にも食べたいです^^;

DSC_2990

ホセリートの豚ほほ肉の赤ワイン煮。
ホロホロに煮込んであって、これも至福の美味。
リオハの赤ワインが何杯も進んでしまいます。

DSC_2992

野菜のおだしと生ハムのリゾット。
(わりと普通^^;)

DSC_2993

ベリー類の載ったNYチーズケーキのようなデザート。
毎日17000歩は歩いているので、ご褒美です。

さて、次はビルバオの旧市街探検です。
とても趣があって素敵なところでしたよ。


メゾン・ヴィヴィエンヌ店主






↓ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、
お得な情報を
いち早くお届けする
メールマガジンのご登録は
 コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも
同じ内容を発信しております。
FBのほうが見やすい方は是非♪





このページのトップヘ