フランスアンティーク&ブロカント雑貨 | メゾン・ヴィヴィエンヌのフランスアンティーク物語

フランスアンティーク&ブロカント雑貨ショップ メゾン・ヴィヴィエンヌの店主ブログ

カテゴリ: アンティーク真鍮小物

クリスマスが終わってしまいましたね。
楽しく過ごした方、そうでなかった方 色々だと思いますが
皆様食べるに困らず温かいところで過ごせたなら
ひとまず何よりだと思います。
(すっかり猫目線になってしまっています^^;)

ストラスブールでのテロ、インドネシアの島での津波、
札幌での爆発、何より岡山や広島での豪雨など・・
今年の漢字が「災」というのは批判もありましたが
個人的には災害が多かった年という印象はやはりありました。
来年は少しでも多くの方が平和に過ごせますように。

さて、前おきが長くなりましたが、
年末年始の送料無料セールのご案内です。

新商品も含めた年末セールをしようか
それとも送料無料にしようか悩みましたが
(両方したかったのですが、システム上
2種類のクーポンの同時適用が出来ないため
どちらかになるのです)
15000円未満お買い上げの皆さまにお得となる
送料無料セール
といたしました。

カートに進み、クーポンコード欄に


20190101

とご入力いただくだけです。

(期間:2018/12/29 0:00~2019/01/07 23:59まで)

もともと、レースやポストカードなど
少額で送料も安い商品は送料無料にしたいのですが
一部商品だけ少額でも送料無料、というふうに
システム上できないものですから・・・
いつも歯がゆく思っております。
この機会にどうぞご利用くださいませ。
(メルマガやFBでもご案内させていただきます)


さて、素敵な真鍮建具が入荷しています。


IMG_20181211_145825

ドアプレートドアノブ (文字をクリックすると商品ページへ。)
は別売りですので、
お手持ちのものと併せてお使いいただけます。

IMG_20181211_145358

なんと、優雅な・・・。
パリの、装飾芸術美術館(メゾン・デ・ミュゼ・デュ・モンド)
11月に行ってきましたが、そこにも
このような真鍮建具の使われた家具が
たくさん展示されていました・・・溜息。
膨大な量の展示物だったので、
バシャバシャ撮った写真の整理が追いつきませんが、
セーヴル美術館装飾芸術美術館
ご紹介をそのうちしたいと思っております。
当店のお品を気にいって下さる方には
とってもオススメの美術館です。
何時間でも、いられます・・・

脱線してしまいました。

IMG_20181211_145851


IMG_20181211_145649

ドアノブ。
ずっしりと重く、立派なお宅やお店の玄関や
室内ドアにオススメです。

IMG_20181211_144752

まだ商品ページにアップしていませんが
電気スイッチのプレートもあります。


IMG_20181211_145048


長々とお読みくださって本当にありがとうございました。
明日から寒くなるそうですので、
どうぞお気をつけてお過ごしくださいませ^^


メゾン・ヴィヴィエンヌ店主



↓ロゴをクリックすると
お店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、
お得な情報を
いち早くお届けする
メールマガジンのご登録は
 コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでもブログと
ほぼ同じ内容を発信しております。
FBのほうが見やすい方は是非♪


 

ひっそりと、インスタ始めました。
まだよくわからないので四苦八苦ですが
今後にご期待ください♪

Instagram


アールヌーボー期
(19世紀末から20世紀初頭にかけて)に作られた
ブロンズ(シルバーコーティング)のアクセサリートレイ。

DSC_2477edited


ひなげしの花びらも麦穂も
とてもリアルに丁寧に彫られており
作者銘もついている
とても美しく芸術的な作品です。

DSC_2478edited


平たく置くのはもちろん、
壁に掛けて楽しむことも出来ます。

DSC_2481edited

裏の、三つ足・・・
実は店主の弱点です(笑)
裏を見て、三つ足だと
たまらなく購買意欲がそそられます。
不器用に一生懸命
支えているような感じがたまりません。
同じような方、いらっしゃいますか?


商品ページはこちら です。



メゾン・ヴィヴィエンヌ店主




↓ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、お得な情報をいち早くお届けする
メールマガジンのご登録は コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも新商品やアンティーク小咄など発信しております。
是非ご覧ください♪











DSC_2449edited

19世紀に作られた(と、買付先のムッシュが言っていました)
 とてもリアルな薔薇とその葉っぱの形に成型したインク壺。
石灰岩のような土台に、ブロンズを合わせてあります。

31900YEN  *SOLDOUT

DSC_2458edited

ずっしりと重く、とても高級感があり、
置いてあるだけで優雅な雰囲気が漂います。
インク壺として以外に、
ペーパーウェイトとしても
お使いいただけそうです。
中に、大切なものをしまっても。

DSC_2454edited

真鍮とブロンズは、金属の配合の違いのようですが
私はこのよううな金色が強いものは
「真鍮」と思ってしまいそうですが、
店主は「ブロンズ。」と^^;

素敵な洋館にお住いのムッシュの、
マホガニーのライティング・ビューローに
置かれる運命なのかなあ・・・
と想像してしまう逸品です。

http://www.maisonvivienne.com/SHOP/D1009.html



メゾン・ヴィヴィエンヌ店主




↓ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、お得な情報をいち早くお届けする
メールマガジンのご登録は コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも新商品やアンティーク小咄など発信しております。
是非ご覧ください♪












新商品が入荷しています。

DSC_2485edited

アールヌーボー期頃に作られたと思われる、オリーブのような葉と
りんどうのようなお花をモチーフにしたとてもエレガントな蝋燭立てです。

(りんどうとは、葉の付き方が違うような・・・、
詳しい方がいらしたら是非教えてくださいませ)

 裏に足がついているのでしっかりと直立しますが、
持ち運びも出来るように枝の部分を曲げてあり、指を入れることが出来ます。
持ち運べる蝋燭立てでこのように優雅なものはあまり見かけません。
現代では蝋燭を持って歩くことは稀でしょうから、卓上キャンドルホルダーとして使うか
写真のようにアクセサリートレイまたは灰皿としてお使いいただけます。


DSC_2494edited


DSC_2488edited


DSC_2492edited


自分が喫煙者ではないからか、灰皿として使ったことはなくて。
私はどうしてもアクセサリートレイとして使ってしまいます・・・


メゾン・ヴィヴィエンヌ店主




↓ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、お得な情報をいち早くお届けする
メールマガジンのご登録は コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも新商品やアンティーク小咄など発信しております。
是非ご覧ください♪











新しい真鍮はピカピカしすぎて
落ち着かないのですが、
アンティークの真鍮小物は
本当にいい具合に
色合いが落ち着いて
とても重厚で素敵です。

真鍮小物、色々ありますので
今月はちょこちょこアップしていきますが
まずはお部屋のアクセントになる
トレイを2点ご紹介します。

DSC_2463edited
PRICE:¥19000

ミュシャの絵画に出てくるような
曲線の美しい
波にたゆたうヴィーナスを
モチーフにした典型的な
アールヌーボー期のデザイン。
フランス人はこういった品物を
Vide Poche (ヴィド・ポッシュ=
ポケットの中身を置いておくもの)
と呼び、帰宅して時計や
ちょっとした装身具を外して
置いておくために使います。
石鹸を載せたり、
アクセサリーを載せたり、
または灰皿としても
お使いいただけます。

DSC_2500edited
PRICE:¥8800

こちらはタバコを置く
溝がありますので
元々の用途は灰皿です。
が、このように、
帰宅してはずしたアクセサリーを
一時的に置いておいたり
ソープディッシュにしたり
外国旅行の旅に
余ったコインを入れたり・・・
この手の物は
色々な用途があるので
ついつい買ってしまいます(汗)
8.5-9mmの真珠が
とても小さく見えるくらい
けっこう大きなトレイですよ。



メゾン・ヴィヴィエンヌ店主







↓ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、お得な情報をいち早くお届けする
メールマガジンのご登録は コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも新商品やアンティーク小咄など発信しております。
是非ご覧ください♪











こんばんは!



フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ     びびあんです。




雨は早々に去ってくれて晴れ間が覗きましたね。


明日はきっと晴れると思いますので、ちょっと遠いのですが湘南蚤の市@湘南T-SITE に繰り出そうと思います音譜

湘南に南仏プロヴァンスの蚤の市を!というコンセプトだそうですよ。

素敵ですね~ラブラブ



さて、数点入荷致しましたがその中でも



真鍮製のフランスアンティーク天秤 をご紹介させてください。




天稟 自体は古代から存在していましたが


フランス革命後の1795年に各地域ごとにばらばらであった計量の規則が統一されまして、


1840年1月1日よりそれが義務づけられることとなりました。


度量衡というのは国家戦略上とても大切なもの、それがばらばらでは国の統一が叶いません。



その後も分銅や重石を使って測るタイプの秤は


20世紀半ば頃に自動秤が発明されるまで、あらゆる商店の店頭で使われていました。



アンティーク分銅たち。




こちらはそんな時代の生き証人とも言える真鍮製のアンティーク天秤 です。



天秤はまた、司法・裁判の公正さを表す象徴として


裁判所や弁護士事務所などに飾られる絵画や彫刻の題材として使われてきました。


弁護士記章も天秤モチーフですね。



ですので、司法関係の事務所やご自宅の書斎まわり・商店などのお店先のディスプレイに適していますよ。



渋くて武骨な感じがかっこいい 黒革のオペラグラス もアップしました。



dc919d8e.jpg








本日もご訪問ありがとうございました。


素敵なディナータイムをお過ごしくださいね。


ごきげんよう♪



フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ     びびあんでした。  


       


日本ブログ村アンティーク 日本ブログ村アンティーク フランスアンティーク アンティークサーチ



facebookボタン



ピンタレスト画像





















こんにちは!



連日爽やかな陽気晴れクローバーが続きますねニコニコ


連休も近いことですし、こんな時には思い切ってお部屋の模様替えをしたくなりませんか?




模様替えをするほどでもない場合、ちょっとしたパーツを替えるだけでも雰囲気が変わりますよ。


私は、南欧っぽいな~と感じる松ぼっくりモチーフが大好きなのですが、


こんなパーツダウンを前回のフランス買付で見つけてきました。



何に使うか、ご存じでしょうか・・・


アンティーク カーテンホルダー掛A




 アンティーク カーテンホルダー掛B



こんなふうに使います音譜







別の形も。ダウン(フランスのとある邸宅美術館にて撮影しましたよ家








マンションにお住まいで、壁が石膏ボードの場合は取り付けが難しいかもしれませんが・・・



こんなパーツがあると、見違えますよね。



松ぼっくりモチーフはこんなところにも。ダウン





ティーポットにご注目を。ダウン





フタのところに松ぼっくりモチーフラブラブ



これは南仏のアンティーク市で見つけたという、ニースのネグレスコホテルで使われていたシルバーのティーポットです。


フランス人からプレゼントされました。(あいにく商品ではありませんあせる




このモチーフは、イタリアフランスでは古くから使われているようです。



こんなところにも・・・ダウン





去年行った、バチカン美術館です。






巨大です!!





これダウンアンティーク市で買ったけれどもそう古いものではないらしい、木製のオブジェ。






一目ぼれしまして、ふたつとも連れて帰ってきました。

アンティークではなさそうなので、商品化の予定はないのですが・・・




前述の真鍮カーテンホルダーのページはこちらです。ダウン


アンティーク カーテンホルダー掛A



アンティーク カーテンホルダー掛B



ちなみに松ぼっくりはフランス語でPomme de Pin (ポム ドゥ パン)といいます。


松の実はPignon de Pin(ピニョン ドゥ パン) ですニコニコ




皆様 明日はお仕事の方が多いでしょうか?


もう少しでGW。お仕事頑張ってくださいね音譜



本日もご訪問くださりありがとうございました。


ごきげんよう♪





フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ     びびあんでした。  

       


日本ブログ村アンティーク 日本ブログ村アンティーク フランスアンティーク アンティークサーチ


facebookボタン


ピンタレスト画像








こんばんは。


今日はテーブルウェアフェスティバルに行こうかなと思っていたのですが、お天気も悪いし人混みが苦手なので、家でお仕事して過ごしてしまいました^^;



あまりにも美しくて優雅なフランスアンティークの卓上ベル (呼び鈴、カウンターベル)をアップしたので、ご紹介させてくださいね。






黄色味を帯びた真鍮の色がとても美しい、アンティークの呼び鈴。ヘッド部分にも支柱にも台座にも葡萄と葉と蔓ぶどうがあしらわれていて大変エレガントです。






通常、卓上ベルベルホテルやレストランなどの入り口カウンターに置かれていましたが、これほど凝った装飾の卓上ベルはそう数多く見当たりません。おそらく高級レストランかホテルで使われていたのでしょう。もしくは、キッチンと居室が離れていたブルジョワのお屋敷でお食事の合図に使われたものでしょう。


時代は1800年代=19世紀と思われます。






ちなみに、ごく普通の卓上ベルはこういった ↓ 感じで、現行品で1000円以下です。

オフィスやちょっとしたビストロで使われる分には良いですけれど、装飾性はありません・・・





ブロンズ真鍮は共に銅+ほかの金属との合金です。

ブロンズは銅+錫(すず、ピューター) 真鍮は銅+亜鉛

その配合の割合によって色合いも変わってきますが、真鍮は基本的に黄色味が強く、ブロンズ(青銅)は彩度の低い緑がかった色(青銅色と呼ばれるもの)というのが一般的な認識かと思います。


5円玉と、オリンピックの銅メダルの色 という比喩が一番わかりやすそうです。

10円玉は、ブロンズ(青銅)95% 錫1~2% 亜鉛3~4%が含まれているそうですよ。銅の成分が多いので赤みがかっているのですね。ちなみに50円玉と100円玉は「白銅」つまり銅70~90% ニッケル10~30%の合金です)


真鍮は、5円玉のほか、よくお目にかかるものとしては、仏具にもよく使われています。お仏壇でお線香をあげる時にチーンと鳴らす「リン」。あれはちょっと渋い黄金色ですよね。


ただし配合の割合によっては黄色味が少なかったりして、年月を経て酸化して黒ずんでくると、ブロンズとの区別がつきにくい場合があるそうです。そうなってくると、鑑定に出さないとわかりません。鑑定に出すということは、金属を削ることですので、それはとても出来ません。



ですので私がアンティーク商品の素材を「ブロンズ」「真鍮」と区別していても、どちらかな?と迷うものもあります。黄色味が強いとわかりやすいのですが、ブロンズ真鍮も混ぜる金属の割合によって色が様々ですので・・・


ちなみに銅が酸化することにより緑青(ろくしょう)が生えるのはどちらも同じです。




酸に漬けて緑青を取ることも可能ですが、金属を劣化させてしまうのでおすすめしません。緑青もアンティークならではの味わいの一つとしてお楽しみいただけたらと思いますベル


(ベルのほうの歴史秘話があまり見当たらないため、金属の話がほとんどとなってしまいましたあせる



フランスアンティーク卓上ベル(カウンターベル、呼び鈴)のページはこちら プレゼント



*この商品は売り切れました


本日もお立ち寄りくださいましてありがとうございました。


ごきげんよう♪


フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ     びびあんでした。  

       




日本ブログ村アンティーク 日本ブログ村アンティーク フランスアンティーク アンティークサーチ


facebookボタン



ピンタレスト画像


こんばんは♪


フランスアンティーク&ブロカント雑貨のメゾン・ヴィヴィエンヌ店主びびあん です。


予報通り冷たい雨雨の一日でしたので、予想通り家で事務作業メモをたくさんする一日でした(笑)



さて。今日はアンティーク真鍮ドアドアノッカーをご紹介させていただきますね。


マンション住まいの私には、残念ながら今のところ実際に使うことの叶わない、憧れのお品のひとつです。


ドアノッカー(フランス語でウルトワール)の歴史はとても長く、非常に昔から存在していたようです。


フランスの古くからの教会や邸宅などにも、必ずと言っていいほどウルトワールはあります。インターホンがなかったのですから。家の中にいる人に客人が来訪を告げるためには、物理的に音を出す仕組が必要がありますよね。


いちばんシンプルなものは、輪っかです。輪っかと、それを持ち上げて打ち付けると音が鳴るように設置した金属とでワンセットとなります。素材のものが古くから存在しています。


輪っかではシンプルすぎると考えたのか、色々なモチーフのウルトワールが作られました。


ライオンの頭フクロウ、小鳥などのポジティブな意味のシンボルや、魔除け的意味のあるモチーフが多いようです。(イスラム圏ではファティマの手がポピュラーです)


なぜか、ドクロウルトワールというのも存在します。

ドクロには、魔除けの意味があったり、再生・復活の意味があったりするようですね。私は好みませんが。





ご紹介するのは、魔除けであり幸運を呼ぶシンボルとも言われる、馬の蹄鉄のかたちをしたウルトワールです。


金属製の蹄鉄は3~4世紀くらいから存在していたようですが、一般的に使われるようになったのは中世以降なのだとか。

古代ローマでは、蹄に革のブーツを履かせて紐で固定していたそうですよ。


我々日本人には、さほど蹄鉄に馴染みがないですよね。和種の馬は西洋の馬よりも蹄が強かったこともあり、蹄鉄が使われるようになったのは明治期以降ということです。いわゆる軍事需要・・・ですよね。

陸軍は蹄鉄工を重んじ、1890年には蹄鉄工になるには国家資格が必要と定められ、1970年に廃止されるまで存続していたそうですよ。




ちなみに江戸期のお馬さんは。




草鞋をはいています!!!かわいいですね。大胆な構図がたまりません。

(安藤広重 名所江戸百景)






けっこうリアルなお顔のお馬さん。幸運のシンボルだとかいう理由より、馬がお好きな持ち主様だったのでしょうね~。馬への愛着を感じます。


馬蹄形ウルトワール、私は見たことがありません。なので乗馬の好きなブルジョワがオーダーメイドで作らせたのかしら?という気がしています。


そういえば、私の女子校時代には乗馬を習っていたり自分の馬を所有していたりする同級生が数人いました。その時は知りませんでしたが、乗馬って非常にお金がかかるスポーツなのですよね。


馬蹄形ウルトワールは、そういう意味もあってとてもエレガントなお品物。ご自宅の玄関扉にこだわりのアンティークドアドアを使っていらっしゃる方に、是非おすすめしたいアイテムです。



馬蹄形ウルトワールの商品ページはこちら
プレゼント



今日もお立ち寄りくださいましてありがとうございました。

とても寒いので、暖かくしてお過ごしくださいね。


ごきげんよう♪




フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ     びびあんでした。  

       




日本ブログ村アンティーク 日本ブログ村アンティーク フランスアンティーク アンティークサーチ


facebookボタン



ピンタレスト画像

こんにちは!


フランスアンティーク&ブロカント雑貨のメゾン・ヴィヴィエンヌです。


よくあることですが、今朝は4時に目が覚めて、そのまま起きております。


寝室に一人ではないと、物音で起きてしまって眠れないことってありますよねあせる


そんなわけでお仕事もはかどりました。


アンティーク雑貨を二点追加致しました。






かわいい鳥さんがとまっているのは・・・






インク壺でした。

現代日本ではインク壺を使うことは趣味の域でしかないかと思いますが

昔は必需品でした。





流麗な筆記体のフランス語は

このようにインク壺を使うようなペンで書かれたのですね。

このペントレーを使えば、書けるようになり・・・ませんが・・・

ブロンズアンティークペントレーはこちら







こちらはぐるりとマーガレットのような模様のついた、手の込んだアン ティーク手鏡





取っ手はアカンサス模様。

非常にエレガントな、貴婦人のための小道具です。

ポーチに入れて持ち歩きたくなりますね。

ほかの鏡を使うより綺麗に見え・・・るわけではないのですが・・・


片面は面取りがされていて、更に手間がかかっています。

手間を掛けるゆとりのあるご婦人のために作られた鏡ですね。


新丸ビルの中にあるブティックで、アンティーク小物をディスプレイに使っているお店があるのですが、そこで細工のよく似た手鏡が使われていました。上に、ネックレスをゆったりと載せて商品ディスプレイに。そのネックレスがとても素敵に見えたのは、言うまでもありません。



マーガレット&アカンサス模様のアンティーク手鏡はこちら



私のいけないところは、商品に愛着を持ってしまって

自分で使いたくなってしまうところです。

かといって自分が欲しくないものを

人様にお勧めすることも出来ない性分です。

同じものが複数あれば問題ないのですが

アンティーク&ブロカントは一点ものがほとんどなのですよね汗


そういった、とてもお勧めの小物たちばかりです。

大切に、次世代につないでいきたいものですね。



お読みいただいてありがとうございました。


では皆様、ホリデーシーズンが近づいて参りましたので

お風邪やインフルエンザに掛からないよう気を付けてお過ごしくださいね。

ごきげんよう♪



フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ     びびあんでした。  

       




日本ブログ村アンティーク 日本ブログ村アンティーク フランスアンティーク アンティークサーチ


facebookボタン



ピンタレスト画像

このページのトップヘ