フランスアンティーク&ブロカント雑貨 | メゾン・ヴィヴィエンヌのフランスアンティーク物語

カテゴリ: フランス関連の美術展

とうとうあさってまでとなった

「セーヴル展」。

 

インフルエンザB型にかかって

自宅療養中の夫をおいて

六本木に行ってきました^^;

 

六本木開館10周年記念展

フランス宮廷の磁器セーヴル 創造の300年

 

[画像:158085be-s.jpg]

残念ながら、

メゾン・ヴィヴィエンヌの雰囲気の

お好きな方々の好みそうな

18~19世紀フランス宮廷の

作品たちは撮影禁止。

コンテンポラリーな作品の

一部が撮影可でした。

 [画像:c0b4fd53-s.jpg]


ルイ15世、16世、ナポレオン1世・・・と

フランスの権力者たちに庇護され

贅沢で至高の作品の数々が生まれた

セーヴル窯。

 

私が特に好きなのは

スープ・チューリンなどの蓋についた

植物モチーフの取っ手

(檸檬やアーティチョーク)や

薔薇、矢車菊、アネモネなど

カラフルな花柄モチーフ、

ロカイユの金彩縁取り、

ガーランド、リボンモチーフ、

マリー・アントワネットのMA

デュ・バリー夫人のDBといった

モノグラム。

 (残念ながら撮影禁止)


この1年間、日本で4か所に

貸し出されるので

フランスに行っても観られない

素晴らしい作品の数かず、

是非日曜の最終日までにご覧ください♪

 

そして、30日までの

Dior レッツ グロウ ガールズという

銀座松屋でのDiorのイベントも是非。

[画像:f925ba07-s.jpg]

いつも免税店でまとめ買いするので

カウンターには滅多に行かないのですが

リップグロウの新色が出たので

タッチアップに行ったら

王子様みたいなハーフの

メイクアップーアーティストさんが

あれこれアドバイスして下さり
ラメパウダーやらアイシャドウやら

全部お買い上げしてしまいました^^;

このイベント中に買うと

リップケースに10文字までの

刻印をしていただけます。

MAISONだけで6文字…、

店名すべて入れるのは諦めて

VIVIENNE と刻印していただきました。

 [画像:2e8c5989-s.jpg]


ノベルティのピンク刺繍のタオルが素敵。

[画像:59672461-s.jpg]

ちなみにハーフの王子さまは

大橋君といって、お父さまの苗字だそう。

コロンビアと日本のハーフで

言葉遣いや物腰が丁寧で

とても気持ちの良い青年でしたよ。

ものすごく目の保養になるので

是非銀座にお出かけの際は

お立ち寄りください^^

 

メゾン・ヴィヴィエンヌ店主



↓ロゴをクリックすると
お店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、
お得な情報を
いち早くお届けする
メールマガジンのご登録は
 コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも
同じ内容を発信しております。
FBのほうが見やすい方は是非♪




ひっそりと、インスタ始めました。
まだよくわからないので四苦八苦ですが
今後にご期待ください♪

Instagram

家からは自転車で行けるのですが、
最寄りの東急田園都市線用賀駅からは
けっこう歩かないと行けない世田谷美術館。
ですが、「パリジェンヌ展」、
なかなか混み合っていましたよ。
(今日ではありませんが)

[画像:a1ed351b-s.jpg]

「パリジェンヌ展」て何なの?と思っていましたが
その名の通り、18世紀~20世紀にかけての
パリに暮らす女性たちの生活(特に服飾)に
焦点を当てた展覧会でした。
ボストン美術館のコレクションだそうです。

DF002-1

ふんだんに刺繍やレースがあしらわれたドレスや
靴、ティーセット、リヨンで織られたショール、などの
生活小物や、それらを描いたファッションプレート、
(当店にもあるロール・ノエルのものが何枚かありました)
リトグラフ、ポストカード、
マネやベルト・モリゾによる貴婦人たちの肖像画・・・、
おそらくメゾン・ヴィヴィエンヌが好きで
ご来店くださる方のとても好きそうな
時代背景と展示物たちでした。

★ファッションプレートはこちら
★貴婦人のお道具はこちら


私もこの18~20世紀のパリというのが
堪らなく好きでワクワクしてしまうので
またこの空間に身を置きたい!と思うような
展覧会でした。

砧公園やフランス料理の「ル・ジャルダン」も
隣接していますので、是非会期中にお出かけください^^

28日(日)までに、
サントリー美術館での「セーヴル展」も
観に行かなければなりません。
まだの方は、先に終わってしまう
「セーヴル展」に先におでかけください^^


メゾン・ヴィヴィエンヌ店主



↓ロゴをクリックすると
お店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、
お得な情報を
いち早くお届けする
メールマガジンのご登録は
 コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも
同じ内容を発信しております。
FBのほうが見やすい方は是非♪




ひっそりと、インスタ始めました。
まだよくわからないので四苦八苦ですが
今後にご期待ください♪

Instagram


数日前、上野の東京国立博物館 
表慶館にて開催中(11/26まで!)の

「フランス人間国宝展」


に行ってきました!

[画像:acc4396d-s.jpg]


残念ながら撮影は一切ダメでしたので
表慶館の外観と
展示の写り込まない角度での
二階踊り場での写真のみです。

[画像:958e1ce7-s.jpg]

なんと素敵なクーポラ!!

表慶館は入ったことがなく、いつも
「ここは何に使うのだろう?」
と思っていたのですが、
展示の時のみ入館出来るそうで
普段は入れないのだとか。

フランスの邸宅や
美術館に来たかのような
素晴らしい階段や手すり、
モザイクの床、ドーム天井
などが観られるので、
是非とも展示と併せて
お楽しみください。
(周りの方たちも
「素敵な建物。
元々何に使われていたのかしら?」
と囁きあっていました)

フランスの現代の名工たちの
溜息しか出ない美しい作品の数々を
このように一か所で観られる機会は
なかなかないのではないでしょうか。

窯変に魅せられた陶芸家ジャン・ジレル

エルメスのケリー・バッグを手掛けた
革細工作家セルジュ・アモルソ

歴史的建造物の修復を手掛ける壁紙作家
フランソワ=グザヴィエ・リシャール

さすだけで貴婦人になれそうな傘を作り出す
傘作家ミシェル・ウルトー

扇作家シルヴァン・ル グエン

その他、金銀細工、真鍮細工、
羽根細工、ガラス、
麦わら象嵌細工、折布などなど
アンティークの技法を受け継ぎながらも
オリジナルな作品を次々生み出す
才能豊かな作家たちの作品が
たくさん観られます。

15人の出展作家たち
 

国を挙げてこのように
芸術家たちを支援し、厚遇し
伝統技術を守る体制がしっかり
出来上がっているというのは
素晴らしいことですね。
しかも、才能があれば年齢は関係ない!
最年少で38歳で認定された作家さんも。
そして今日現在私より若い方もたくさん。

作家名をクリックすると、
作家の説明ページに飛びまして
作品や作家を紹介する
短い動画も観られますので
26日までに上野に行けない方も
どうぞごゆっくりご鑑賞ください^^


イチョウも見頃です♪


BlogPaint





メゾン・ヴィヴィエンヌ店主



↓ロゴをクリックすると
お店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、
お得な情報を
いち早くお届けする
メールマガジンのご登録は
 コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも
同じ内容を発信しております。
FBのほうが見やすい方は是非♪





このページのトップヘ