フランスアンティーク&ブロカント雑貨 | メゾン・ヴィヴィエンヌのフランスアンティーク物語

カテゴリ: フランス関連の美術展

池田学 氏はカナダやアメリカ、
アジア各国は訪れたようですが、
ヨーロッパはまだかもしれず
「フランス関連の展覧会」カテゴリー
には入らないのですが
きっと将来、存命中にルーヴル入りするだろう。
との勝手な予想と、
フランス製美術用紙「アルシュ」を
使っていることから、入れてしまいました^^;

https://www.takashimaya.co.jp/tokyo/special_event/ikeda/index.html

IMG_20171008_121231495.jpg
*この「誕生」という絵しか撮影許可されていなかったので、

この記事内の写真はすべて「誕生」から切り取った写真となります。

素晴らしさが伝わらないので貼らないほうが良かったかも?


NHKの夜のニュースで紹介されたので
コミコミだろうなとは思ったのですが、
昨日、10時半の開店直後に訪れた時には
すでに8階の会場からの長~い列が
6階の階段まで続いていました。
会場に入れるまで30分くらい並んだでしょうか。

皆さん口々に
「NHKで知って・・・これは観ないとと思った」。
実は私もその一人です。
NHKニュースなので
「日本橋高島屋で10/10日まで」とは
確か紹介してくれなかったと思います、
「中央区の百貨店で開催されています」と。
なので皆さん、場所と会期を調べる
ひと手間をかけてやってきているのです。
「有名だから」ではなく
「これすごい!観たい!」
TV画面を通じてそう思わせる
天才力がこの方の絵にはあります。
というか、もうその絵の前でひれ伏すしかない
ものすごい才能。
ただただ、圧倒されます。

「これは、天才だ」
「脳みその中、どうなってるんだ」

感嘆の声。



IMG_20171008_121231286.jpg


漫画を描くようなペンだけで描かれているので
非常に線が細かく緻密です。
その細い線が、生き生きとした、
奇想天外な世界を紡ぎあげます。
色々なもの・・・、フクロウやら猿やら
武士やらオバケやら、ご自身のサインやらが
絵のなかに散りばめられているのですが
それを発見していくのがとても楽しい。



IMG_20171008_121231646.jpg


画家本人も
「飛行機を入れたら、観る人が楽しいかなと思って」
「僕の絵には特に難しいテーマとかないので
観て楽しんでください」
そうおっしゃっていて、
皆さん、肩の力を抜いて童心に返って、
「あ こんなところにありんこだ!」なんて言って
楽しんで観ていました。
(ただしこの写真の絵「誕生」に関しては、
東日本大震災が制作の動機となっているため
瓦礫の描写もありまして
「楽しんで」というのは不謹慎なのですけれど・・)



IMG_20171008_121231391.jpg


旅をする度に絵に反映されるということなので
今後フランスやイタリアにインスパイアされて
どのような絵になっていくのかとても楽しみです。
なにしろまだ43歳ですから。

また、この方は法廷画家も10年勤め
動物園からの依頼で動物も沢山描いたとのことで
たくさんの動物画(これもペン)が展示されていますが
その動物たちの絵の素晴らしいこと。
18~19世紀の、資料として描かれた
絵画のように緻密で正確ながら、
動物たちの表情が温かく、どこかユーモラス。
画家のお人柄が表れているようです。

最前列を死守するために
動かない列にもめげずに並んでいたので
観終わるのに3時間ほどかかりましたが
じっくり観てきて良かったです、
「あとで図録買えばいいや」とは思っていましたが
まさかの図録売り切れ。

本当にものすごい天才、日本が世界に誇る才能です。
明日で終わりですが、4~5時間のお時間が作れるなら
是非歩きやすい靴を履いて観にいらしてください!


メゾン・ヴィヴィエンヌ店主






↓ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、お得な情報をいち早くお届けする
メールマガジンのご登録は コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも新商品やアンティーク小咄など発信しております。
是非ご覧ください♪







旅行やら片付けやら色々とありまして、
5月はとてもブログも商品UPも
少ない月でお恥ずかしいです><

さて、このところ爽やかな初夏の陽気でしたが
今日は雨が降ってきてお部屋が暗くなり、
写真もなんだかとても暗くなってしまいましたが
よんじょう画伯 のフランス絵画がようやく届きまして
ここにお披露目できることとなりました♪
よん様、素敵な梱包とオマケと温かいメッセージ
本当にありがとうございました^0^

image


yonjohDSC_1468edited


お題は「ロックフォール」。
イタリアのゴルゴンゾーラとどちらが有名でしょうか、
私はどちらも好きな「青かび」系のチーズです。

チーズはフランスに居た頃かなり色々食べました。
が、昔お付き合いしていたフランス人のプチタミが
フランス人が珍しくチーズがダメな人で、
それ以来私まであまり食べなくなってしまいました。

食べられるけれど苦手なのは山羊さん系。
「パサっ」としたテクスチャーがあまり好きではありません。
あと苦手なのはコルシカや
サルデーニャにある虫の入ったもの!!

それ以外は大抵好きで、
特に好きなのはモンドール、シャウルス、
マンステール、ヌーシャテル、
そしてもちろんカマンベール。
他にも色々ありますけれどもパっと思い付くのはこんな感じ。

そして、ロックフォール。たまらないです。
いつも冷蔵庫に入っていて欲しいです。
(ロックフォールは羊さんのミルクから出来ています)

チーズ工場で行ったことがあるのは
イタリアのパルマ近郊の
パルミジャーノの工場です。
当時の勤務先であるフランス企業では
毎年あちこちで世界中から
社員を集めて研修がありましたが
この年は「パルマ」でした。
ホテルに缶詰めなだけの日程ではなく、
テルメ、チーズ工場見学、フェラーリ博物館見学
というエクスカーション付きでした。

そこでみた「チーズ、チーズ、チーズ」
と同じ光景がこの「ロックフォール」です。

壮観ですよ。

DSC01864


これだけだと高さがわかりませんが・・・

DSC01865


人が写っているとよくわかりますね。

DSC01871


見学後、出来立てのパルミジャーノと
「ヴィーノ・フリッツァンテ」発泡した若い赤ワイン?
が振る舞われました。

DSC01875


こんな情緒のある建物でしたよ。
ロックフォールの工場もきっと
このような雰囲気の場所なのでしょうか。

このようなフロマージュ工場に
行ったことのある方がいらしたら
是非お話を聞かせてください^^


メゾン・ヴィヴィエンヌ店主









↓ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、お得な情報をいち早くお届けする
メールマガジンのご登録は コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも新商品やアンティーク小咄など発信しております。
是非ご覧ください♪











アメブロのほうで交流させていただいている 
よんじょう さんの個展が昨日から開催されました。

o0555084213890391506

たまたまこの日、京都から会議で上京している
知人とランチ予定があったので、
そのあとに寄らせていただきましたら・・・
ご盛況で、すでにほとんどが売約済!!

売れっ子のパワーというのはものすごいものですね。

私は仕事柄やはりアンティーク絡み、
もしくは1年ほど前から時々お世話になっている
知人宅の猫と仲良くなったことから
猫が大好きになったので
猫モチーフのものを探していたのですが
コレダーと思った「バカラ」モチーフのものと
「ニャッフェル塔」はもう売れてしまい・・・
一点ものですからよそ様のところに行ってしまったら
自分のものにはならないのですよね。
アンティークと同じです。

大物は手が届かないこともありまして
アンティークOR猫は諦め、
大好きなフロマージュ・シリーズの
「ロックフォール」を購入しました♪
よんじょうさんのブログでも紹介されています。

http://ameblo.jp/franco-japonais1/entry-12242465911.html


初日でほぼ完売なので
買えるものは少ないかもしれませんが
鑑賞するだけでもとっても楽しいですので
銀座にお寄りの際は是非お立ち寄りください☆

普段は私の大好きなニースにお住いの
よんじょうさんともようやくお目にかかれて、
気さくにお話してくださって、とても嬉しかったです。


o0444030013888594437



メゾン・ヴィヴィエンヌ店主






↓ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、お得な情報をいち早くお届けする
メールマガジンのご登録は コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも新商品やアンティーク小咄など発信しております。
是非ご覧ください♪











このページのトップヘ