フランスアンティーク&ブロカント雑貨 | メゾン・ヴィヴィエンヌのフランスアンティーク物語

カテゴリ: フランス関連の美術展

現在東京で開催中の
「マリー・アントワネット展」で見た品々を
何度かに分けてご紹介していましたが、
下書きしたまま消えてしまった・・・
と思っていたら、ありました!
まだ展覧会は開催中ですので、
どうぞ観覧前のご参考になさってくださいね。

********************

薔薇の花束をメインとしたメダイヨン型アプリケが
薔薇やライラックの茎、その他色々な花々からなる
アラベスク風の唐草模様に支えられた
世にも美しいランパ織のファブリック。

DSC_1854

制作を早めるため、26人もの職人が動員されたのだとか。
費用も人出も費やしたというのに、
ヴェルサイユ宮殿の王妃の私室では
ほんの数年用いられただけで、
その後はビリヤード室で規模を
縮小して用いられたのだそうですよ。

DSC_1858

クッション、椅子の張地にも使われています。
こちら、金糸が多用されていてゴージャスなのに
お花が小ぶりで可憐ですし
ブルーが効いていて爽やかで
清楚でさえありますよね。
ピンクとブルーのリボンも可愛い!!
ものすごく好みです・・・
溜息が出るとはこのことです。


DSC_1859


こちらも色合いが可愛らしくてうっとりします。
フォンテーヌブロー宮殿の
王妃の寝室で使われたファブリック。
タフタ地に、色とりどりの大きなブーケと
ライラックを中心にクジャクの羽根と
パンジーと薔薇の花冠をあしらったブーケが交差。 



DSC_1860

上のファブリックが使われているところ。

ファブリック単体で見ると素敵ですが、
お部屋全体が花柄ON花柄ですと
シンプルモダンなインテリアを
見慣れた現代の我々の目には
トゥー・マッチの感がありますね^^;
現代の我々は、ポイント的に取り入れましょう。


DSC_1857

結婚直後に制作されたと思われる、寝台の上掛け。
薔薇、忘れな草、リラなどなどの刺繍が。
四隅には、青いリボンで結んだ「アモルの松明」が。
新婚夫婦の比喩なのだそうです。

DSC_1856


上の上掛けの部分アップ。
マリー・アントワネットのイニシャルMAと
夫であるルイ16世のイニシャルLを組み合わせたモノグラム。
それをオリーブと月桂樹の枝が囲んでいます。

これは就寝時に夫婦二人が
上掛けとして使うものなので
それなりのサイズのお品です。
これだけの大きなお品に、ひと針、ひと針、
手で刺繍が施されているのです。

その手仕事の細かさに
「ほおぉ~~~・・・」と見惚れていましたら
かなり若い男女カップルが

「これ布団?王様にしちゃフツーじゃね?」

「ねー。フツーフツー」

と言ってサッサと通り過ぎて行きました(驚)

年月を経て色褪せていたので、
こ汚く見えたのでしょうか。

若いうちに本物をたくさん見て、
見る目を養う機会を持つのはよいことですね^^



メゾン・ヴィヴィエンヌ店主




↓ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、お得な情報をいち早くお届けする
メールマガジンのご登録は コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも新商品やアンティーク小咄など発信しております。
是非ご覧ください♪













マリー・アントワネットの選んだオブジェたちはとても現代日本女性好みではないかと思います。

色とりどりの花や真珠、リボンのモチーフをこよなく愛し、基調となる色彩は一番愛した「ブルー」を中心とした軽やかなパステルカラー。

好きなモチーフであるお花・リボン・パールが、何十人もの熟練絵付け職人によって手彩色されたセーヴル焼のフルセットを手に入れられるなんて、なんとまあ羨ましいことでしょう。

それらのものすごく手のかかった珠玉のセーヴル焼をたくさん見ることが出来ます。
(写真撮影不可でしたので、図録よりお借りしています)


DSC_1861


「豪華な色彩と金彩」の食器セットから、「グラス入れ」。
アイスペール、でしょうか?小さめのワインクーラーといった感じの大きさです。
1784年に購入された237点からなるセットです。
スミレのメダイヨンのまわりにはつややかな真珠がぐるりと描かれています。
交互に描かれた薔薇と矢車菊もとても愛らしいですね。


DSC_1862


「真珠と矢車菊」 のセットから、「二番目のサイズのサラダボウル」。
1981年7月に注文し1982年1月2日に購入したという、293点からなるセット。
急いで作らせたため、30人近くの絵付け職人を超過労働させたので
製作費がかなり高騰したそうです。 
それししても清楚で可愛らしい柄・・・、マリー・アントワネットは真珠が本当にお好きだったのですね。


 DSC_1850

こちらもセーヴル焼。
「窪みのある蓋つきカップ」、1781年。
百合と薔薇で構成された花輪の中心にイルカが金色で描かれ、ブルボン家の軍の色である水色が使われています。
世継ぎ誕生のお祝い記念に作られたものなので、「王太子」を表すイルカが描かれています。
フランスでは王太子のことを「ドーファン」DAUPHINと呼ぶことがあり、イルカと同じ綴りなのはどうしてかしらと思いつつ調べたことがなかったのですが、この度、1349年にドーフィネ地方(DAUPHINE) がフランス王太子の所領となって以来、王太子の意を表すようになったということを学びました。
それにしても、この時代の人々のうちイルカを見たことのある人がどのくらい居たのでしょうね。


さて、次回はファブリック類かフェルセンの手紙をご紹介したいと思います。
何度にも分かれてすみません。



メゾン・ヴィヴィエンヌ店主



↓ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、お得な情報をいち早くお届けする
メールマガジンのご登録は コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも新商品やアンティーク小咄など発信しております。
是非ご覧ください♪










/>


「マリー・アントワネット展」レポの続きです。

DSC_1848

●マリー・アントワネットのオーストリアの実家家族やフランス王室の人々や貴族の肖像画
●輿入れの様子を描いたエッチングや記念品
●王妃のまわりを彩った数々の逸品(家具、ファブリック、陶器、漆器)
●革命の様子を描いたエッチング
●幽閉生活で身に着けていた肌着や靴、化粧瓶
●フェルセンと交わした手紙、
●幽閉されていたルイ17世の玩具、筆跡
●裁判や処刑の様子を描いたエッチング

たいたい上記のようなものを時系列で展示してあり、彼女の誕生から処刑までを描いていました。

DSC_1849

こちらは子だくさんのマリア・テレジアが好んで描かせた家族の肖像画のうちの一枚で、マリー・アントワネットは揺り籠の中にいます。
これだけの生殖能力・・・本当にマリー・アントワネットの母君は恵まれていましたね。そして賢明さと政治的才能と夫への一途な愛情(恋愛結婚です)。家柄(ハプスブルグ家)・財力は言わずもがな。
美貌はそこそこながら、全てを持ち合わせたようなスーパー・ウーマンです。

その11女であるマリー・アントワネットは、かねてよりオーストリアの政敵であったフランスと友好関係を築くために政略結婚をさせられます。

母君の心配や忠告をよそに、フランス王妃となってからというもの贅沢三昧の日々。
母君の案じた通り・・・、いえそれよりもずっと悲惨な運命を辿りますが、その贅沢好きな王妃の眼鏡にかなうような一流の品物を、一流の職人たちが競って作り上げたので、今でも芸術家たちのインスピレーションを掻き立ててやまない家具や陶磁器やファブリックなどの珠玉の芸術品の数々が残されています。


ごめんなさい!

芸術品のご紹介は③に続きます・・・

ごきげんよう♪


メゾン・ヴィヴィエンヌ店主



↓ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、お得な情報をいち早くお届けする
メールマガジンのご登録は コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも新商品やアンティーク小咄など発信しております。
是非ご覧ください♪










このページのトップヘ