フランスアンティーク&ブロカント雑貨 | メゾン・ヴィヴィエンヌのフランスアンティーク物語

カテゴリ: フランス関連の映画

こんにちは。


フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ     びびあんです。




お天気がすぐれず寒いのは関東だけみたいですが、皆さまよい週末をお過ごしになられたでしょうか。



この週末ではないのですが、私、「CHEF  三ツ星フードトラック始めました」を観てきました!





ネタバレになってしまうと申し訳ないのであまり長くは語りませんが(フランス映画ではないし)


とにかくハートフルで素敵な映画でした。

(誘ってくれたのはお友達んだったのですが、言いだしっぺのわりに「イマイチだった」そうなのですが)


私の元夫がフランスフランス料理の料理人でしたので、フランス料理界のことをちょこっとかじったこともあったので、なかなか楽しめたのかもしれません。(「フランス料理の作り方」をかじったわけではありません 笑)



***************************************************************

ストーリー


三ツ星レストランの雇われシェフ注:シェフという言葉は、日本では「料理人」と同義で使われていますが、フランスでは「料理長」のみに使われます。)

カールは、レストランの格付に強い影響力を持つ有名評論家の目をとても意識してメニュー作りに当たっています。



あるとき、その評論家が来店する日に斬新なメニューを出してもてなそうと思ったところ、オーナー(ダスティン・ホフマン!)に「いつものメニューでやれむかっ」と言われてしまいます。


要するに、採算を重視して「いつものお客様の喜んでくださる、クラシックなフレンチを望むオーナーと、いつも新しいもの=ヌーベルキュイジーヌに挑戦したい「芸術家」を自認するシェフの戦いなのですが、悲しいかな「雇われサラリーマン」であるシェフはオーナーの意向に屈するか、歯向かってクビになるか、しかありません。


結局辞職して、自身の料理の原点であるマイアミに行って、良好な関係を築いている元妻とその元夫の助けもあって屋台トラックを手に入れ、キューバサンドウィッチの移動屋台販売を始めます。


2番手の弟子だったマーティンがレストランを辞めて手伝ってくれることになり、元妻が引き取って育てている10歳の息子も学校の休暇を利用して行動を共にします。

息子はサンドイッチ作りを学んだり、ツイッターを用いた「広報部長」として貢献したりしながら、マイアミからニューオーリンズを経てロスまで戻る旅をして、それまでたまに面会するだけだった父と子の絆を深めていきます。



****************************************************************


ざっとこんなお話なのですが、元夫はこのシェフとは逆で、クラシックフレンチしかやりたくない人でした。

でも、今の時代、それではだめなんですよね。

現代の日本のオーナーであれば、基礎はもちろんきちんとしていながら、新しい風を吹き込んでくれるシェフを望む人が多いのではないでしょうか。



でもアメリカの一部ではクラシック一辺倒が通用するのでしょうか?アメリカは行ったこともないのでよくわかりませんが・・・


オーナーお気に入りのスタンダードコースの内容を聞いていても、



ゆで卵のキャビアのせ


帆立のポワレ


牛のステーキ


フォンダンショコラ



と、食通ならばとうに食べ飽きたような内容・・・



いえ、そういうお料理も大切です、一番大切なのは基礎ですから。

でもリピートする方や評論家にお出しするには、凡庸なんですよね。



そういうメニュもしっかり作れるけれど新しい料理に挑戦していこうとするカール、立派だと思いました。


(この映画で感動すべきところは、「人との絆」だと思いますが、「フランス」というブログの趣旨から外れるので省きますねあせる




ああ、美味しいフレンチ食べたい!


と思っていたら、今週金曜にホワイトデーだからということで、夫がトスカーナ料理のお店に連れていってくれることになりましたニコニコ


イタリア料理はなんといってもパスタ。パスタがあるから、フレンチと同じくらい食べるのが楽しみなお料理です。夫はイタリアに行く前はイタリア料理店行っても「パスタなんか家で作れるから」と言ってオーダーさせてくれなかったのですが、イタリアに行ったらその美味しさにびっくりしていました。


長くなってきたので、このへんで失礼致します・・・



では皆様 今週も素敵な一週間になりますように。


ごきげんよう♪


フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ     びびあんでした。  

       




日本ブログ村アンティーク 日本ブログ村アンティーク フランスアンティーク アンティークサーチ


facebookボタン


ピンタレスト画像

こんにちは♪


梅雨入り二日目の今日は、けっこう強い雨が降っている東京です。


金沢に出張中飛行機のお友達から聞いたのですが、


金沢では晴れ晴れているのだとか?!目




もとい。



おとといの晩「大統領の料理人」というDVDCDを 借りてきましたチョキ


主人公は、ミッテラン大統領の専属料理人を 2年間務めた実在の女性。


セップ茸キノコやトリュフの採れるペリゴール地方で


外国人向けフランス料理学校を営む彼女に


この重責の白羽の矢が立ち(ジョエル・ロビュションの推薦なのだとか目


エリゼ宮宝石赤から使いの者が迎えにきます車地下鉄車




着きました!


外からしか見たことのない(みなさん大抵そうですよね?)、エリゼ宮のエントランス。


目的はこれです、エリゼ宮の中が見たかったんです~ドキドキ





メイン厨房(Grande Cuisine)は、男性のみ24人から成る、厳しい世界。


さっそく、やっかみからくる 意地悪に遭います汗


まあ、彼女も、謙虚さが足りないのでは と思ってしまいますが・・・


それは私が日本人だからでしょうか。


そのへんは置いておいて、お料理とお皿を楽しみましょうかアップ




☆セップ茸(イタリアではポルチーニキノコ ですね)のスクランブルエッグ




☆アトランティックサーモンと人参のシューファルシ ブレゼ(蒸し煮)


きゃ~次々美味しそうなものが恋の矢




☆デザートは、サントノレ♪ エリゼ宮はサントノレ通り55番地 なのにちなんで。


よだれ出てきませんか?




この、子羊ヒツジのタイムとオレガノ焼きの、プレート。


金彩のセーヴルかしら・・・溜息。溜息。




こちらの、鶏の丸焼きヒヨコの載ったプレート・・・


クリストフルの、純銀プレートではないかしら!!!


エリゼ宮ですものニコニコ




この魚介のスープにはそんなにそそられなかったのですが・・・


お皿が美しすぎますラブラブ!


きっとこれもセーヴルですね。あわ~いグリーンがとっても綺麗・・・



これは・・・何だったかしら、フォワグラと鴨のパイ包み焼?


このお皿がまたゴ=ジャス。


ターコイズブルーXネイビーというオリエンタルな色使い。


金のアカンサス模様とエンボス模様・・・


これはもう 一般庶民にはとても手が届きませんあせる




☆デザートは ポワール ベル エレーヌ。洋梨の赤ワイン煮♪


サントノレといい、とてもクラシックなデザートですね。


こういう家庭で普通に作られていた、昔ながらのメニューが


ミッテラン大統領の好みだったそうです。




さて インテリアは・・・



こちらは、「祝祭の間」



こちらは、大統領の執務室(の入り口)


この、色も装飾も美しい扉!!!



ヴェルサイユ宮殿みたい。


マリーアントワネットの、こういう水色を基調とした 


 ロココの間  があったような。





こんな素敵なお部屋で・・・


大統領の低コレステロールメニューについて 話し合っていますにひひ




ちなみに、大統領のその日のランチは 


11時に人数が確定し


12時にはアイロンをかけたテーブルクロスを敷いて


花を飾り 銀食器のセッティングをし


13時15分~開宴 だそうです。





結局 彼女は ミッテラン大統領には


「デュバリー夫人」(ルイ15世の愛妾) と周りに揶揄されるほど重用されるのですが、


エリゼ宮のしきたりにはそぐわず、辞表を出してしまいます。



進退で悩んでいるとき、慰めに来たミッテラン大統領にお出ししたのが




☆ トリュフトーストビックリマーク


トーストしたパン・ド・カンパーニュに


トリュフの粒を混ぜいれたバターを塗り


その上に、これでもか!とウロコのようにスライスした黒トリュフを載せます。


はー、食べたい・・・



そして大統領は「逆境こそ、チャンス。逆境こそ、頑張れる。人生の、とうがらしみたいなものだよ」


とアドバイスして帰っていきます。




この大統領役の方、とっても貫禄と品格がある初老の俳優さんなのに


見たことないなあと思ったら・・・




(「大統領の料理人」公式サイトから引用)


ジャン・ドルメッソン(大統領)写真

ジャン・ドルメッソン(大統領)

1925年6月16日、フランス・パリ生まれ。
フランスで最も権威のある文学賞のひとつであるアカデミー・フランセーズ賞を受賞している小説家であり、フランス語専門学校の学長、哲学者、またコラムニストでもある。 本作には自らオーディションを受けて合格し、これが映画初出演となる。



肩書きもすごいけれど、御年80後半で俳優デビューとは。


女性シェフ役のカトリーヌ・フロのフランス語も


とってもわかりやすくて綺麗だと思いますが、


この方のフランス語は とてもゆっくり文節を区切って発音されるので


初心者の方のよいお手本になるかと思います。


シェフ同士の罵倒の場面以外は、


エリゼ宮の職員の話される言葉ということで


とても上品な言い回しが多くて 参考になりました。


(使う機会はほとんどないと思いますが汗




フランス好き 器好き 料理好き おハイソな世界好き の方は


とても楽しめると思います!



ではでは


東京の方は雨が強くなっているのでお外に出る方は気をつけて。


晴れている場所の方は初夏の心地よい夕暮れを楽しんでくださいね♪








アンティークに関係ないお話なのに お読みいただきありがとうございました♪



ごきげんよう。



フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ     びびあんでした。  

       




日本ブログ村アンティーク 日本ブログ村アンティーク フランスアンティーク アンティークサーチ
facebookボタン

ピンタレスト画像







若いころは、シリアスだったりシニカルだったり トラジェディックだったりする


「ハッピーエンドでは終わらない」のが


人生の真理をついているような気がして


そういうたぐいのフランス映画が大好きだったのですが


年 なのか(笑 そうにちがいない) 映画に限らず 


ハッピーな気持ちになれるもの に好みがシフトしました。



先週ちょっと凹む出来事があったときに


TSUTAYAに行ったら目についたのが 


「ミスター・ビーン カンヌで大迷惑」アップ


こりゃあ 明るい気分になれるだけじゃなくて 南仏の景色を楽しめちゃうわドキドキ 


と 一目ぼれ?して 借りてきました。


思ったより、カンヌの街そのものの登場は後の方でしたが


ロンドンからの列車が着く北駅 


そこから間違って?タクシーに降ろされちゃったラ・デファンス


そこから徒歩でリヨン駅に行く途中のパリの何気ない日常風景


リヨン駅のル・トラン・ブルーでのフリュイ・ド・メールの食事(生牡蠣食べたい・・・)

https://www.youtube.com/watch?v=nFft9ArRse4&feature=player_embedded


どの街かわからないけど フランスのどこにでもあるような市場の様子


ヒッチハイクに立つひなびた田舎の道路


車上から見えてくるカンヌの海


などなど


フランスの風景が存分に楽しめるロードムービー仕立てのコメディでした。


肝心のミスタービーンはほとんど喋らず、


まわりの人々が話すのは、フランスが舞台でフランス人俳優を多用しているから、フランス語がほとんどだし


フランス映画でも観たような気分になれたお得な一本☆でした。



そうは言っても いかにもフランス映画DASH! なのも好きなので


なにかオススメがあったら教えてください♪


古いものはわりと観たかもしれないけれど、ここ5年くらいのはあんまり知らないので・・・




アンティークと関係ないのに最後までお読みいただきありがとうございます☆








フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ  店主 びびあん でした。


 ⇐お店はこちらです☆





このページのトップヘ