フランスアンティーク&ブロカント雑貨 | メゾン・ヴィヴィエンヌのフランスアンティーク物語

カテゴリ: ブロカント雑貨


お会いする予定が元々あった 

”小さいサイズの服専門店”リトルミィ さんに

是非作ってください!とお願いしていた

エレガントなクリスマスリース。



この週末の中目黒散歩の際に

お渡しいただきました♪


DSC_1842b

 

お洋服のお仕事を始める前は

長らくお花のお仕事をなさっていらしたので

確かなセンスと腕前です♪


赤は好きな色ではありますが、

赤の入っていないサラ・グレースさんの世界のような

シャビーシックな感じのリースが欲しいな~と思っていたので

たまたまリトルミィさんの記事でこのリースをお見かけした際に

売るための記事ではなかったのにずうずうしく

「作ってください!」とお願いしてしまいました^^;


その記事→ http://ameblo.jp/littlemy-shop/entry-12218259674.html



DSC_1843

記事のリースにはない、蓮が入っていて更に嬉しいです。


私の大好きな「丁寧な 手仕事」感たっぷり。
シャビーシックなフランスアンティーク好きには
たまらない色合いですよね。


お部屋ではなく、玄関のドアに掛けているので

盗まれたらどうしようと冷や冷やです。

マンションの内廊下の、一番奥なので、

滅多に人の行き来がないので大丈夫と思いますが

あまりに素敵なので心配です^^;


お部屋の中に飾って

クリスマスカードをまわりにディスプレイしようかな?

雑貨屋さんや蚤の市で見かけるように、

紐とピンチを使ってぶら下げるような感じで。

持ちマンションですが、壁に穴をあけたくはないので・・・


DSC_1844

 


メゾン・ヴィヴィエンヌのショップにて
JOYEUX NOEL と書かれた

クリスマス用のアンティーク・ポストカード のご用意があります。

是非これからのインテリアにお役立てください。


JOYEUX NOEL →http://www.maisonvivienne.com/SHOP/229285/229541/list.html


宿り木 → http://www.maisonvivienne.com/SHOP/229285/229537/list.html




今朝、関東以北太平洋側の方は、

地震で目が覚めた方が多かったのでは。

あのことが頭をよぎり、ひやっとしましたよね。

テロもですが、こちらも恐怖なのでした・・・

心穏やかな日々を皆さまが送れますように。


メゾン・ヴィヴィエンヌ店主





↓ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、
お得な情報をいち早くお届けする
メールマガジンのご登録は コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも新商品やアンティーク小咄など発信しております。
是非ご覧ください♪













こんばんは、フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ 店主びびあんです。



今日は爽やかな一日となりましたね。

ささやかなベランダガーデンの赤ばらの誘引などしてみましたよ。

(2代ともコガネムシの幼虫に根っこを食べられ、いまは3代目のピエール・ド・ロンサール



あと。


そろそろ買付に行かないと、ストックが心もとなくなってきてしまい・・

まだUPしていない商品をちょこちょこ整理しながら

次はどんなものを買おうかな?と考えたりしています。


UPしていない商品は、なんだか自分のために取っておきたいような・・・

愛着のある素敵な商品が残っていたりしますキラキラ

あと、ファッションプレートやパリの街並みの銅板画、ポストカードがたくさんありますので順次アップしていきます。

アンティークのアイロンも、いくつもあります。


今日アップしたのはこちら。

フランスアンティーク 真鍮キャンディサーバー






ずっしりと重くて立派な真鍮のキャンディ・サーバー


いまでもレトロな感じのコンフィズリ(フルーツ・コンフィなど売っているところ)

などで見かけることがありますが

こういう重厚なお道具でお菓子をすくって量り売りしてもらうのって

とてもワクワクハートしませんか?


私は甘いものはあまりいただかないのですが

話題性とか見た目とか、そういうのに弱く・・・

ときどきスイーツ大好きな夫にお菓子を買って帰るのですが、

こんなサーバーでザックリすくって売ってもらえて、

かわいいラッピングをしてくれるお店が近くにあったら素敵だなあ・・・

という思いで買付て来ました。


10個くらいあれば良かったのですが、なかなかまとまった数量で同じものを見つけることって難しく・・・1つだけとなります。


たまには短く、このくらいで・・音符


みなさまごきげんよう月




フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ 

  びびあん  でした。

       


日本ブログ村アンティーク
日本ブログ村アンティーク
フランスアンティーク
アンティークサーチ


facebookボタン

ピンタレスト画像



                                          

          

こんばんは!




フランスアンティーク&ブロカント雑貨のメゾン・ヴィヴィエンヌ 店主びびあんです。




前回ご紹介させていただいた金山康喜 展でよくモチーフとして見かけた


アンティークのコーヒーミル をお店ページにアップしましたパソコン







フランスアンティーク プジョーコーヒーミル 初期モデルA




フランスアンティーク プジョー コーヒーミル 初期モデルB





PEUGEOT社は、皆さまご存じのフランスの車メーカー「プジョー」のことですね。


現在も高品質なペッパーミルソルトミルを作り続けていて、私も愛用していますが


古くはプジョー家は農家で、公職の要人たちも輩出したものの、製粉業を営んだりしていたそうです。



その後(プジョー家とプジョー社の歴史はとても長いですので割愛します)製鋼に携わり、


様々な製品(刃物、スプリング、クリノリン、傘のフレーム、コーヒーミルなど)を送り出し、


自転車や自動車の生産にも乗り出し、現在のプジョー社へと成長してきました。





昔も現在もロゴマークはライオンしし座ですが、これは「切れ味のよい刃物」を象徴するのだとか。


なるほど~目





珈琲17世紀にフランスにもたらされましたが、最初は珈琲専用のミルがなかったそうです。


プジョー社コーヒーミルを製造し始めたのが1840年


1889年には35万台ものコーヒーミルが製造されたとか。


フランスで、いかに珈琲が愛されたかということがわかりますね。(今でも紅茶より愛されていますけど)


そして1975年にはコーヒーミルの製造が終了となります。


既に挽いた便利な豆が市場に出回るようになり、


家庭で珈琲豆を挽かずに済むようになったからでしょうか。




そして現在では、今回ご紹介している最初期型のミルを原型とした


ノスタルジー」というモデルが復刻販売されています。


マシンでは味気ないから、是非に・・・というファンのリクエストに応えたものでしょうか。


実用するには良いのですが、


オブジェとして飾るにはあまりにピカピカ過ぎる感じなので、


時空を超えてやってきたオブジェとしてディスプレイに使うには、こちらのミルをお勧め致しますコーヒー


(実用出来ないこともないです)



100年の歴史の重み。存在感がまったく違うのです。



フランスアンティーク プジョーコーヒーミル 初期モデルA


フランスアンティーク プジョーコーヒーミル 初期モデルB



ちなみに私は朝だけ珈琲を欠かさず飲みますが(それ以降は眠れなくなるので飲みません)


起き抜けはボケーっとぐぅぐぅしているのでとても豆など挽いていられません。


すでに挽いたものを購入しています。




フランスに居た時は、学生寮で多くの人が使っていた


このタイプのエスプレッソメーカーを愛用し






10年前くらいにモニターでネスプレッソマシンをいただいてからはそればかりになり


その後フランス人交際相手の影響でハリオのこのタイプのものを愛用し





現在は、しばらく前から夫がペーパードリップがいいと言い出したのでそうしています。


皆さまはどの淹れ方が一番お好きでしょうか?



本日もご訪問くださいましてありがとうございました!


まだまだ暑さは続きます、どうか皆さまバテてしまいませんように・・・




ごきげんよう♪


フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ     びびあんでした。  







          

アンティークサーチ

日本ブログ村アンティーク

日本ブログ村アンティーク
フランスアンティーク


facebookボタン


ピンタレスト画像


 





このページのトップヘ