フランスアンティーク&ブロカント雑貨 | メゾン・ヴィヴィエンヌのフランスアンティーク物語

カテゴリ: アンティーク・シルバー

このところコース料理をいただく機会に
多々恵まれました。

中華だったりしたこともあるのですが、
一応こういうブログなのでフレンチの話だけ・・・

食べ物を撮る人って理解出来ない。
冷めちゃう。早く食べたら。
という方たちがいらっしゃるのは知っていますが
フランス料理の仕事に少し関わった身としては
一皿一皿が芸術だから、収めておきたい。
のですよね^^;

一緒にお食事するお相手によっては
写せないこともあるのですが(目上の方とか)
これからはもっと欲望に素直になって
写させてもらいたいなと思います^^


鎌倉 一の鳥居近くのLa Vie (ラ・ヴィ)
OPENして1年半ほどだそう。
シンプルモダンで上品なインテリアと
広島のご実家、三島の契約農家からの
新鮮なお野菜を使った
水彩画のようにきれいなお料理でした。

DSC_1454

少し前なので詳細を忘れてしまいましたが
うど のポタージュ。
我が家も夫が山で天然うどを沢山採ってきて
先週はうど料理尽くしでした・・・

DSC_1455

真ん中は「えい」だったと思います。
えい ってフレンチではよくある食材なのですが
日本でお目にかかることがあまりない気がします。
上品であっさりした白身といった感じです。

DSC_1456

豚のローストとよもぎのリゾット
フレンチだとパンしか
炭水化物がないことが多いですが
ちょっとパスタやリゾットがあると
嬉しくなってしまう日本人な私です。

DSC_1458

この日は夏みかん押しでした。
ん?甘夏?あれ、どう違うのでしたっけ・・・
乾杯のスパークリングも
甘夏を絞ってあるカクテルでした。

こういうお料理を、晴れた日の昼下がり
スパークリングワインといただくのが
至福のときです。
年齢層は比較的高めでした。
私も高めですが^^;


DSC_1462

少し歩くと、材木座テラス。
新しいスポットです。

DSC_1460

海の見える生活、いつかしたいです。


DSC_1475


こちらは表参道のRes Arcana(レス・アルカーナ)
ちょっと遠慮して、デザートしか
写真撮れませんでした><
ココナツミルク味のムースに
薄いビスキュイを載せて
ローストアーモンドを散らしてあって
マンゴーのソースを点々と。
あまりデザートはいただかないのですが
また戴きたい美味しさでした。

静かで、大勢の女子会よりも
少人数の大人の会合にぴったりのお店です。

DSC_1488

丸ビル35階のAUX AMIS TOKYO(オザミトーキョー)

見ての通りのスモークサーモンの前菜

DSC_1489

グリーンピースと蟹のスープ
中には何か(バジルだったでしょうか)の
シャーベットが入っていました。

DSC_1491

鴨のロースト ブルーベリーのソース
レスアルカーナでも鴨にしましたが
こちらのはボリュームがすごかったです。
ちょっと、切れにくかったのですが
それは鴨のせいではなくナイフのせい?
クリストフルのナイフは
とーっても切れやすいんですよ。
ギザギザがついていないのに
スーーーーっと切れます。
ナイフは贈り物に適さないため
アンティーク市場に出回る量が
スプーンやフォークに比べて
圧倒的に少ないので
綺麗なものを見かけたら
是非購入なさってください。

この日いただいたのは高いコースではなかったですが
高いコースだとカトラリーやお皿も違うのかしら?
割と普通のものでした・・・

DSC_1492

お皿は割れるけれど、
シルバーのカトラリーは孫の代まで使えますので
是非投資なさっていただきたいです。

テーブルフォーク・テーブルスプーン・お肉ナイフ 

の3つがあれば取りあえずOKです。
お皿に凝って、カトラリーがそのへんのステンレス。というよりも
お皿はIKEAでいいからカトラリーはクリストフル。のほうが
毎日のお食事が(毎日洋モノいただかないですけど)
とても豊かなものになると思います^^



メゾン・ヴィヴィエンヌ店主







↓ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、お得な情報をいち早くお届けする
メールマガジンのご登録は コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも新商品やアンティーク小咄など発信しております。
是非ご覧ください♪











とってもレアな、タルティーヌ用バターナイフ。

なかなかこれについての資料がないのですが、それだけレアなのだと思います。

買付って、ご縁のあるときは本当にそればかりご縁があるのですが、前回の買付では3か所でこのT字型のタルティーヌ用バターナイフとご縁がありまして、こうして皆さまにご紹介出来ております。


86-DSC_0928

潮干狩りをしている男の子の柄。
なぜに潮干狩りなのでしょう・・・

88-DSC_0930


71-DSC_0913

ニワトリとひよこの柄。トリさん関係は根強いコレクターがいらっしゃいます。

上記2点の商品ページ→ http://www.maisonvivienne.com/SHOP/D1026.html


D60

なんとクリストフルもこの形のバターナイフを出しています!

私は初めてお目にかかりました。

http://www.maisonvivienne.com/SHOP/D1023.html


52-DSC_0894


こちらは、どこのブランドというわけではないのですが優雅な曲線が気に入って店主の物になりました^^;
90 の刻印があるので925より少し純度の低い純銀です。


63-DSC_0905

アールヌーボー的曲線が素敵なこちらはHPにアップしています。


http://www.maisonvivienne.com/SHOP/D1025.html


今後なかなか見つけられないであろうT字型のバターナイフ。
是非この機会にご覧くださいませ。







↓ ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。



透過ロゴ


こんばんは!

フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ 店主びびあんです。



告知が遅れましたが、11月4日からフランス買付に行って参ります。

お店は15日までお休みとさせていただきます。

その間、発送作業が出来ません・・・

もしかしたらメールも滞ってしまうかもしれません。

申し訳ございません。

ご注文は24時間可能ですので、どうぞお買い物を楽しんでくださいませ。



さて


買付前に整理をしていましたら、とてもレアで可愛いお品なので商品にしていなかったものがありました・・・。




34500418.jpg


e1e0c777.jpg

フランスアンティーク マーガレットモチーフのファーストミネルヴァ付スターリングシルバー製ティーストレーナー


ティーの本場イギリスではこの形のストレーナーはない・・・と聞くのですが本当でしょうか。

(ごめんなさい、イギリスに行ったことがありません・・・イギリスアンティークはわかりません)


そしてフランスでもこのティーポットの注ぎ口に挿すタイプのストレーナーはレアなのだとか。とある本に「見つけたら即買うこと!」と書いてあったのを、これを買付てから読みまして、「取っておかなきゃ」としまい込んでおりました。


でもせっかく長い間受け継がれてきたアンティークですから、素敵にディスプレイしてくださったり、ティーセレモニーでおつかいくださるお客様の元にお嫁入りしてくれたらと思います。


裏に、ファーストミネルヴァの刻印もあります。


ただ、メーカーズ・マークが摩耗しており、アルファベットが読み取れません。クリストフルではないです(クリストフルはシルバーのメーカーとしては後発で、クリストフル・シルバーと呼ばれるめっきの発明で一躍有名になったということです)。



是非、大切な方をお招きしてのアフタヌーン・ティーや親しい家族の皆さまでのティータイムにお使いください。



それでは皆様ごきげんようcup*



フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ 

  びびあん  でした。

       


日本ブログ村アンティーク
日本ブログ村アンティーク
アンティークサーチ


facebookボタン

ピンタレスト画像



                                          

          

このページのトップヘ