フランスアンティーク&ブロカント雑貨 | メゾン・ヴィヴィエンヌのフランスアンティーク物語

カテゴリ: フランス関連のはなし

表題のニュースを知りました。


http://www.lefigaro.fr/societes/2017/06/02/20005-20170602ARTFIG00068-la-cristallerie-baccarat-rachetee-par-des-milliardaires-chinois.php

中国企業に買収されるということ・・・
皆さまはどのようなイメージを
持たれるでしょうか。
私もおそらく多くの方が
お持ちになるであろう印象を持ちましたが
一応この記事の中では

「250年の伝統と培ってきた技術、
そして特に「メイド・イン・フランス」
というアイデンティティに敬意を表し
製造ラインや従業員を維持したまま
アジア・中近東への進出に力を入れ
ますますの発展に貢献したい」

との思いで買収したようですので
その言葉を信じたいと思います。

ともあれ、現代のバカラ製品も
アンティーク・バカラとは既に
比べ物にならない・・・のです・・・が・・・

DSC_0170resized

今の住まいは持ちマンションですが
手狭になってきたので
もっと大きな飾り食器棚を置ける
お家を買ってもらえたら
コレクションを並べて収納して
眺めて暮らしたいな・・・と
夢見ております。
(地震対策どうしましょう??)

アンティーク・バカラはこちら です☆





メゾン・ヴィヴィエンヌ店主







↓ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、お得な情報をいち早くお届けする
メールマガジンのご登録は コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも新商品やアンティーク小咄など発信しております。
是非ご覧ください♪











GW中は夫に合わせて5月1日、2日もお休みにしてしまっていたため
返信が遅れてしまったお客様には大変失礼致しました。

30日~2日まで信州旅行に出かけましたが、
それ以外は都内におりましたので、すぐに発送させていただきました。

お店をやっていますと、不思議なもので
お客様それぞれにはまったく繋がりはないはずなのに
その時期ごとのお客様に似たような購買傾向があるのです。
このGWはやや高額商品、しかも同じくらいのお値段のお品たちが
まったく別々のお客様のところに旅立って行きました。

さて、懸案のフランス大統領選挙ですが、
最年少大統領が誕生しましたね!
自分より年下ですと「大丈夫なの?」とついつい思ってしまいますが、
年齢と人間の成熟度は(自分や周りを見ていても)あまり関係がありませんよね。
若くて新しい大統領におおいに期待したいと思います。
周りと強調しながら、EUの頼もしいリーダーとなりますように。

そしてFNに政権を持たせなかったフランス国民に、改めて乾杯です♪


GWは、前述の通り長野県の畑でこの夏食べる野菜の苗や種を植え
温泉やちょうど満開の菜の花や桜を堪能してきましたが
5日に行った横浜イングリッシュガーデンも見ごろで素晴らしかったです!
初めて行きましたが、もうすぐやってくる薔薇のシーズンにも是非訪れたいです^^

DSC_1203
DSC_1205
DSC_1206
DSC_1208
DSC_1209
DSC_1211
DSC_1213
DSC_1218
DSC_1220
DSC_1221
DSC_1222
DSC_1225
DSC_1227
DSC_1229
DSC_1233
DSC_1238
DSC_1241
DSC_1244

ショップがかなり充実していまして、
おたまホルダーが前から欲しかったのですが
ようやく可愛いものに出会えました♪


メゾン・ヴィヴィエンヌ店主






↓ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、お得な情報をいち早くお届けする
メールマガジンのご登録は コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも新商品やアンティーク小咄など発信しております。
是非ご覧ください♪











先日はついつい取り乱してしまって・・・失礼致しました。


朝起きたら、マクロン氏とルペン氏に決まっていて、

ほっとしたような

でもそんなにルペン氏に入れた人が居たのかと思うと溜息が出ました。


留学した頃は父ルペンの時代でしたが、

「イロモノ」扱いだったと思います。

その後、帰国してから東京で出会って交際したフランス人が

FN(フロン・ナショナル)心酔者と知った時には嫌悪感でいっぱいでした。

大勢での食事会の時にも、日仏どちらの人からも


「あなたの彼、FN推しだと言っているけど、いいの??」


と聞かれ、


「そこは、嫌い」


と答えていましたが、やはり


「アラブ人が大嫌い、くたばれ。」


といった発言が日常会話に出てくると

とても「そこだけ嫌い」では対応しかね、結局お別れしました。



父ルペンは、昨今の移民問題からの「フランス人最優先」という風潮とは違って

根っからの「人種差別主義者」です。

ユダヤ人問題を「第二次世界大戦の中においては些細なこと」

と片付けてしまうような人間です。

娘は別人格とはいえ、そのような人物に育てられた人物ですし

父より多少ソフトな物言いをしているとはいえ、

思想の流れはくんでいると言えるでしょう。



さて、決選投票にそのようなルペンを進ませるだなんて、

いったいどこの、誰が投票したの?

と思い、少しだけ地域別に調べてみました。


全地域を調べたわけではないですが、

南に行くほどルペン票が多いという印象を持ちました。


私はフランスの地中海沿岸地域が大好きで、

いつか行き来する生活がしたいと思っているのですが

その辺りがまさに「ルペン1位」なのでした。


それは、マントン、グラース、そして結婚するかもしれなかった恋人の

住んでいるコルシカ島の、アジャクシオ、バスティア、フィガリ。

(コルシカで一番馴染み深い街、ボニファシオやポルト・ヴェッキオは

ルペン1位ではなくてほっとしました。)


移民が多く治安が良くないと言われるマルセイユは

(実は憧れつつもまだ行ったことがないのです)

大きな街なので何区にもわかれていますが、

例えば1区はメランション マクロン フィヨン。

4区はメランション ルペン マクロン。

12区はルペン フィヨン マクロン。

地域によってまるで違いますが、

メランション氏が比較的強かったようです。


何度も滞在している大好きな街ニースはフィヨン ルペン マクロン。

ノルマンディ地方の優雅なリゾート地ドーヴィルはフィヨン マクロン ルペン。


パリは1区から20区までありますが、

まずは1区 マクロン フィヨン メランション アモン ルペン(ルペン低し!)

日本人のよく訪れるサンジェルマン辺りの6区 フィヨン マクロン メランション アモン ルペン。

スノビッシュな16区 フィヨン(なんと58%)マクロン(26%)メランション(5%)ルペン(4%)


自分の興味のあるところばかりを調べたらこのような結果になったのですが

知りたい地区がこの中にない!と言う方は

下記のレクスプレス誌のリンクに都市名か郵便番号を入れて調べてみてくださいね。


http://www.lexpress.fr/actualite/politique/elections/presidentielle-2017/resultats-elections/ville-paris-15e-arrondissement-75015_75115.html


マクロン氏・・・ル・コルドン・ブルー時代の、

ブルターニュ出身の上司に似ています。

この上司も母親くらいの年齢の女性と結婚していました^^;

(のちに奥様を捨てて若い女性と結婚しましたが)


皆さまがフランス人だったら誰に投票していましたか?



ごきげんよう♪




メゾン・ヴィヴィエンヌ店主





↓ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、お得な情報をいち早くお届けする
メールマガジンのご登録は コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも新商品やアンティーク小咄など発信しております。
是非ご覧ください♪











このページのトップヘ