フランスアンティーク&ブロカント雑貨 | メゾン・ヴィヴィエンヌのフランスアンティーク物語

フランスアンティーク&ブロカント雑貨ショップ メゾン・ヴィヴィエンヌの店主ブログ

カテゴリ: アンティーク・ガラス(クリスタル)

*今日からSALEのため二度目の告知です!既にお読みくださった方にはしつこくてごめんなさい><




フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ 店主びびあんです。




アンティーク・バカラなどの


■■■クリスタル製品SALE実施中です■■■




10月21日(水)9時~25日(日)22時 です。




お値引き出来ないレアもの商品も少しありますが、


ほぼ10~20%OFFにてアンティーク・バカラがお求めいただける貴重な機会です。


アンティークバカラ ”ミケランジェロ”シリーズ、ローハン、カステラーヌ、その他フラコン(香水瓶)なども。




送料は15000円(税抜)以上で無料です。




SOLDEページはこちらです



             →アンティークガラス・クリスタル









a2c4f303.jpg





1e539d7f.jpg



是非ご来店くださいませカクテルグラスワインキラキラ




SOLDEページはこちらです



             

 →アンティークガラス・クリスタル








フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ 

  びびあん  でした。

       


日本ブログ村アンティーク
日本ブログ村アンティーク


アンティークサーチ


facebookボタン

ピンタレスト画像

こんばんは!


フランスアンティーク&ブロカント雑貨のメゾン・ヴィヴィエンヌです。


昨日はお友達にフランス料理店ナイフとフォーク
でお誕生日祝いしていただいて来ました^^


が、なにしろ私、写真が下手でして、特に暗いところでは・・・、しかもお料理はササっと撮りたいのでスマホですので・・・、昨日の写真は大変調子がよろしくなくて・・・


せっかくのフレンチネタですので、明日、アップするかもしれませんが^^;



ところで、表題のアンティーク香水瓶バルブ(シュパシュパするところ=フランス語ではPoire ポワール、つまり梨)が機能していない件についてですが、専門の方にお聞きしたところ、二つとも交換可能でした!!!



金額は・・・




コチラ アップのお品は既にバルブ部はオリジナルのものではなさそうで、この形状なら現代でもあるようで、バルブのみの「交換」だけで済むらしく比較的お手頃ですが





コチラ アップ のお品は、中のバルブ天然ゴムのため経年劣化しているとのことです。

このバルブは、真鍮金具にネジの仕組みで留められていますが、そのネジの形状に合うように削ったりするので、部品だけの交換では済まず特注のオーダーメイドになってしまうとのことで、本体の7割くらいの金額が掛かってしまいます・・・あせる



「使用可」としてフランスのアンティーク市で売られているものは、本体が希少だからというだけではなく、バルブ交換してから販売しているため、更に高価なのではないか?と思いました・・・。



昔は天然ゴム素材を使用していたようですから、100年前後の時を経たら、まず劣化していてオリジナルのものは使えないのではないでしょうか・・・



どうせなら使用できる状態にしてからご紹介したいと思うのですが、ディスプレイにしか使わないからお手頃価格のほうがいい・・・とおっしゃるお客様もいらっしゃると思い、先に修理をするかどうか迷っています。



ちなみに、香水瓶はもともと、アルコールの含まれる香水を入れることを前提としていますから、アルコールやルームフレグランスやリセッシュなどを移し替えてエントランスに置いておくことも出来ます

(心地よい空間のためには欠かせないけれど、容器がイヤ・・・ということがよくありますよね。)


その場合には、何が入っているかわからなくならないように、裏にシールを貼っておくと良いですね。

フランスアンティーク オパリンガラス スプレー式香水瓶(バルブアトマイザ―) はこちら I

ピンクポンプのスプレー式香水瓶 はこちら I



*ちなみに、専門家様は、裏のMADE IN FRANCEの刻印を見ずとも、二つの写真を見ただけで「両方ともフランス製の香水瓶ですね」とおっしゃいました。バルブがどこ製かもおわかりだということです。

さすが、その道のプロというのはすごいですよねラブラブ

そろそろ桜の便りも聞こえてきた今日この頃ですが、寒さがぶり返しています。

みなさまどうぞお風邪など召されませんように。


ごきげんよう♪






フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ     びびあんでした。  



       

日本ブログ村アンティーク 日本ブログ村アンティーク フランスアンティーク アンティークサーチ


facebookボタン


ピンタレスト画像

こんばんは。

フランスアンティーク&ブロカント雑貨のメゾン・ヴィヴィエンヌです!

商品アップがなかなか進まないのに、なぜかわらわらと忙しくあっという間に日が暮れてしまう今日この頃ですあせる

バカラガルニチュール・ド・トワレット(香水瓶・おしろいケース・ブラシケース・リングホルダーなどのお化粧セット)をアップしたいなと思っていましたが、写真がいまひとつの写りだったこともあって、違うものを先に載せました。

19世紀後半~20世紀初頭頃に流行ったオパリンガラス(英語ではミルクガラス、古くは「オパール・ウェア))製のスプレー式香水瓶です。



オパリンガラスは、フランス語でOpaline(オパリーヌ)と呼ばれることが現在は多いのですが、元はCristal  d'Opale(オパールみたいなクリスタル)と呼ばれていたそうです。

そもそもが磁器のようなつるりとした白い肌を再現することを目的として発明された技法だそうで、クリスタル(やガラス)に混ぜる原料によって様々な色が表現されました。

19世紀前半にはオパリンガラスはまだまだ上流階級にしか手の届かない贅沢品だったそうですが、19世紀初めごろにアメリカで発明されたクリスタル(やガラス)のプレス成型技術がフランスでも出来るようになった19世紀後半ごろ、オパリンガラスは一般的に普及することとなり、大流行しました。

(中心となったのはフランス東部とパリ)



こちらの香水瓶は、手間暇と職人技の要るハンドカットではなく、手の届きやすい価格のプレス成型タイプです。

残念ながらポンプ(バルブ)部が老朽化しているので、シュっと振りかけることは叶わないのですが、フランスではバルブのみを交換することが可能とフランス人の友人から聞いたことを思い出し、交換することが出来ないか、ちょっと心当たりのところにお問い合わせ中です。



こちらもは、見かけはふっくらと綺麗なバルブなのですが、残念ながら空気もれしているようで、このままでは実用には向きません。

ディスプレイだけでも可愛いのですが、実際にお使いになりたいお客様もきっといらっしゃると思い、直せないか調査中です。

フランスアンティーク オパリンガラス スプレー式香水瓶 はこちら プレゼント

ピンクポンプのスプレー式香水瓶 はこちら プレゼント

本日もお立ち寄りくださいましてありがとうございました☆

いいね!くださったみなさま、本当にありがとうございます♪

折を見て少しずつ、訪問をさせていただいております。



では ごきげんよう♪





フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ     びびあんでした。  

       




日本ブログ村アンティーク 日本ブログ村アンティーク フランスアンティーク アンティークサーチ


facebookボタン



ピンタレスト画像



こんばんは!


フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ   


店主 びびあん です。



7月に買い付けてきて、ちらっとご紹介したまま


商品UP出来ないでいた「カステラーヌ」をUPしました。


アンティーク バカラ「カステラーヌ」カクテルグラス





ステム部分にもカットが施されているので、


キラキラしてとても綺麗です。


フット部分もカットされていて、まるで百合の花のようですね。








真上から見たところ。





カステラーヌ  というのは、アルプ・オート・プロヴァンス県にあり


ヴェルドン渓谷 への出発点

となる街ですが、


日本人にはまだまだ馴染みのないところかと思います。


(私も行ったことがありませんあせる




また、現在パリに於けるホテル格付の最高位にある


「PALACE]の分類に入る「ル・ブリストル」は


ジュール・ド・カステラーヌ伯爵という人の邸宅だったのですが


このグラスがどちらの「カステラーヌ」に由来するのか


定かではありません。



この優美でノーブルなグラスを見ていると


後者ではないかと思われますが、定かではありません。









同じアンティークバカラの「エタンプ」や



「エルブフ」に、フォルムやカットが少し似ています。




カクテルグラスとして、都心のホテルのラウンジなどで


出てきたら・・・ワイン



大変エレガントな淑女になった気分になりますよね口紅サンダル








もちろんワインやシャンパンを嗜むときにも使っていただけます。


個人的には、シャンパングラスとして使いたいですアップ




この種のステムの長いグラスは


大変エレガントでゴージャスな反面


とても破損しやすいです。


ですので、アンティーク界で残っている数も


多くはありません。


同じものを見つけてくる自信はほとんどありません・・


なかなかこの美しさの伝わる写真が撮れませんが、


アンティークバカラのファンの皆様


商品UPされているうちに、写真だけでも観ていらしてみてくださいねニコニコ




商品ページ→ アンティーク バカラ「カステラーヌ」カクテルグラス




本日も読んでいただきどうもありがとうございました♪


夫 風邪が長引いて、もう1週間目になります!


(早退してきました)


皆様もどうぞお気をつけてお過ごしくださいませ。

ごきげんよう♪

フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ     びびあんでした。  

       




日本ブログ村アンティーク 日本ブログ村アンティーク フランスアンティーク アンティークサーチ
facebookボタン

ピンタレスト画像

東京ではようやく今日スッキリとした晴天となりましたニコニコ


いったい何日ぶりでしょう・・・


日曜のちょっとした晴れ間は「晴天」という訳ではなかったので。



昨日は昨日で雨の中 お友達と楽しく一杯ビールお酒飲みましたけれど


やっぱりこういう晴れの日は気持ちも晴れ晴れとしますねアップ



さて いつもいつもショップHPを更新するたびにこちらに告知している訳でもないのですが


(無精ですね・・・)


今回は大人気のアンティーク・バカラ ミケランジェロ の白ワイングラス


が再入荷しましたので、UPさせていただきました。





下の写真ですと、一番手前のはミケランジェロ の シャンパングラス。


真ん中の列のワイングラスは ローハン のショートステム グラスです。





写真技術がこれら芸術作品に到底追いつかず、


なかなか良さを表現できないのがもどかしいです。


実践的なオブジェ撮影の写真講座があったら、是非出てみたいと思っています音譜




情報がありましたら、是非教えてください☆

フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ     びびあんでした。  

       




日本ブログ村アンティーク 日本ブログ村アンティーク フランスアンティーク アンティークサーチ
facebookボタン

ピンタレスト画像

愛してやまない、アンティークバカラ「ミケランジェロ」シリーズで

グラス以外の素敵なものを見つけました。

(正確にいえば、買付先マダムが奥から出していらして、「お好きでしょう」とオススメされました)





現行品ではもはや存在しない、アンティークでしか手に入らないバカラ社の幻のモデル

 「ミケランジェロ」。


グラスと同じフォルムのフラワーベースのみ現在でも製造されていますが、

その他のものはすべて廃番となっております。


グラスは、だんだん希少になっているとはいえ 

まだしばらくはマダムの元で見つけられるつもりでいますが、デカンタやフラコンは希少です。


グラス類には施されていないフルーツコンポートのエッチングが中央部に見られ、

優雅な中にもかわいらしさがあります。

買付先では、入荷するそばから売れてしまうお品です。





そんな「ミケランジェロ」のフラコンを今回、わりとお手頃なお値段で数点入手できました。

というのも、残念ながらリジナルのボトルキャップが散逸してしまっているからなのです。


しかしながら、フラコン(香水瓶)という本来の用途には、ボトルキャップを調達しないと使えないとはいえ、

そのように使用することは、量り売りで買うことのほぼない現在では、ほぼ皆無だと思います。


ですので、この状態で、花器として使うととても素敵ではないでしょうか。



アンティークバカラ  ミケランジェロ クリスタル製フラコン(中)


アンティークバカラ  ミケランジェロ クリスタル製フラコン(小)




ではみなさま ごきげんよう♪


フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ     びびあんでした。  

       




日本ブログ村アンティーク 日本ブログ村アンティーク フランスアンティーク アンティークサーチ
facebookボタン

ピンタレスト画像

台風一過の東京ですが、蒸し暑いですねあせる


先月のパリの晩秋のような寒さが嘘のようです。




さて もっともっとアンティークバカラに親しみたいと思っている私ですが


一種類だけ サン・ルイ のグラスを買付けたのでUPしました。



ワインサン・ルイのリキュールグラス「ジャージィ」





バカラ・・・と言われても信じてしまいそうな雰囲気ですよね。


日本ではとてもバカラの知名度と人気が高いのですが創業はサンルイのほうが古く、


また、1781年にフランスで初めて鉛を多く含む「クリスタル」ガラスの製法を発明したのは


サンルイの職人だということです。



こちらは、1960年代のリキュールグラス「ジャージィ」です。

フランスのクルーズ客船船「ジャージィ」Jerseyにちなんで名づけられたということです。


(フランス人は、「ジェルゼ!」と発音するんですね。買付先で、「??」と聞き返してしまいました )


客船で使用するには、このくらいステムが短く ボウル部も厚手である必要がありますね。

鉛の含有量が多く非常に透明感のあるこちらのグラスは、夜の室内の光でも綺麗に輝きキラキラます。


リキュールや冷酒の盃ワインとして、日常的に使ってこそ価値があると思います。





わたくし 度数の高いアルコール類はあまり強くないので、頻繁にはいただかないのですが


リモンチェッロや梅酒、冷たい日本酒は常備してありますので、


色々なグラスを使って、嗜む程度に時々いただいておりますよ音譜



良いお酒・良いグラス・良いお皿・良い銀器・・・


こだわりだすときりがないのですが、飲食は毎日のことですし


家を建てる・家具をそろえるのと違って


ずっと手の届きやすい、かつ一生ものの贅沢ではないでしょうかキラキラ



では皆様 ごきげんよう。



フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ     びびあんでした。  

       




日本ブログ村アンティーク 日本ブログ村アンティーク フランスアンティーク アンティークサーチ
facebookボタン

ピンタレスト画像

こんにちは。


我が家の周りは今頃大雨になってきましたよあせる


昨日・今日と、完全もやしでお仕事しております。



さて 本日は


ワインアンティークバカラの「ブルボン」 ワイングラス


ワイングラビュールの美しいシャンパンクープ 



をUPしました。



「ブルボン」のほうは・・・






バカラの現行人気モデル「アルクール」の原型とも言われる、「ブルボン」(1937-70)の、

小さなワイングラスです。


シャープにカットされたアルクールのようなカップ部と階段状のステム、

正六角形のフット部が特徴的です。


厚手でしっかりしている上にステムが短いので、普段遣いにも最適で、

数が揃うなら私はこれを日常用に半ダース買ってきたかったですが・・・

何しろ一期一会。残念ながら2脚のみなのです。


ワインだけでなく、リキュール類や冷酒をいただくのにも適していて、本当に使い勝手のよいグラスです。


ワインアンティークバカラの「ブルボン」 ワイングラス





シャンパンクープ のほうは・・・







バカラの「ポンパドゥール」のグラビュールの一部にも似た、

繊細な螺旋模様の大変美しい、エレガントな雰囲気のシャンパングラスです。

シャンパンやスパークリングワインを召し上がる時だけでなく、

フルーツコンポートなどのデザートや冷製ポタージュをサーブする時にお使いになるのも素敵ですよね。



刻印はなく、買付先ムッシュのところでは「バカラ または サンルイ」の棚に分類されていましたが

実のところはわかりません。

ひところのバカラとサンルイは、カタログに載っているものならともかく

プロでも見分けがつきにくいそうです。

中にはほとんど同じデザインではないかと思われるものもあるとか。

残念ながらこれも1ペア(2個)しか発見できませんでした。


 

ワイングラビュールの美しいシャンパンクープ 

書いているうちに、雨風はおさまりむこうのほうが明るくなってきました。

休暇を取られている方が多いでしょうから、このあとお盆は晴れるといいなと願っておりますアップ

では皆様 ごきげんよう。



フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ     びびあんでした。  

       




日本ブログ村アンティーク 日本ブログ村アンティーク フランスアンティーク アンティークサーチ
facebookボタン

ピンタレスト画像



ブルーのクリスタルを透明クリスタルに乗せ、ハンドカットした、切子と同じような製法のフラコン(香水瓶)です。


このような製品が作られたのは19世紀末~20世紀初頭で、バカラまたはサンルイのものかもしれません。


18~19世紀のセーヴルやリモージュ、クリスタルやガラス製品を扱う、目利きの店主の居るお店が買付先です。店主がはっきり年代を特定してくださいました。


近・現代のデキャンタやフラコンの蓋にはこのようなダイヤモンドカットのものはもう使われないそうで、

理由はたくさんのファセットをカットするのに手間暇かかるからだそうですよ。

蓋はよく迷子になるのですが、迷子の蓋だけ売られていたりもします。
ずっしりと重い、切子のようなカットのフラコン。


今は量り売りの香水は滅多にないので、蓋を取って花瓶にしたり

同じく蓋をとってバトン式のアロマディフューザーボトルとして使ったりするのはいかがでしょうか?







最後までお読みいただきありがとうございました。




フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ  店主 びびあん でした。


 ⇐お店はこちらです☆






ブログ村 参加してみました。

クリックいただければ幸いです。








アンティークバカラの中でも ひときわ繊細で美しい

「ミケランジェロ」シリーズ・・・商品ページにUP致しました。


本当は実際に手にとっていただくのが一番なのですが

オンラインショップという形態ですので写真をご覧いただくしかありません。

そしてお店を信用していただくしかありません。



こちらはすべて2脚ずつの入荷となっております。

なにしろもう製造されていないお品ものですので

フランス本国でもどんどん数が減っていっているのです。


白ワイングラスhttp://livedoor.blogimg.jp/maisonvivienne/imgs/d/5/d516322a.pngSHOP/A1032.html

赤ワイングラスhttp://livedoor.blogimg.jp/maisonvivienne/imgs/d/5/d516322a.pngSHOP/A1033.html

シャンパングラスhttp://livedoor.blogimg.jp/maisonvivienne/imgs/d/5/d516322a.pngSHOP/A1034.html



ミケランジェロ ではなく 「ローハンROHAN」のアンティークグラスもあります。

こちらは、1855年のパリ万博にて名誉大賞を受賞したデザインなのですが

いまだに製造され続けています。


しかしながら、なぜアンティークを買い付けてきたかと言いますと

技術の精巧さがまるで違うからなのです。



こちらの商品ページに、現代のものとの違いを説明してあります。


http://livedoor.blogimg.jp/maisonvivienne/imgs/d/5/d516322a.pngSHOP/A1031.html



まるで違う、と思われたと思います。








整列していると、なかなか壮観です。


よくぞ割れずに日本までやってきてくれました。





最後までお読みいただきありがとうございました。


皆様ごきげんよう。



フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ  店主 びびあん でした。


 ⇐お店はこちらです☆




ブログ村 参加してみました。

クリックいただければ幸いです。




このページのトップヘ