とても楽しみにしていた展覧会が明日から始まります!


o0800042013667099450


場所は東京・渋谷のBunkamuraザ・ミュージアム。

フランスのトワル・ド・ジュイ美術館の協力を得た、国内初の本格的なトワル・ド・ジュイ展だとか。


トワル・ド・ジュイとの出会いは、フランスから帰国した直後に働いていた会社でした。

当時の本来の職務はフランスの食品の輸入事務・営業事務でしたが、併設していたフレンチカントリーショップの店員が平日休みだったため、週に一度だけそのショップの店員も兼務していたのです。
そこで扱っていたトワル・ド・ジュイたちの素敵だったこと。
そこでは、好きな布を選んでチェアやカーテンをセミオーダーすることが出来ました。
(注:もうお店は存在しないようです)
私はいくつかの布地からテーブルクロスを作っただけでしたが、好きな柄の布で好きな形のチェアを作れるって素敵ですよね。

さて。このトワル・ド・ジュイは、王妃マリー・アントワネットにもとても愛されました。
彼女はヴェルサイユ宮殿の離宮プチ・トリアノンやアモー(田舎家)で田舎娘に扮して過ごすことが好きだったと言われていますが、そういうシーンで着やすいドレスを誂えるのにトワル・ド・ジュイはぴったりだったのでしょう。
彼女の着用していたトワル・ド・ジュイのドレスの断片も今回展示されているのだとか。


丁寧に作られた手仕事の作品が好きな方、エレガントなファッションの好きな方、マリー・アントワネットが好きな方、是非機会があったら観にいらしてください。

7月31日までと案外短いので、私も早めに訪れたいと思います。


展覧会概要リンク(とっても充実しています!是非読んでみてください)
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/16_toiledejouy/

メゾン・ヴィヴィエンヌ(フランスアンティーク&ブロカント雑貨のお店)