フランスアンティーク&ブロカント雑貨 のお店 メゾン・ヴィヴィエンヌ店主びびあんです。


さきほど、割と長めの記事を書いていましたら・・・消えてしまいました・・・


復活技も試してみましたが、だめでした。。。


なので、簡易バージョンになってしまいます。悪しからずご了承くださいませ。。。



さて、前回はBASTIAからコルシカに上陸したことを書きました。


コルシカってどこ?とお思いの皆様・・・




フランスやイタリアとは、このような位置関係になります。


真南に位置するサルデーニャ島はイタリアに属しています。



バスティアは、左足の親指の付け根 みたいな位置にあります。



空港は4つありまして


1、バスティア

2、カルヴィ

3、アジャクシオ

4、フィガリ(ポルドヴェッキオとボニファシオの間)


です。


私はカルヴィ以外の3つの空港を利用したことがありますが、


目的地によって使い分けるといいと思います。




この時の旅では、バスティアに着いて、カップ・コルス(親指部分)の付け根あたりを少々見て、


サンフローラン(イル・ルッスの東のほう)→イル・ルッス


→カルヴィ→アジャクシオ→ポルト湾→アジャクシオ→サルテーヌ→ボニファシオ


車で移動し、アジャクシオからの飛行機で帰りました。



ボニファシオから最寄りのフィガリ空港は車で15分くらいと近いのに、


なぜアジャクシオまでは車で2時間半もかかるのに(しかもカーブが多く大変)そうしたかというと、


多分アジャクシオ→パリ  と  パリ→東京の便の接続の都合だったかと思います。



さて、バスティアから、カップ・コルスを少し北上しますよ。




小さな可愛らしい港町、エルバルンガ。












あ 入江のカフェにコルシカビールの看板が・・・




ピエトラビール。もっともメジャーなコルシカビールです。





晴れた日の、海の見える港のテラスでビール。最高ですね。


ピエトラビールはこの先あちこちどこでも飲めるからと、


当時の彼(コルシカ在住フランス人)に言われて


ちょっと違うビールにしてみました。




素朴な街 というか、村。


建物の色が、南仏みたいですよね。




サーモンピンクやイエロー、ターコイズブルーの扉・・・


私の大好きな色合い。


太陽の降り注ぐ街にとてもよく似合います。





この日の宿は、サンフローラン(さきほどの地図の、親指の付け根の左側あたり。)


からほど近いla Dimora


とっても可愛らしいプチホテルです。


彼に任せっぱなしの旅だったので、お宿のすべてをきちんと記憶しているわけではないのですが、このお宿のことだけはわかっています。


後に、日本の雑誌のコルシカ特集で見かけて、「あそこだ!!」と思ったので。






お部屋のインテリアは、すべて違うみたい。


私は色の入らない白っぽいお部屋も好きですが


どちらかと言えばカラフル(でもクラシックな作り)なインテリアのほうに惹かれるので、


こちらのインテリア とても好きでした。




ちなみにこれは2008年6月のことです。


今までで一番ロマンティックで愛に溢れていた旅ドキドキ



今日も、フランスアンティークと直接関係ないお話をここまで読んでくださってありがとうございました。


ごきげんよう♪





フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ     びびあんでした。  

       




日本ブログ村アンティーク 日本ブログ村アンティーク フランスアンティーク アンティークサーチ
facebookボタン

ピンタレスト画像