フランスアンティーク&ブロカント雑貨 | メゾン・ヴィヴィエンヌのフランスアンティーク物語

フランスアンティーク&ブロカント雑貨ショップ メゾン・ヴィヴィエンヌの店主ブログ

février 2018


バレンタインデーですね。

前回のブログで、夫に贈ると宣言?した
ヨックモックのショコラシガールを買いに
日曜日に青山本店へ行きました。

[画像:41baa297-s.jpg]

雨の予報のはずが、とってもいいお散歩日和。
表参道界隈はとても賑わっていました。
ヨックモック本店の、カフェも行列していました。
写真は撮りませんでしたが。

[画像:5fe0588c-s.jpg]

で、入って早速、「完売」のお知らせ発見><
開店後、早いうちに売り切れてしまうんですって。
仕方ない、渋谷にハシゴしますか・・・
と、その前に。

image


青山本店限定の、サンク・ビジュー。

[画像:9114df57-s.jpg]

まだ夫に渡していないので、フィルムがかかっていて
もや~と写っていますが、
5種類のかわいらしいマドレーヌ?です。


image

能書きもついています。

image

箱の、青い鳥さんたちもかわいい。

image

色んな味のサブレもあり、パッケージもかわいい!
今度買おう♪


そして予定になかった渋谷へ向かいます。
FOODSHOW内に一店あるのです。
しかしながら・・・
やはり売り切れ。
仕方ないので、ここで「シガール・オ・ショコラ」購入。
欲しかったものは、シガールのチョコがけですが
こちらはシガールの内側にチョコレートを充填したもの。

それと、アイスシガールのチョコレート味。
これは、同じようにシガールの中に
チョコレート味のアイスを充填したもの。

昨日はさらに、日本橋三越店にも行きましたが、
ショコラ・シガールはありませんでした。

そのかわり、とてもかわいい花柄のラングドシャや
シガールにピスタチオクリームや
マンゴークリームを詰めた
日本橋三越限定商品が。

夫へのバレンタインプレゼントはもう十分買ったので
買いませんでしたが、
女性へのちょっとしたお持たせにぴったりと思いました。

ヨックモックの、百貨店への出店第一号店が
日本橋三越店だそう。
都心なのにゆったりしたスペースの
デパ地下なので、とても居心地が良いですよ。

来年のバレンタインや、
自分へのホワイトデーに是非どうぞ^^


メゾン・ヴィヴィエンヌ店主



↓ロゴをクリックすると
お店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、
お得な情報を
いち早くお届けする
メールマガジンのご登録は
 コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも
同じ内容を発信しております。
FBのほうが見やすい方は是非♪




ひっそりと、インスタ始めました。
まだよくわからないので四苦八苦ですが
今後にご期待ください♪

Instagram

夫のインフルエンザが治ったと思ったら
今度は私が高熱・・・、
でも検査したらインフルエンザではなく
一日で解熱しました。症状は、胃が痛いだけ。
先日ご逝去された有賀さんが
そうかどうかわかりませんが
発見したときには手遅れなことが多い
スキルス胃がんだったら嫌だなと思って
内視鏡検査を申し込んできました!

ここしばらく、思いっきり食べたり
飲んだりできていませんが
ふだん意識していない
健康な胃腸のありがたみを感じています^^;

その時、お姑様もインフルエンザ罹患中でしたが
イナビルという薬を一回噴霧?したら
翌日から普通に動けるようになったとのことです。
85歳なのですが、なんと強靭なのでしょう。
私のほうが長く寝込みました^^;


さて、バレンタインデーの近づく今日、
ネットニュースの中にこんなものがありました。

「日本でバカ売れ 『高級チョコレート店』の本音」


ピエール・エルメがニューオータニの中に
ブティックを開いたのがもう20年も前だそう。
どなたに差し上げたか忘れましたが
(その頃の年齢から考えて、たぶん元夫)
ハート型の濃厚なチョコレートケーキを
買いに行ったのを覚えています。

彼の成功をきっかけに、日本に次々と
フランスのパティシエのチョコレートがやってきたのは
グルメに詳しい方はご存じかと思いますが
もう毎年のように知らないカタカナ名がたくさん
この時期になると伊勢丹の特設サイトに並びます。
ついていけません^^;
なので、ついていかないことにしました(笑)

上の記事には、サロン・デュ・ショコラ2018に
初参加し、熱狂的な歓迎を受けた
ジェローム・デ・オリヴェイラ氏の逸話が載っていますが
9日間の日程すべて、有給休暇を使って
会いにきた女性ファンもいて驚いたのだとか。
他にも、一緒に写真を撮りたがったり
スマホケースにサインをおねだりしたり・・・、
「日本人の、チョコレートに対する情熱」
と語られていますが、それだけではないと思います。
一部に、熱狂的なフランス男フリークの
日本人女性というのがいるのです^^;

元夫であるフランス人シェフは
まったくモテるタイプではなかったのですが
しょうもない嘘をついて他の日本女性たちと
浮気まがいのことをしていたようですし
在日フランス人男性たちはどんな容姿であっても
不当に(笑)ちやほやされるのです。

お友達の旦那様も、
日本に奥様と里帰りしている時なのに
みんなにちやほやされて有頂天、
しまいには「君(→私)と結婚したかった~」と
奥様の前で冗談を言い出す始末。

前にいたフランスのグルメ関係の会社には
たくさんのフランス男性同僚が居ましたが
日本人の奥様の居る人はアシスタントや
顧客の日本女性に手を出すし(複数人・・・)
フランス人の奥様を同伴してきた人は
日本人と浮気して奥様と離婚して再婚するし
ある一部の日本女性の
フランス男性熱はものすごく、
本国でここまでちやほやされたことのない
フランス男性はすっかり虜になってしまうようです。

もちろんショコラが日本市場で売れているのは
上記チヤホヤの影響だけではありませんが
ショコラもまた、日本では異様にチヤホヤされ、
高価で特別な機会にだけ食べるものになっている、
ということに違和感を覚えるショコラティエも多いそう。

1粒400円、500円が当たり前になってしまっているので
今更適正価格に下げたところで
「安っぽい」イメージを持たれてしまう。
既存のメゾンの価格はおそらくこのままでしょうが
もう少し親しみやすいお店が出てきたら
バレンタインや特別な機会以外にも
気軽に箱詰めしてもらって
ほっとくつろげる週末などに
美味しい珈琲と一緒にいただいたりしたいですね。


うちは、今年は夫がヨックモック大好きなので
シガールにチョコレートを詰めた
ショコラ・シガールにする予定ですよ^^


chocolat_cigatre
(画像は公式HPからお借りしています)

あと、チョコレートの香りのするクリーム
チョコ・ラモーレ」のビターオレンジ味を注文してあります^^


ab69a0cd209b9778efd608c2f184d27b
(画像は公式HPからお借りしています)


皆さまはバレンタインはどのようになさいますか?^^



メゾン・ヴィヴィエンヌ店主



↓ロゴをクリックすると
お店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、
お得な情報を
いち早くお届けする
メールマガジンのご登録は
 コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも
同じ内容を発信しております。
FBのほうが見やすい方は是非♪




ひっそりと、インスタ始めました。
まだよくわからないので四苦八苦ですが
今後にご期待ください♪

Instagram

このページのトップヘ