フランスアンティーク&ブロカント雑貨 | メゾン・ヴィヴィエンヌのフランスアンティーク物語

octobre 2017


リオハ=赤ワインという
イメージしかなかったので、
リオハ博物館と言えば
ワインの歴史関係のものが
展示されているのかな♪と
思っていたのですが、
思いっきり違いました^^;
建物は、個人の大邸宅だったもの。

DSC_2837

こういった民芸品がたくさん♡
アンティーク屋としてはとてもときめきます。
ただ、石器時代からずーっと
順を追っての展示なので
これはかなり時代が後の方になります。

下の写真は、木製の、子供の歩行補助器具。
健やかな成長を願いながら
木を削って、組み立てて・・・。
あたたかみを感じます。

DSC_2841

お布団ウォーマー。

DSC_2843

木のスプーンと、収納家具。

DSC_2847

アイロンたち。
真ん中のは炭を入れて使うタイプ。
我が国にもありましたね。
左のものは襟専用、だったかしら・・

DSC_2848


洗濯板なのですけど、
くっついている箱は何かといいますと
河原で屈んで洗濯する際に
膝を保護するものだそう。
なるほど。

DSC_2850

お皿と、壁掛け式ディッシュストッカー。

DSC_2851

メゾン・ヴィヴィエンヌにも
小さいのがありますが
左のはなんと50kg!
私の体重より重いのですよ。

DSC_2852


DSC_2854

絵画も少々あります。

DSC_2855

女性たちは黒いヴェールを被っていますが
教会での結婚式の情景だとか。
新郎に食ってかかる女性と
崩れ落ちる新婦。
今で言うゲスな男性?
想像が膨らみます。

DSC_2856


こちらはもっと幸せそうな絵画。
白壁の家、ゼラニウムの鉢。
アンダルシアのほうの情景でしょうか。
私はこういう色合いの絵が好みです。

DSC_2840


ログローニョというスペイン北部の街にあります。

さて、次はまたログローニョでの
食べ物のお話の予定です。
フランスのお話ではないのに
読んでくださってありがとうございます^^;


メゾン・ヴィヴィエンヌ店主






↓ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、
お得な情報を
いち早くお届けする
メールマガジンのご登録は
 コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも
同じ内容を発信しております。
FBのほうが見やすい方は是非♪





スペインに行く前からなので
一ヶ月半ほど待ちましたが、
もう廃番のルイ・ヴィトンのお品を
革修復ドットコムさんで
リペアしていただきまして、
ようやく納品されました。

正規店ではやってくれない部分
(モノグラム生地破れが
近くにある根革の交換)も
綺麗にしていただけました。

22554821_1526361377445272_6707704686254036276_n


ヴェルニのポム・ダムール(愛の林檎)
というカラーのお財布は
エナメル剥がれ補修


22490065_1526361354111941_340852742491379644_n

補修前1

22492024_1526361314111945_8727778665829461683_n

補修前2
(こういう剥がれがところどころありました)

image

補修後1

image

補修後2
(黒ずみは取れませんが
再度エナメルがけをしてくださり
剥がれが目立たなくなりました。
光っている部分がありますが
エナメル剥がれではありません)

image

補修後3


バティニョールというバッグは
ハンドル、根革、口革お取り替えです。
片面の根革2つは前に正規店で直し済です。

パリ出張が多かった頃に
買った品々で色々と思い入れがあり、
買いなおそうと思っても
二つとももう廃番・・・、
でも、オークションなどで
ブランド中古を買う勇気はありません。

ならば修理?
でも本当に綺麗に直るの??と
半信半疑でした(ごめんなさい!)。
とにかく気に入っていて使い倒したのに
また甦ってくれてとても嬉しいです。

22540174_1526361447445265_2350954286649054518_n

補修前。

味がある・・・を超えて、きたない!!
使わなくなって、放置しておいたら
更にどんどん汚くなっていった気がします。
だってこの状態ではさすがに私、
お外に連れていけませんでしたもの。
鞄も、愛されないとグレていきます。

22489777_1526357590778984_5289993990071602212_n

補修後1
(この面の根革は
日本のLVブティックで交換。
あめ色が強めです。)

image

補修後2 
(この面の根革は今回修理。
サイドベルト部分はオリジナルのまま。
色を合わせてくれてあります)

image

補修後3
(何と綺麗になったこと!
私、あめ色になったヌメ革は
好きでないので白っぽいの嬉しいです。)

お値段は安くはないけれど
高くもないです。
色々な補修例が載っているので
ご参考になさってください。
何社か相見積もりを取りましたが
一番丁寧で素早いご回答でしたし
仕上がりも満足でしたので
オススメさせていただきます^^


革修復ドットコムHP


メゾン・ヴィヴィエンヌ店主




↓ロゴをクリックすると
お店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど
お得な情報をいち早くお届けする
メールマガジン のご登録は 
コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも新商品や
アンティーク小咄など発信しております。
是非ご覧ください♪







バルセロナで3泊したあと、
列車でリオハの中心都市
ログローニョへと向かいます。

朝7時半バルセロナ・サンツ駅発。
たぶん荷物チェックが厳しいだろうなと思い
6時半には着くようにホテルを出発しました。

DSC_2711

空港みたいな保安検査の列。
しっかり検査してくれるのは
ありがたいですね。

DSC_2710

WCは利用料1€払います。

DSC_2709

便座がくるくる回って、
真ん中の装置がウニョっと出てきて
便座のふちを洗ってくれます(驚)

DSC_2720

以前、アンダルシア地方を旅した時には
3時間もの間ただただオリーブ畑が
広がる様子に感嘆したものですが、
今回はひたすら赤茶けた乾いた大地と
葡萄、葡萄、葡萄。
これは、飲まねば・・・。と、
決意を固めます(笑)

ログローニョに着いたのは11時23分。

DSC_2730

夫が予約してくれた旧市街のホテルは
中がモダンに改装してあって、
四角いBENKIとビデが斬新。
ローマで泊まったホテルでも
見たことがあったかも・・・
ビデは、イタリア・スペインで
私たちが泊まったホテルでは
100%あったように思います。
フランスではもうあまり見なくなった気が。
あるから使ってみるけど、
なくても別に困らない(笑)

DSC_2732

ホテルのある通り。
住宅がほとんどのようでとても静か。
年配の日本人男性二人連れに遭遇しました。
ワイン関係者でしょうか。

DSC_2733

さっそく市場や食品店を散策します。
(市場は小さくて活気がいまひとつ。。。)

DSC_2740

DSC_2741

にんにく、安いですねえ。
ネットにこれでもか!と
20個くらい詰まっていて5.5€。
赤ピーマン?赤とうがらし?も
やたらと見かけました。

DSC_2742

地元の陶器を買うのが好きなのですが、
バル横丁を示す
こういった陶器はあるのですが
食器の類のお店は見かけませんでした。

バル横丁は、12時台ですと
まだなんとなく閑散としていましたが
13時を回ると人が増えてきました。
中でも大盛況のこちらのお店に
入ってみることに。
DSC_2745

これこれ、カウンターにたくさんのピンチョス、
これを食べたかったのです。

DSC_2746

人だらけ、こんななか、言葉も通じないのに
夫、人をかき分けて
カウンター最前列をゲット^^;

DSC_2748

ただでさえ脂っぽい豚バラ肉を
更に揚げてあるという
恐ろしい食べ物^^;
カリッとしていますが
噛むと豚の脂がジュワと出てきて
なんとビールに合うこと・・・

DSC_2753

ウニグラタン。

DSC_2754

La Fontanaというお店ですよ。
ここは本当に賑わっていました。
観光客も、ジモティも。

長居せず、1杯+1皿ずつで退散。
ハシゴします。

DSC_2760

次のお店は、あんまり指さして
オーダー出来る感じではないところ。

DSC_2757

夜に備えて休肝しようということで、
モストという葡萄ジュースに。

DSC_2759

ひしこいわしのマリネ。

DSC_2758

この写真の豚ハムを
ちょっと切ってくださいとお願いしたら

DSC_2761

ものすごい量・・・、
かかっている赤い粉はパプリカ粉。
そしてオリーブオイル。
ハモン・イベリコとは違う
しっとりしたハムでした。

さて、満腹になったので
いったんホテルに帰ってシエスタです。
なぜなら、お店も、教会ですらも、
14時くらいから16時とか18時くらいまで
お昼休みに入ってしまうのですよ。

DSC_2772

ホテルのすぐ近くに
ワインを入れる革袋屋さんが。
キッチンのインテリアグッズとして
買ってきても良かったかも・・・

DSC_2773

シエスタ後の教会へ。

DSC_2783

とっても立派な教会。
天井の花びらが素敵。
しばし心の洗濯をします。

DSC_2779

フランスでは私は見かけたことが無い、
または気が付かなかったのですが、
イタリア・スペインでたまにみかける
「暗いから見えないけど、0.5€入れてくれたら
明かりをつけてあげる」というシステム。
「この絵、”ミケランジェロ・ブオナローティ作”
って書いてある」」
と夫に言ったら「どれどれ」とコイン投入。
モナ・リザくらいの小さな絵です。
「本当に・・・??」という思いがあるからか
バチカンのピエタのような感動はないかも^^;

DSC_2791

教会前のベンチには
夕涼みしているお爺ちゃんたちがいっぱい。
赤いパンツのおしゃれなおじ様が素敵。

スペインではまだまだ夕食には早いので、
ひたすら散歩します。
まだ夏時間で、19時半くらいまで
明るかったです(9/25)。
21時くらいになって、
ようやくバル巡りに繰り出します。

DSC_2794

1軒目。
イカスミごはんかと思ったら、
レバー系の味がしたので
多分豚の血のソーセージと
和えたごはんかと思います。
赤ピーマンの炭火焼きと
うずらタマゴを載せて。

DSC_2796

赤ピーマンとウナギの稚魚のオイルマリネ。
私たち、ウナギの稚魚は
あまり好きではなかったです。
大きく育てて、蒲焼で食べたほうが・・・。
まあ、その国ごとに、
文化が違いますものね。


DSC_2797

こんな感じで、紙ナフキンを
床に散乱させて良いのです。

DSC_2799

2軒目はもうちょっとシックな感じのバル。

DSC_2800

タラの入ったコロッケが食べたかったのですが
生ハム入りだったかな。
ええ、美味しいですよ、もちろん、これも^^

DSC_2802

DSC_2806

3軒目。
ここは若い人たちが多く
ピンチョスやタパスもお洒落な感じ。

DSC_2807

羊のだったかな、チーズの上に
イベリコ・ベジョータ(どんぐり豚)ではない生ハム

DSC_2809

おそらく同じチーズの上に
フォワグラのポワレ、バルサミコソース。
美味!
こんなに今回フォワグラが
食べられると思っていなかったので
嬉しい驚きです。

DSC_2815

そして4軒目は。
なになに、ここ、老若男女、すごい人だかり。
私は躊躇したのですけど
夫はズンズン入って行って注文。

DSC_2822


直径4センチほどの
大きなマッシュルームが3つと小さな海老。
熱々です。はふはふ。
にんにくが効いて、美味しい。

DSC_2823

ここ、メニューがこれだけなのです。
ひたすら、マッシュルームを焼くおじさん・・・

DSC_2824

たくさんの紙ナプキンは繁盛の証拠?

DSC_2825

そういえば看板もマッシュルーム。
すごいです。
マッシュルーム一本勝負のお店。
有名店らしいです。

DSC_2827

もう一軒、マッシュルーム(と海老)
の形の看板のあるお店があるのですが
5軒目はもうちょっと無理で・・・
退散いたしました。

この日、16000歩。
毎日歩き疲れて良く眠れます^^;



メゾン・ヴィヴィエンヌ店主






↓ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、お得な情報をいち早くお届けする
メールマガジンのご登録は コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも新商品やアンティーク小咄など発信しております。
是非ご覧ください♪







このページのトップヘ