フランスアンティーク&ブロカント雑貨 | メゾン・ヴィヴィエンヌのフランスアンティーク物語

フランスアンティーク&ブロカント雑貨ショップ メゾン・ヴィヴィエンヌの店主ブログ

juin 2017

このところコース料理をいただく機会に
多々恵まれました。

中華だったりしたこともあるのですが、
一応こういうブログなのでフレンチの話だけ・・・

食べ物を撮る人って理解出来ない。
冷めちゃう。早く食べたら。
という方たちがいらっしゃるのは知っていますが
フランス料理の仕事に少し関わった身としては
一皿一皿が芸術だから、収めておきたい。
のですよね^^;

一緒にお食事するお相手によっては
写せないこともあるのですが(目上の方とか)
これからはもっと欲望に素直になって
写させてもらいたいなと思います^^


鎌倉 一の鳥居近くのLa Vie (ラ・ヴィ)
OPENして1年半ほどだそう。
シンプルモダンで上品なインテリアと
広島のご実家、三島の契約農家からの
新鮮なお野菜を使った
水彩画のようにきれいなお料理でした。

DSC_1454

少し前なので詳細を忘れてしまいましたが
うど のポタージュ。
我が家も夫が山で天然うどを沢山採ってきて
先週はうど料理尽くしでした・・・

DSC_1455

真ん中は「えい」だったと思います。
えい ってフレンチではよくある食材なのですが
日本でお目にかかることがあまりない気がします。
上品であっさりした白身といった感じです。

DSC_1456

豚のローストとよもぎのリゾット
フレンチだとパンしか
炭水化物がないことが多いですが
ちょっとパスタやリゾットがあると
嬉しくなってしまう日本人な私です。

DSC_1458

この日は夏みかん押しでした。
ん?甘夏?あれ、どう違うのでしたっけ・・・
乾杯のスパークリングも
甘夏を絞ってあるカクテルでした。

こういうお料理を、晴れた日の昼下がり
スパークリングワインといただくのが
至福のときです。
年齢層は比較的高めでした。
私も高めですが^^;


DSC_1462

少し歩くと、材木座テラス。
新しいスポットです。

DSC_1460

海の見える生活、いつかしたいです。


DSC_1475


こちらは表参道のRes Arcana(レス・アルカーナ)
ちょっと遠慮して、デザートしか
写真撮れませんでした><
ココナツミルク味のムースに
薄いビスキュイを載せて
ローストアーモンドを散らしてあって
マンゴーのソースを点々と。
あまりデザートはいただかないのですが
また戴きたい美味しさでした。

静かで、大勢の女子会よりも
少人数の大人の会合にぴったりのお店です。

DSC_1488

丸ビル35階のAUX AMIS TOKYO(オザミトーキョー)

見ての通りのスモークサーモンの前菜

DSC_1489

グリーンピースと蟹のスープ
中には何か(バジルだったでしょうか)の
シャーベットが入っていました。

DSC_1491

鴨のロースト ブルーベリーのソース
レスアルカーナでも鴨にしましたが
こちらのはボリュームがすごかったです。
ちょっと、切れにくかったのですが
それは鴨のせいではなくナイフのせい?
クリストフルのナイフは
とーっても切れやすいんですよ。
ギザギザがついていないのに
スーーーーっと切れます。
ナイフは贈り物に適さないため
アンティーク市場に出回る量が
スプーンやフォークに比べて
圧倒的に少ないので
綺麗なものを見かけたら
是非購入なさってください。

この日いただいたのは高いコースではなかったですが
高いコースだとカトラリーやお皿も違うのかしら?
割と普通のものでした・・・

DSC_1492

お皿は割れるけれど、
シルバーのカトラリーは孫の代まで使えますので
是非投資なさっていただきたいです。

テーブルフォーク・テーブルスプーン・お肉ナイフ 

の3つがあれば取りあえずOKです。
お皿に凝って、カトラリーがそのへんのステンレス。というよりも
お皿はIKEAでいいからカトラリーはクリストフル。のほうが
毎日のお食事が(毎日洋モノいただかないですけど)
とても豊かなものになると思います^^



メゾン・ヴィヴィエンヌ店主







↓ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、お得な情報をいち早くお届けする
メールマガジンのご登録は コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも新商品やアンティーク小咄など発信しております。
是非ご覧ください♪











新しい真鍮はピカピカしすぎて
落ち着かないのですが、
アンティークの真鍮小物は
本当にいい具合に
色合いが落ち着いて
とても重厚で素敵です。

真鍮小物、色々ありますので
今月はちょこちょこアップしていきますが
まずはお部屋のアクセントになる
トレイを2点ご紹介します。

DSC_2463edited
PRICE:¥19000

ミュシャの絵画に出てくるような
曲線の美しい
波にたゆたうヴィーナスを
モチーフにした典型的な
アールヌーボー期のデザイン。
フランス人はこういった品物を
Vide Poche (ヴィド・ポッシュ=
ポケットの中身を置いておくもの)
と呼び、帰宅して時計や
ちょっとした装身具を外して
置いておくために使います。
石鹸を載せたり、
アクセサリーを載せたり、
または灰皿としても
お使いいただけます。

DSC_2500edited
PRICE:¥8800

こちらはタバコを置く
溝がありますので
元々の用途は灰皿です。
が、このように、
帰宅してはずしたアクセサリーを
一時的に置いておいたり
ソープディッシュにしたり
外国旅行の旅に
余ったコインを入れたり・・・
この手の物は
色々な用途があるので
ついつい買ってしまいます(汗)
8.5-9mmの真珠が
とても小さく見えるくらい
けっこう大きなトレイですよ。



メゾン・ヴィヴィエンヌ店主







↓ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、お得な情報をいち早くお届けする
メールマガジンのご登録は コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも新商品やアンティーク小咄など発信しております。
是非ご覧ください♪











表題のニュースを知りました。


http://www.lefigaro.fr/societes/2017/06/02/20005-20170602ARTFIG00068-la-cristallerie-baccarat-rachetee-par-des-milliardaires-chinois.php

中国企業に買収されるということ・・・
皆さまはどのようなイメージを
持たれるでしょうか。
私もおそらく多くの方が
お持ちになるであろう印象を持ちましたが
一応この記事の中では

「250年の伝統と培ってきた技術、
そして特に「メイド・イン・フランス」
というアイデンティティに敬意を表し
製造ラインや従業員を維持したまま
アジア・中近東への進出に力を入れ
ますますの発展に貢献したい」

との思いで買収したようですので
その言葉を信じたいと思います。

ともあれ、現代のバカラ製品も
アンティーク・バカラとは既に
比べ物にならない・・・のです・・・が・・・

DSC_0170resized

今の住まいは持ちマンションですが
手狭になってきたので
もっと大きな飾り食器棚を置ける
お家を買ってもらえたら
コレクションを並べて収納して
眺めて暮らしたいな・・・と
夢見ております。
(地震対策どうしましょう??)

アンティーク・バカラはこちら です☆





メゾン・ヴィヴィエンヌ店主







↓ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、お得な情報をいち早くお届けする
メールマガジンのご登録は コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも新商品やアンティーク小咄など発信しております。
是非ご覧ください♪











旅行やら片付けやら色々とありまして、
5月はとてもブログも商品UPも
少ない月でお恥ずかしいです><

さて、このところ爽やかな初夏の陽気でしたが
今日は雨が降ってきてお部屋が暗くなり、
写真もなんだかとても暗くなってしまいましたが
よんじょう画伯 のフランス絵画がようやく届きまして
ここにお披露目できることとなりました♪
よん様、素敵な梱包とオマケと温かいメッセージ
本当にありがとうございました^0^

image


yonjohDSC_1468edited


お題は「ロックフォール」。
イタリアのゴルゴンゾーラとどちらが有名でしょうか、
私はどちらも好きな「青かび」系のチーズです。

チーズはフランスに居た頃かなり色々食べました。
が、昔お付き合いしていたフランス人のプチタミが
フランス人が珍しくチーズがダメな人で、
それ以来私まであまり食べなくなってしまいました。

食べられるけれど苦手なのは山羊さん系。
「パサっ」としたテクスチャーがあまり好きではありません。
あと苦手なのはコルシカや
サルデーニャにある虫の入ったもの!!

それ以外は大抵好きで、
特に好きなのはモンドール、シャウルス、
マンステール、ヌーシャテル、
そしてもちろんカマンベール。
他にも色々ありますけれどもパっと思い付くのはこんな感じ。

そして、ロックフォール。たまらないです。
いつも冷蔵庫に入っていて欲しいです。
(ロックフォールは羊さんのミルクから出来ています)

チーズ工場で行ったことがあるのは
イタリアのパルマ近郊の
パルミジャーノの工場です。
当時の勤務先であるフランス企業では
毎年あちこちで世界中から
社員を集めて研修がありましたが
この年は「パルマ」でした。
ホテルに缶詰めなだけの日程ではなく、
テルメ、チーズ工場見学、フェラーリ博物館見学
というエクスカーション付きでした。

そこでみた「チーズ、チーズ、チーズ」
と同じ光景がこの「ロックフォール」です。

壮観ですよ。

DSC01864


これだけだと高さがわかりませんが・・・

DSC01865


人が写っているとよくわかりますね。

DSC01871


見学後、出来立てのパルミジャーノと
「ヴィーノ・フリッツァンテ」発泡した若い赤ワイン?
が振る舞われました。

DSC01875


こんな情緒のある建物でしたよ。
ロックフォールの工場もきっと
このような雰囲気の場所なのでしょうか。

このようなフロマージュ工場に
行ったことのある方がいらしたら
是非お話を聞かせてください^^


メゾン・ヴィヴィエンヌ店主









↓ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、お得な情報をいち早くお届けする
メールマガジンのご登録は コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも新商品やアンティーク小咄など発信しております。
是非ご覧ください♪











このページのトップヘ