フランスアンティーク&ブロカント雑貨 | メゾン・ヴィヴィエンヌのフランスアンティーク物語

février 2017

フランスでは、殿方が愛するパートナーに

プレゼントを贈る日、サン・ヴァランタン。


日本ではもはや、グルメな女性たちが

贅沢なショコラを堪能する日♪


と化している気がしますが、

それはそれで楽しいので良しとしましょう。


便乗して、私も高級ショコラを買ったり

テリーヌ・ショコラを作ったりしてみました。




型から外す時にポロっと取れた切れ端を食べたら

味が濃いめで美味しかったのですが、

見た目は真っ黒け・・・

でも焦げているわけではありません。




でもやっぱり真っ黒・・・

夫が帰宅してからナイフを入れ、

ホイップクリームとミントで飾ろうと思います。

中はしっとり濃厚、な、はず・・・^^;


使ったのはカカオ65%のビターショコラ120g。

(だから真っ黒けなんです・・・たぶん。)

そして、フランスで買ってきて

冷凍してあったこちらのバターを約半分。

あとは全卵2個と喜界が島のキビ砂糖90g。

(私、少々調味料オタクなのです。)


image





















ご存じの方は多いと思いますが、

フランスに旅行で行く方、

バターはフランスで買いだめできます!

エシレだって安いですよ。3€程度です。

私はジップロックを用意しておき、

最終日にバターやチーズを2重ジップロックし

更にスーパーの袋などに入れ、

スーツケースに入れて機内預けにします。

そしてスーツケースは宅配にせず、

自分と一緒に自宅に持ち帰ります。

そして、すぐ使わない分は冷凍してしまいます。 image





ワックスペーパーはパリ柄。

ジョルジュ・サンク駅の近くに住んでいましたので

パリで一番懐かしい場所がこの中に写っています^^;





お皿はK&Gリュネヴィルのデザート・プレート。

14%オフのSALE中です。 image


http://www.maisonvivienne.com/SHOP/C1193.html



昨日は、バレンタインとは無関係に

中華料理のフルコースをいただきました。

image




























紹興酒は、調味料として使うことはあるものの

お酒として飲むのは苦手なので、

LOUIS JADOTのシャブリと共にいただきました♪


では皆さま 

素敵なバレンタインの夕べをお過ごしくださいませ。



メゾン・ヴィヴィエンヌ店主




↓ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、お得な情報をいち早くお届けする
メールマガジンのご登録は コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも新商品やアンティーク小咄など発信しております。
是非ご覧ください♪











渋谷まで電車で4駅、まあまあ便利な場所に住まいつつも
本当に出不精な私。

伊勢丹のサロン・ド・ショコラには、
実は昔勤めていた職場で出店したことがあるのですが、
人疲れしてしまって、あまり展示会場が得意ではありません・・・

それでも都心に通勤していたころには
新宿、銀座、表参道、六本木などによく繰り出したものです。
ここ数年は、自宅起業のためたま~にお友達とのお食事に出かける程度です。

ですので・・・サロン・ド・ショコラにも何年もご無沙汰しています。
今年の国際フォーラムでのサロン・ド・ショコラも、
会場内の混雑どころか
入場まで45分とか1時間半とか、すごいかったようですね!

それでも、人気ショコラティエの作品は味わってみたいものですよね。

しばらく前に、上記元職場(ル・コルドン・ブルー)で同僚だった
(実は私の仏人元夫もここの同僚でした。私は事務職でしたが)
パティシエのブルーノ・ルデルフ氏がフランスに帰国して、
ショコラティエを開店したことを知りました。

そのショコラが伊勢丹のオンラインショップで買えたので、
だいぶ前ですが予約しました。
(ごめんなさい、現在は伊勢丹では販売終了。阪急で9日まで扱いがあるようです)

http://www.salon-du-chocolat.jp/archives/2017/brand/bruno-le-derf/2017-058-03

imageDisplay
(まだ届いていないので、画像を阪急オンラインショップからお借りしました)

*******************************
オンラインショップの説明↓

ブルターニュ地方の郷土料理のガレットをモチーフにした、
ガレットショコラ ミエル&ポム
(そばのプラリネとそばの花の蜂蜜とりんごのガナッシュの2層仕立て)をはじめ、
ブルターニュ名産のそばの実を使用したプラリネ、
ソバからつくったソバのウイスキーのショコラ、特産品のカニをモチーフにしたショコラ、
ボルディエバターを使用したパッションとトンカのガナッシュショコラ、
濃厚なキャラメルとビターガナッシュの2層仕立てとキャラメルバナナの2種類のキャラメルショコラ、
ヘーゼルナッツのプラリネショコラ、
ブルターニュの魅力をたっぷりと詰め込んだ8種類のショコラを詰め合せました。

「ブルーノ ルデルフ」
2007年にショコラティエ部門で名誉ある
M.O.F(フランス国家最優秀職人章)を取得。
その後2012年にブルターニュ地方のヴィットレに
念願のショコラトリーをオープン。

*******************************

ブルターニュならではの材料を使ったショコラ、とっても楽しみです。
ブルターニュはまだ訪れたことのない地ですので、なおさら・・・

特に個人的に親交があったわけではないので
宣伝するわけではありませんが、
もしご興味をお持ちでしたら
明日までに阪急オンラインショップでお求めくださいね。


メゾン・ヴィヴィエンヌ店主


↓ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、お得な情報をいち早くお届けする
メールマガジンのご登録は コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも新商品やアンティーク小咄など発信しております。
是非ご覧ください♪













やっとやっと、【カルネ・ド・バル】が再入荷しました。

前回扱っていたものと同じ柄の、表がアザミで裏が菊というものです。
今回のものは紙がない代わりに、表面のシルバープレートが艶々でとても綺麗なお品です。
丸環も逸失されていないので、チェーンをつけて昔の貴婦人と同じようにお使いいただけます。

商品ページこちらです→ http://www.maisonvivienne.com/SHOP/D1015.html

カルネ・ド・バルについての詳しいブログはこちらです→ http://maisonvivienne.blog.jp/archives/2874171.html

DSC_2057edited




DSC_2058edited

DSC_2060edited

あ。商品シールを貼った下だけ変色を免れている・・・
そう、シルバー(プレート)ですので、空気中の酸素に触れることで
酸化してしまいますが、シールによって守られたのです。

DSC_2061edited

DSC_2063edited

内側はマットなテクスチャー。

DSC_2064edited

DSC_2065edited

ペンが装着されていないと、このように開きます。

DSC_2066edited

ペンはオリジナルの状態ですと鉛筆の芯が入っており、
頭の部分をひねると芯が出てくるのですが、
今回の商品は芯が失われていてペンとしては使用できません。
ただ、帳面を閉じておくのに必要ですので、
オリジナルのものが付属していてありがたいです。

とっても表面の状態のよい、艶々な舞踏会の手帖。
ご希望であれば銀磨きで磨いた状態でお送り致します。
が、黒ずんでいるのも味があって素敵ですよね。
特にご要望がなければそのままお送りさせていただきますね。

商品ページはコチラです→ http://www.maisonvivienne.com/SHOP/D1015.html


メゾン・ヴィヴィエンヌ店主


↓ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、お得な情報をいち早くお届けする
メールマガジンのご登録は コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも新商品やアンティーク小咄など発信しております。
是非ご覧ください♪













このページのトップヘ