フランスアンティーク&ブロカント雑貨 | メゾン・ヴィヴィエンヌのフランスアンティーク物語

janvier 2017

べべ(赤ちゃん)シリーズの、100年以上前の
アンティーク・ポストカード、たくさん入荷しています。

http://www.maisonvivienne.com/SHOP/229285/229533/list.html

scan173edited

http://www.maisonvivienne.com/SHOP/DP1184.html

scan165edited
http://www.maisonvivienne.com/SHOP/DP1179.html

下の3枚の「A VENDRE]の文言は
「売ります」「売り出し中」と言った意味で、
中古車や中古アパルトマンの窓に
貼ってあったりします。
なぜに赤ちゃんに??
この種のポストカードはHUMOUR(ユーモア)
に分類されていたりするので、
この時代(1900-1910)に流行った
ユーモアのようです。
みんな、悲壮感なく、プクプクと可愛いですから。

scan163edited

http://www.maisonvivienne.com/SHOP/DP1178.html

scan171edited
http://www.maisonvivienne.com/SHOP/DP1183.html

scan161edited

http://www.maisonvivienne.com/SHOP/DP1177.html

文言にはドキっとしますが、
蚕の繭のようでとってもかわいい姿ですよね。

フランス人は、イメージと違って
大人たちは女優・俳優ですら
美男美女が少ないように思いますが
(カトリーヌ・ドヌーヴやアラン・ドロンのような
美男美女はごくごく稀・・・)
子供・赤ちゃんはそれはもう彫刻や絵画の
天使そのままの可愛さです♪
赤ちゃんの可愛さは
洋の東西を問わないかもしれませんが・・・

とっても可愛いシリーズですので、是非ご覧ください。
アップしている以外にもまだまだ色々あります。

http://www.maisonvivienne.com/SHOP/229285/229533/list.html


メゾン・ヴィヴィエンヌ店主


↓ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、お得な情報をいち早くお届けする
メールマガジンのご登録は コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも新商品やアンティーク小咄など発信しております。
是非ご覧ください♪













現在東京で開催中の
「マリー・アントワネット展」で見た品々を
何度かに分けてご紹介していましたが、
下書きしたまま消えてしまった・・・
と思っていたら、ありました!
まだ展覧会は開催中ですので、
どうぞ観覧前のご参考になさってくださいね。

********************

薔薇の花束をメインとしたメダイヨン型アプリケが
薔薇やライラックの茎、その他色々な花々からなる
アラベスク風の唐草模様に支えられた
世にも美しいランパ織のファブリック。

DSC_1854

制作を早めるため、26人もの職人が動員されたのだとか。
費用も人出も費やしたというのに、
ヴェルサイユ宮殿の王妃の私室では
ほんの数年用いられただけで、
その後はビリヤード室で規模を
縮小して用いられたのだそうですよ。

DSC_1858

クッション、椅子の張地にも使われています。
こちら、金糸が多用されていてゴージャスなのに
お花が小ぶりで可憐ですし
ブルーが効いていて爽やかで
清楚でさえありますよね。
ピンクとブルーのリボンも可愛い!!
ものすごく好みです・・・
溜息が出るとはこのことです。


DSC_1859


こちらも色合いが可愛らしくてうっとりします。
フォンテーヌブロー宮殿の
王妃の寝室で使われたファブリック。
タフタ地に、色とりどりの大きなブーケと
ライラックを中心にクジャクの羽根と
パンジーと薔薇の花冠をあしらったブーケが交差。 



DSC_1860

上のファブリックが使われているところ。

ファブリック単体で見ると素敵ですが、
お部屋全体が花柄ON花柄ですと
シンプルモダンなインテリアを
見慣れた現代の我々の目には
トゥー・マッチの感がありますね^^;
現代の我々は、ポイント的に取り入れましょう。


DSC_1857

結婚直後に制作されたと思われる、寝台の上掛け。
薔薇、忘れな草、リラなどなどの刺繍が。
四隅には、青いリボンで結んだ「アモルの松明」が。
新婚夫婦の比喩なのだそうです。

DSC_1856


上の上掛けの部分アップ。
マリー・アントワネットのイニシャルMAと
夫であるルイ16世のイニシャルLを組み合わせたモノグラム。
それをオリーブと月桂樹の枝が囲んでいます。

これは就寝時に夫婦二人が
上掛けとして使うものなので
それなりのサイズのお品です。
これだけの大きなお品に、ひと針、ひと針、
手で刺繍が施されているのです。

その手仕事の細かさに
「ほおぉ~~~・・・」と見惚れていましたら
かなり若い男女カップルが

「これ布団?王様にしちゃフツーじゃね?」

「ねー。フツーフツー」

と言ってサッサと通り過ぎて行きました(驚)

年月を経て色褪せていたので、
こ汚く見えたのでしょうか。

若いうちに本物をたくさん見て、
見る目を養う機会を持つのはよいことですね^^



メゾン・ヴィヴィエンヌ店主




↓ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、お得な情報をいち早くお届けする
メールマガジンのご登録は コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも新商品やアンティーク小咄など発信しております。
是非ご覧ください♪














20枚ほどある、「古き良きパリ」シリーズのアンティーク・ポストカード。

http://www.maisonvivienne.com/SHOP/229285/229547/list.html

かさばらないので、是非これらを持っていって
同じ場所に立って写真を撮ってみたいものですね。

C20150113_142132edited
オペラ座前。

C20150113_142106edited
同じくオペラ座前。

C20150113_142041edited
サクレクール寺院を下から見上げる。

C20150113_141757edited
チュイルリー宮殿からサクレクール寺院が見えています!

C20150113_142012edited
凱旋門。並木が心なしかこじんまり見えます。

C20150113_141833edited
C20150113_141650edited
これらは大変流麗な筆跡。
流麗な物、そうでないもの、
未使用品、一律同価格にお値下げ中につき
美品は早いもの勝ちとなります・・・

C20150113_141609edited

こんなふうにサラサラとしたためられたら・・・溜息。


下記リンクまたは
「アンティークプリント」>「アンティーク・ポストカード」>「パリ」
よりお入りくださいませ。

http://www.maisonvivienne.com/SHOP/229285/229547/list.html


メゾン・ヴィヴィエンヌ店主




↓ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、お得な情報をいち早くお届けする
メールマガジンのご登録は コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも新商品やアンティーク小咄など発信しております。
是非ご覧ください♪













このページのトップヘ