フランスアンティーク&ブロカント雑貨 | メゾン・ヴィヴィエンヌのフランスアンティーク物語

フランスアンティーク&ブロカント雑貨ショップ メゾン・ヴィヴィエンヌの店主ブログ

septembre 2016


大変急で申し訳ございません!

明日9/28(水)-30(金)の期間、臨時休業させていただくことをお知らせ申し上げます。

ご不便をおかけしてしまうことへのお詫びの気持ちを込めて


【建具】 【ポストカード】 【レーステープ】  の3カテゴリーの商品は

幾らからでも全品50%オフ  とさせていただきます。



【期間:9/28 0:00~10/1 23:00】


クーポンコード  rinjisale      (読み:  り ん じ セール です^^;) 


注:クーポンコードをご入力いただかないとセール価格になりません。ご注意くださいませ。



なお、発送は10/3から順次とさせていただきます。
ご了承のほどお願い申し上げます。



***********************************
利用対象 誰でも(クーポン利用には会員登録は不要)
クーポンコード rinjisale
クーポン名 臨時セールクーポン
発行期間 2016/09/28 00:00~2016/10/01 23:00
割引 定率割引50%
利用条件 指定しない
回数制限 回数制限しない
クーポン対象商品 アンティーク・リネン > レース・テープ
 アンティークプリント > ポストカード
 アンティークその他 > 建具
***********************************



DSC_0603-20160519
DSC_0604-20160519
DSC_0620-20160519
DSC_0622-20160519
DSC_0626-20160519
cartespostales022
cartespostales020
cartespostales018
C20150331_140732
C1105edited
C1102edited
C1101edited
C1098edited


ご来店お待ちしております♪


メールマガジンのご登録は コチラ からどうぞ。







↓ ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。



透過ロゴ


さきほど、とっても素敵な番組を見ました。
「モナコ宮殿の料理人」。
モナコの宮殿でアルベール2世大公の料理人として30年働いている
クリスチャン・ガルシアさんに密着した取材です。

モナコ大公宮殿は誰でも外観の見学をすることが出来ますが、中には入れません。
大公ご夫妻と双子のお子様がお住まいでいらっしゃいますから。
私も宮殿前までは行ったことが2回ほどあるのですが、当然中に入る資格がないので内部を見学したことはありません。


DSC01283


この中に、日本との国交樹立10年ということで、NHKが密着取材で入ることが出来たそうです。
(たった10年??なのですね。100年の間違いでしょうか??)

クリスチャン・ガルシアさんは、毎日大公殿下ご家族4人の三食のお食事のほか、
(毎日、毎食分X3通りの前菜~主菜~デザートのメニューを考案し、大公に選んでいただくそう)
国家行事としての晩餐会の総指揮も職務として行っています。
決して大公がお食事しているところを見たことはないけれども
大公は新しい食材・珍しい食材、新鮮な食材にとても興味があるうえ
ガルシアさんの組み立てたメニュー表に「美味しかったよ。」「素晴らしい!」
「デザートが凍りすぎていたよ」など、感想を書いてくださるそうで
それがガルシアさんの励みとなっているそうです。
上司・部下のとても温かい交流が出来ているのですね。

大公のために、ガルシアさんはニース旧市街のスパイス屋さんに足しげく通って
常に新しい刺激を求めたり、元々は檸檬栽培と魚の漁だけの街だったモナコの
最後の一人の漁師と一緒に釣りに行ったり(カサゴが釣れていました)
奥様とのバカンス先であるシチリアでもコラトゥーラ(アンチョビの魚醤)のようなものと思われる
珍しい調味料を見つけたり、美味しい赤海老のクスクスに出会ったらシェフを賞賛しに行ったり・・・

そんガルシアさんの働きぶりに密着したルポルタージュ、とても興味深かったです。
時折顔を出す大公も、とっても温かみのある気さくなお方とお見受けしました。
とにかく、なかなか見られない映像だと思います。


私のモナコ写真の下に番組紹介文がありますので、どうぞ読み進めてくださいね。


DSC01282

旧市街のアパルトマン。ニースやマントンと似たような色合いです。

DSC01285

モナコのヨットハーバー。
檸檬栽培と漁業だけの小さな国を現在の姿にしたのは、
アルベール2世大公の父君一代でのことだそう。
国民一人当たりの年間所得は2千万円だとか。

DSC01287b

フランス企業時代、2週間の夏のバカンスがとれたので
日本から2週間ニースに語学留学し、その時にクラスメイトたちと
2回目のモナコ訪問をしました。一番左が私です。

DSC01291b

モナコのカジノの前で。ゲームは、していません^^;

DSC01292b

アラビア文字の高級車がたくさん!



NHKの、番組紹介リンク。
https://www.nhk.or.jp/bs-blog/2000/252445.html

リンクが消えてしまうといけないので、文章をコピペしました。↓


**************************************************

料理番が大公に贈るラブレターのような一皿~ザ・プレミアム 「モナコ宮殿のおいしい食卓~アルベール大公とガルシア料理長」~ BY 常木佳子

「天皇の料理番」、「大使閣下の料理人」など、ここ数年、料理人を主人公にしたドラマが次々とヒットを飛ばしていますね。日々の食事を通じて主人の体調を支えるとともに、国賓をお迎えする公式晩餐会では創意工夫を凝らしておもてなし料理を作る―。彼らの仕事は責任重大で、実に驚きに満ちています。 そこで実際にある国家元首に仕える料理人のドキュメンタリーをお送りします!舞台は世界で最も豊かなモナコ公国。そう、あの「絶世の美女」と謳われたハリウッド女優のグレース・ケリーが嫁ぎ地中海の宝石と呼ばれる美しい国です。

 monaco2-1.jpg monaco1.jpg 

  【モナコ公国のエンブレムが刻印された宮殿限定マカロン】   【ガルシア大公宮殿料理長】

主人公は、モナコ公国大公アルベール2世から絶大な信頼を得るクリスチャン・ガルシア料理長。きっかけは3年前、東日本大震災の被災地支援のために、気仙沼の生産者を訪ねたガルシアさんを取材した時にさかのぼります。造り酒屋からもらった酒粕に、なんと完熟マンゴーとキャビアを合わせるなど、初めて見る食材の潜在的な可能性を一瞬で見抜き、芸術的な料理に高めてしまう手腕に舌を巻きました。同時に「これも、あれも大公に食べさせてみたい!」と連発するガルシアさんの、燃え上がるような忠誠心に興味を引かれ、いつかガルシアさんを彼の本拠地で取材をしてみたいと思いました。そして、2016年日本とモナコが国交樹立10年という情報を聞きつけ、これはチャンス!とばかり取材を申し込んだところ、半年にわたる交渉の末、宮殿内にカメラを入れることをアルベール2世自らが特別に許可してくれたのです

monaco5-1.jpg

【2013年気仙沼を訪問したとき。 「ワカメェ♪」と感嘆をあげるガルシア料理長】

許可が出たといってもそこは一国の元首の宮殿。大公の食事風景をおいそれと撮影することはできません。もちろん30年以上仕えてきたガルシアさんにとっても、大公は未だに雲の上の人二人のやりとりは日々、手書きのメニューノートを通じて密やかに行われます。大公の気分や体調を気づかい、常に楽しいサプライズにあふれた料理を提案する文面は、まさしく“食を通じたラブレター”。それに大公も毎日、手書きで応えるのです。しかし、丹精込めて作った料理を運ぶのはあくまでも給仕長。ガルシアさんは、大公が自分の料理を口にする姿を見ることは決してないそうです。恋愛と同じで、相手を思う気持ちを長続きさせるコツは、絶妙な距離感なのかもしれませんね。

さらに驚いたのが、グレース公妃が作ったプライベートな農園です。忙しい公務の合間に、プリンスたちに新鮮な旬の野菜を食べさせるため、自ら畑に立っていたのです。ガルシアさんは今も毎朝農園から届けられる旬の野菜や花をふんだんに食卓に登場させます。週に一回まとめ買いした食材を冷凍して使い回す身からすると、これぞ本当の贅沢!と羨ましい限り・・・。

monaco3-1.jpg monaco4-1.jpg

普段はヴェールに包まれたモナコ宮殿の食卓。ガルシアさんと一緒に、地中海ならではの食材を発見する旅に出て、モナコ大公のハートをガッチリつかむ華麗な料理やスイーツが誕生する瞬間に、ぜひ立ち会いませんか。

***************************************** 


あまりTVを観ない私ですが、アーカイブで観られるなら是非もう一度観たいと思いました。

南仏を訪れる機会がありましたら、モナコはニースから電車でほんの20分ほどですので
是非お立ち寄りくださいね。




メゾン・ヴィヴィエンヌ店主



メールマガジンのご登録は コチラ からどうぞ♪






↓ ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。



透過ロゴ


雨、雨、台風、雨・・・

天候不順な今日このごろですが、驚くべきことに
近所(東京・世田谷区)彼岸花が9月22日の秋分の日当日にパッと咲きました。
前の日は咲いていなかったのです。

まだまだ蝉の鳴く夏が恋しく、夏らしい遊びをもう少ししたかったのですが、
一気に秋になってまった感があります。

もっと早くベランダの薔薇の剪定をすべきだったのですが、
ようやく先日済ませまして、秋薔薇が咲くのを楽しみにしております。

我が家にはピエール・ド・ロンサール ヨハン・シュトラウス クルス・アン・アーフェンの3種あります。
すべてピンクです。
薔薇歴はようやく7年になりますが、自己流なのであまりたくさん咲いてくれません。
本は色々読むのですが、やはりその道のプロの方に習いたいものです。

さて、今日は薔薇のアンティーク・ポストカードをお店ページにアップしました。
お花はわりと何でも好きですが、薔薇はピンクのものが多いのと
香りが良いこともあって、一番好きかもしれません。


XDP1137-20160923
XDP1136-20160923
XDP1135-20160923
XDP1134-20160923
XDP1133-20160923
XDP1132-20160923


ポストカード>花  http://www.maisonvivienne.com/SHOP/229285/229687/list.html


下の三枚は、エンボス加工してある膨らんだところに
シルクタッチの布を貼ってあり、薔薇がぷっくりと膨らんでします。
昔はメールという手段がなかったので(私の若い時にもありませんでしたが・・・)
ポストカードにありったけの趣向と想いを込めて送ったものでした。
(*シルクタッチの3枚はSOLDOUT 16/9/28)

裏面の筆跡も見事なものが多いです。
是非額装してお楽しみくださいね。



メゾン・ヴィヴィエンヌ店主



メールマガジンのご登録は コチラ からどうぞ♪






↓ ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。



透過ロゴ


昨日は天候が読めない中『迎賓館』内覧に行ってきました!

小学校の社会科見学だったと思いますが、
国会議事堂や迎賓館に連れて行っていただいたことはあるのですが
迎賓館はついこの間まで「門の外からしか見られない場所」と思っていたのに
「予約すれば観覧できる場所」になったのです!

アメブロのほうで繋がっている方が以前レポートされていて、
絶対行きたいなあ・・・と思って、7月に観覧申し込みをしておいて、
ようやく昨日その日がやって参りました♪

パンフレットの「迎賓館設立の沿革」から概要を抜粋しますね。

”迎賓館のある場所はかつて紀州徳川家の江戸中屋敷があったところで、
洋風の東宮御所として明治32年(1899年)に着工し
10年の歳月をかけて明治42年(1909年)に赤坂離宮が完成しました。

建物の構造は鉄骨補強煉瓦作りで、
日本における唯一のネオバロック様式の西洋風宮殿建築です。
この建物は、昭和天皇は今上天皇が一時期お住まいになった以外、
東宮御所としてあまり使用されることはなく、
戦後は建物・敷地とともに国に移管され、国立国会図書館、内閣法制局、
東京オリンピック組織委員会など国会及び行政の機関に使用されていました。

戦後数十年経ち、外国の賓客を迎える機会が多くなってきたことにより、
昭和43年(1968年)から5年有余の歳月と108億円の経費をかけて行われ、
昭和49年(1974年)に現在の迎賓館赤坂離宮が完成しました。

開館以来、世界各国の国王・大統領・首相などの国賓、公賓がこの迎賓館に宿泊し、
首脳会談・晩餐会・重要な国際会議など華々しい外交活動の舞台となっており、
本館など創建当時の建造物が国宝に指定されています。”



現在も様々な外交活動などに使用されているため、いつでも見学できるわけではありません。
観覧ご希望の方はHPで日程や申し込み方法をよくチェックなさってくださいね。



DSC_1553

本館正面。 
台風が温帯低気圧に変わり、雨が上がっていたので決行しましたが、
見学を終えたらポツポツと雨が・・・ ササっと撮りました。

内部は撮影禁止なので、パンフレットの画像をお借りしますね。

scan057


パッと見たらヴェルサイユやシェーンブルン宮殿みたいですよね!!
こんな場所が身近にあったなんて・・・。
室内の装飾はナポレオン1世の帝政時代を中心にフランスで流行したアンピール様式。
壁は創建以来一度だけ塗りなおされたとのことですが、白くてピカピカ。
金色の装飾は・・・真鍮ではなくて金箔で、3回くらい貼りなおされているとか。
貼りなおされた時期により、多少くすみかたが違う感じです。
(経た年月の違いにもよりますが、金箔を何枚重ねたかにもよるそう)
個人的には、ピカピカ過ぎるよりも少しくすんでいたほうが重厚感があって好きです。


scan059

中央階段。
残念ながらこのイタリア産大理石(壁面はフランス産大理石)の階段は通行できません・・・


scan060

こちらの広間は天井画が描かれ、欄間にはフランス製のゴブラン織風綴織が。
また、壁面に30枚もの楕円形の七宝
(壁の、下から3分の1くらいの位置に丸いものが見えますね)
が飾られていますが、この、様々な鳥と花をモチーフにした七宝の、それは見事なこと・・・
ちなみに天井画はフランス人画家の作・シャンデリアはフランス製で、
部屋の装飾はアンリ2世様式だとか。(在位1547-1559年。ずいぶん古い様式ですね)

scan061

謡曲「羽衣」の景趣を描いた天井画に由来するそうですが、
水色の空の中に浮かぶ雲・・・といった趣でした。
室内はフランス18世紀末の古典主義様式だとか。(ルイ16世様式)

scan062

周囲の円柱はノルウェー産大理石、
壁にところどころあしらわれた緑色の織物は今日と西陣の金華山織だそう。
床に敷かれた桜花を織り出した緞通はくるくると巻かれ、
観覧者が上を歩かないよう保護されていました。
こちらも室内はフランス18世紀末の古典主義様式で、
フランスから輸入したクリスタルガラスのシャンデリアが吊るされています。


フランスの宮殿と違うのは、お部屋によって様々な時代の様式を見られること。
あと、日本独自の意匠を随所に見られるところです。
よく見ると鎧兜のモチーフが見られたり、前述の七宝は日本画が元になっていたり、
西陣織・金華山織が使われていたり。
当時の超一流の建築家や工芸家を集めた、本当に素晴らしい建物で、
これなら世界のどの賓客をお招きしても恥ずかしくありません。
純粋に和の空間ももちろん世界に誇れるものなのですが、
西洋人は「椅子がない」ところに長く居られませんしね^^;

あと、メンテナンスの良さに驚きました。
これはほとんど一般開放して来なかったことに由来するのかもしれませんが
それにしてもどこもかしこもキチっとしていました。
唯一「あれ?」と思ったのが、お友達とも意見が一致しましたが
「廊下の窓に掛かっているレースのカーテンがすごく安っぽい」ことでした^^;






メゾン・ヴィヴィエンヌ店主



メールマガジンのご登録は コチラ からどうぞ♪






↓ ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。



透過ロゴ


こんばんは!

前回「バカンス終了」などというタイトルをつけておきながら
また週末畑に行ってしまいました・・・
体力続かないので、夫ひとりで行ってもらう予定だったのですが・・・。

同じところに通い詰めるのはパリとニースと鎌倉くらいで
他は季節の移り変わりを見たことがなかったのですが
少し間があいただけで実る作物が変わるので景色も変わるのですよね。
今回は、りんごやラ・フランス、稲がもうすぐ実るところを見てきまして
改めて「四季」のある国に住まうありがたみを感じました。

DSC_1509

たわわに実るラ・フランス。
実がなっているところを見るのは初めてです。

DSC_1510

山形のお友達がこの秋に送ってくださることになっていて、
とても楽しみにしています♪

C20150318_115158

バルボティーヌ皿。
左上のが洋梨ですが、葉っぱが少し違うみたい??
洋梨にも種類がいくつかあるので、違う種類なのかしら。

http://www.maisonvivienne.com/SHOP/C1204.html

DSC_1514

栗もそろそろ弾けてきています。

こういった、豊かな恵みをモチーフにしたアンティークを集めたくなってきました。
栗はまだ持っていなかったと思います。
意識していないと、目に留まらないんですよね・・・
アンティークとの出会いは一期一会なので。

後ろに見えるのはりんご。と、りんご農園の主と夫(見えていませんが)。

農園主は田んぼも宿(泊めていただいています)も観光協会長もやっていて、

議員もやっていたことのあるすごい方なんです。

議員時代の視察でルクセンブルクやフランスにも行ったことがあるとかで、

フランスのりんご(などの果物)をボロクソにおっしゃてました^^;

まあ、日本の果物のレベルが高いのは本当ですけどね。

食べたフランス人はびっくりしますから。

何に? 

店頭に並んだものを買ってすぐ、ものすごく美味しい状態で食べられるようになっていることと

姿かたちの良さ、サっと洗って食べられる綺麗さ、捨てるところの無さに。

DSC_1524


稲穂がこうべを垂れてきています。
稲のある田園風景は、フランス人にとってはものすごーく新鮮なので、喜びますよ。
カマルグの辺りで稲作をしているようですが、まず普通はないですから。
特に、稲刈りを終えたあとに天日干しをしているところがあれば尚良しです。

故郷にこういう風景のある方、
是非お知り合いのフランス人を連れていってあげてくださいね。
(10代などの若者は渋谷のスクランブル交差点のほうが好きかもしれませんが・・・)


メゾン・ヴィヴィエンヌ店主



メールマガジンのご登録は コチラ  からどうぞ♪






↓ ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。



透過ロゴ


9月になりましたね!
なんだか今年は少し秋の訪れが早いような気がします(@東京)。

この夏は珍しくヨーロッパでバカンスをしませんでした。
フランス企業勤めの時は、日本事務所の私まで2週間
(さすがにフランス人のように3週間は無理でした)バカンスをいただけたので
ゆったりフランス滞在を楽しめたのですが
再婚してからも夫が10日くらいは休めるようにしてくれるので
毎年イタリアかスペインに行っていたのですが、今年は国内で過ごしました。

長野の秋山郷その他北信と、四国です。

同じ日本国内でも気候・食べ物共にけっこう違っていて、
すごく興味深いものですね。
どちらも、地元の農家さんや
地元のお友達・地元に転勤していたお友達からお話が聞けたので
更に現地のことがよくわかって
しみじみ自分の国は素晴らしいな~と思いました。

若いころはフランスの何もかもが勝って見えていたのですが・・・
住んでみて・関わってみて・帰国してみると

労働時間が長くバカンスが少なく、家族<仕事 

以外の面では、日本は良いな~と思います。

あと、妊娠出産子育てに関わる費用がフランス並みになると更に良いかな。
フランス人は
「お金がかかるから・・・という理由で子供を産むのを躊躇する人なんていないよ」
と言っていましたし、実際ほとんどかかりません。


さて、長野には夫の地縁がありまして、実は何度も何度も行っています。
しまいには夫、農地を借りてしまったので
世話のために頻繁に通っています。

そこで採れたりいただいたりする野菜やくだものの美味しいこと・・・
4月くらいから体調を崩していましたが、だいぶ元気になった感じです。

フランスでもこのようなプチ田舎生活を体験したことがありますが
その時はあんまり良さがわからなかったのですが
アンティークにかかわっていると自然をモチーフにした作品によく出会いますので
「これがネクタリンの葉っぱかぁ」と、初めて目の前でたわわに実るネクタリンを見て
果物や野菜などをリアルに表現したバルボティーヌ陶器に憧れた
19世紀のパリジャンの気持ちがわかったり?と、この年にして新しい発見が色々とありました。


DSC_0996

DSC_1000

C20150318_115158

このバルボティーヌの中に桃があったと思ったのですが・・・なかったです、思い違いでした^^;
商品ページ→http://www.maisonvivienne.com/SHOP/C1204.html

DSC_0991

ブルーベリー。たくさん採れたので毎日のように生で食べていたら、
パソコン作業での目のショボショボが本当に楽になりました!

DSC_0968

こんなのどかなところに畑を借りています。
トウモロコシ、茄子、トマト、バジル、モロヘイヤ、青じそ、じゃがいも、さといも、枝豆。



DSC_0342

100円の苗が、こんなになっちゃって・・・途方に暮れるほど、まだまだ、採れます。
もうジェノベーゼやカプレーゼは飽きました^^;
何か新しいレシピがあったら教えてください・・・

DSC_1341

これ、バジルの「幹」です。ほっそい苗が、こんなになってしまって・・・

DSC_1361

米茄子、長茄子、丸茄子。毎日食べてます。

DSC_1363

とうもろこしも、こんなにあっても・・・、
そういえばフランスやイタリアでは、そのまま茹でてかぶりつく食べ方はないみたいです。
植わっているのはたくさん見ますが、缶詰やポレンタ、飼料用かと思われます。
フランスでは、ポタージュにするくらいでしょうか?
とうもろこしレシピも募集させてください・・・


写真の整理が追いつきませんが、おかげさまでエネルギーチャージできましたので
秋山郷の紹介と四国のお話、そして秋の新入荷商品をアップしていかないと。


皆さまはどのような夏休みを過ごされましたか?


こんなに長いのに、最後までお読みくださいましてありがとうございました!



メゾン・ヴィヴィエンヌ店主



メールマガジンのご登録は コチラ からどうぞ♪






↓ ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。



透過ロゴ


このページのトップヘ