フランスアンティーク&ブロカント雑貨 | メゾン・ヴィヴィエンヌのフランスアンティーク物語

フランスアンティーク&ブロカント雑貨ショップ メゾン・ヴィヴィエンヌの店主ブログ

juillet 2016

アンティーク好きな皆さまならきっと「ジゴ袖」を知っていらっしゃることでしょう。


DF001


しばらく前に世田谷美術館で開催された
「ファッション史の愉しみ」展でも紹介されていましたが
(ブログ記事はこちら→”ファッション史の愉しみ展行ってきました”)
1830年代と1890年代にフランス社交界で流行した
「羊の脚のように」膨らんだ袖のことです。



DF001-3



1833年~1922年まで発行されたジュルナル・デ・ドゥモワゼルに掲載された
ジゴ袖のファッションプレート

19世紀をとおして、女性の衣装は大きく分けて5回変化しました。

1820年ごろまでの直線的なシルエット
30年代のロマンティック・スタイル(→この時ジゴ袖が流行る)
40~60年代のクリノリン・スタイル
70~80年代のバッスル・スタイル
90年代のS字型シルエット(再びジゴ袖が流行る)

今の時代もそうですけれど、
ボトムスのシルエットがシュッとおとなしい時は
トップスにボリュームが出ることが多く
ボトムスにボリュームがあるときは(クリノリン・スタイルやバッスル・スタイル)
トップスはスリムだったりするわけですね。

(上下ともピタピタ・ゆるゆるの流行もありますけれど・・・)

このファッションプレートには上半身しか描かれていませんが、
ジゴ袖のときのスカートは朝顔をひっくり返したようなシルエットでした。

DF001-2

ストライプX花柄のとてもお洒落なカルトナージュもこの時代からあったのですね。

刺繍やレースがふんだんにあしらわれたドレス、ため息が出ます・・・


DF001-4

花籠柄のテキスタイルを使い
ピスタチオグリーンのリボンをかけたとってもお洒落なバッグ。
これが、150年~200年ほども前のものだなんて。
パリがファッションの中心というのも頷けます。

色合い(ラデュレみたい)もとてもモダンで素敵。





実際にご覧いただけないのが残念ですが、是非下記リンクよりご来店くださいませ。

商品ページ  ↓

【希少】フランスアンティーク1830年代または1890年代のジゴ袖のファッションプレート



*ファッションの流れに関しての記述は「ファッション史の愉しみ展」図録を参考にさせていただきました






↓ ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。



透過ロゴ


お待たせいたしました!

コラン三姉妹の末子ロール・ノエル(1827~1878)のファッションプレートのご紹介です。
(”ノエル”は結婚後の姓です)

DF002-1


ロール・ノエル ファッションプレート1 


DF003-1


ロール・ノエル ファッションプレート2


DF004-1


ロール・ノエル ファッションプレート3



DNAというのは不思議ですね。
まったく親のそれとは無関係の才能が花開く場合もあれば
コラン三姉妹のように画家であった父親の才能を3人姉妹のすべてが受け継ぐ場合もあるという・・・

上の3点はロール・ノエルの原画による銅版画ファッションプレートです。

すでに長姉エロイーズ・ルロワとアナイス・トゥードゥーズ、そしてアナイスの娘イザベル・トゥードゥーズの版画は1点だけ買付けられましたが(販売済)、ロール・ノエルのものは未発見でした。

買付時は、ここに行けばこんなものが見つかる・・・と見当のつく場合もありますが、そうでない偶然の出会いも多いものです。

ロール・ノエルを見つけられたときは、連れ帰って他の姉妹の作品と一緒に当店でお預かり出来る喜びに胸が躍りました。

この3点はA4くらいの大きさですので、額装してもあまり大げさなサイズにならないので、エントランスやパウダールーム、レストルームなどに飾っていただくのに最適です。


この機会に是非、お姉さんのエロイーズ・ルロワやアナイス・トゥードゥーズの作品もご覧くださいませ。


http://www.maisonvivienne.com/SHOP/160620/229471/list.html








↓ ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。



透過ロゴ


ニースとはご縁がありまして、
今までも何度か行っていますし
友人・知人がいますし
今後も行く予定でしたし
「海外で住みたい街」のトップです。
ニースだけでなく、ニースから日帰りで足をのばせる
あの辺一帯の空気がなんとも好きで落ち着くのです。


パリとその近郊はいまちょっと通過しにくいので
(街中に滞在するのは大して怖くないのですが、空港やターミナル駅を今は通りたくないかも・・)
次回買付はパリの空港を通らない便でニースに行って
その近郊をまわって買付しようと思っていたところでした。


買付以外に毎年夫と行っていたヨーロッパ旅行も夫の意向で今年は無しです。


気になっていた友人・知人の無事は確認できました。
ニース在住の知人はIT関係なので、いち早くFACEBOOKに無事のサインを出していました。
もうひとり安否が気になったのはとても大切な友人で、
普段はコルシカに住んでいますが時々実家に近いニースに行きますし
ニース旧港近くのアパルトマンに時々行くようだったので
すごく気になっていました。


でも、今はコルシカではバカンスシーズンなので
本業が忙しくて(シャンブル・ドットを経営しています)
ずっとコルシカにいるので無事のようでした。
ニースに居たところで、海岸に花火を見に行きそうな人ではないけれど・・・


DSC01118
(2006年夏に要塞の上から撮ったBAIE DES ANGES 天使の湾 の写真を見つけました 私の愛する、こんな平和な場所で・・・絶句です)

プロムナード・デ・ザングレとその近辺には
ホテル・ネグレスコを始めとした大小のホテルが並んでいて、
世界中から観光客が訪れます。
ちょっと、夕涼みがてら歩いて行ってみようか。という感じで
気軽に花火見物に出かけたニースに初めて来た観光客がたくさんいたと思います。
とてもリラックスした雰囲気の、素敵なところですので
あんな場所でそんなことがまさか・・と皆さん無防備だったに違いありません。
アラブの富豪もたくさん訪れるニースですので
イスラム教徒も犠牲者に含まれるのではないでしょうか。

DSC01008
(海岸からプロムナード・デ・ザングレ方向を見たところ)


悪い連鎖が続いていて、先行き不透明な世の中になりましたね。
少し前まではこんな物騒な世の中ではなかったのに・・・
日本でも変な事件が多発しています。
物を大切にしない世の中になって久しいですが(アンティーク屋としては困ったことです)
人を大切にしない一般人がこんなに出没して、本当にどうしたものやら・・・


この機会に南仏の写真がいろいろ出てきましたので、
ニースやその近郊については近々また記事にしようと思います。
今日も日本は暑くなりそうですが、どうぞ皆さまご自愛くださいませ。



>






↓ ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。



透過ロゴ


とっても楽しみにしていたトワル・ド・ジュイ展に行って参りました!

国内は作品の撮影も模写もダメですので、写真つきレポが難しいですが
ミュージアムショップで買った図録やポストカードで少しご紹介させていただきますね。

image

トワル・ド・ジュイは、17世紀後半にヨーロッパや日本にもたらされた「インド更紗」を起源としています。
それまでテキスタイルと言えばシルクやウールなどの織物でしたので、
気軽にお洗濯出来るコットンプリントのインド更紗はフランスでも大人気となりました。

でも、あまりの人気ゆえ伝統的なテキスタイル業者からの反感を買い、
1686年にはインド更紗の輸入・製造・着用さえもが禁止されることになりました。

禁止令が解かれたのは73年も後になってからで、
更紗生産を復活させるためにドイツ出身のプリント技師オーベルカンプがフランスに招かれ、
ヴェルサイユ近郊の村ジュイ=アン=ジョザスの地に西洋更紗の工場を設立します。
(どこかで聞いた名前・・・と思われる方も多いかもしれません。
彼の名前はパリのメトロの駅名になっているのです。)

まずオーベルカンプが力を入れたのは、インド更紗の手法を踏襲した木版プリントでした。
カラフルでエキゾチックな色合い、草花や鳥、南国の果物モチーフが特徴です。


image


image

とぼけた表情のトリさんたちの可愛らしいこと。


image


その後1770年から本格的に生産を開始した銅版プリントのほうが
いまでは一般的な「トワル・ド・ジュイ」の代名詞となっています。
これはプリントのデザインを引き受けたジャン=バティスト・ユエの
繊細で生き生きとした筆致によるところが大きいのでしょう。

たくさんのオリジナルの銅板プリントが展示されていましたが、
素晴らしいロココの絵画を見ているようでうっとりさせられます。

ユエは動物画を得意としたということで、牛や羊、ニワトリ、鴨など
様々な動物が生き生きと描かれているのですが、
なんとも幸福そうな田園風景なのです。
(上の写真は有名な「四季の喜び」)

image

これは「バロン・ド・ゴネス」という有名なトワル・ド・ジュイですが
とってもユーモラスなのです!
ゴネス村に気球が落ちてしまうのですが、気球を見たことのない村人たちが
武器をもって寄ってたかって気球を攻撃しているのです^^


これらの素晴らしいトワル(布地)が
ヴェルサイユ宮殿の貴族たちをも熱中させたのも頷けますが、
王妃マリー・アントワネットもシルクの仰々しいドレスより
コットンの簡素なドレスを普段は着ていたということで、
そのドレスの断片が残っています。
彼女の好きそうな、赤やピンクを中心としたお花の入った籠とリボン、
そして鳥のモチーフでした。

オリジンとなった見事なインド更紗もたくさん展示してあり、
流れがわかるようになっています。
是非7月31日までに足を運んでみてください!



*一つ気になった点がありました。
展示パネルにも「アントワネット」「アントワネット」と書いてあるのですが
王妃マリー=アントワネットは「マリー=アントワネットで一つの名前なのであって」
マリーでもアントワネットでもありませんし
また母親のマリア・デレジアを「テレジア」と略す人はいません。
ジャン=ポール ・エヴァン氏に「ポール!」と呼んでも振り向いてもらえないのと同じです。
昔、ジャン=ピエールという友達がいましたが、ジャンでもピエールでもなくて
ジャン=ピエールだから!と釘を刺されました。
影で勝手に「ジャンピ」と呼んでいましたが^^;
ともあれ、一般人が「キムタク」みたいに略しているのとは違うのですから
展示パネルはきちんと公式な名前で書いて欲しいと思いました。









↓ ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。



透過ロゴ


暑いですね・・・。

先週末くらいからエアコンを使っていますが、なんと月曜の雷雨で(?)ダイニングのエアコンが壊れました!

ハイシーズンだとなかなか修理に来ていただけないのでどうなることかと思いましたら、案外すんなり予約が取れまして、さきほどシャープさんが来てくださいました。

若くて礼儀正しくてしっかりした感じの方がいらっしゃいました。
診断と室外機の基盤交換をサッサと済ませ、お会計はカードリーダー持参して下さりカード決済。
来訪から1時間も経たずにお帰りになりました。
直射日光の降り注ぐテラスでの大汗をかきながらの作業、お気の毒に思い
お茶やタオルの差し入れを申し出たのですが丁重にご遠慮され、なんと礼儀正しい若者だろうと感動致しました。



DSC_0321




フランスだと・・・!

まず、私は日常会話は出来ますが、エアコン設備の専門用語を使っての会話は自信がありません・・・

Ça ne marche plus depuis tout à l'heure mais je sais pas pourquoi...
(どうしてかわかりませんが、さっきから動かないんですよ) 
くらいしか言えない気がします。

出来たとしても、どっちみちなかなか来てくれません。
ランデヴはけっこう先になります。
来てくれても時間とおりにやってきません・・・
バカンス時期だと「担当が3週間いないから」と平気で後回しにされます。

私もフランスに本社のある会社に居ましたので、
「だって実際担当者が居ないからどうにもならない」という事情はわかるし
住んでいれば慣れて(諦めて?)くるのですけどね・・・
それだからか?フランス人は自分で色々DIYが出来る人が多いし
DIYショップに行くと驚くばかりの部品の数々が売っていますが
さすがに電気関係の資格を持っていないと、
エアコンの故障原因究明と基盤交換は出来ないのではないかしら・・・

私のフランス人の友人でこんなことまでしちゃう人はいますが・・・↓

P1010009

P1010177



ところで、修理の方が感じのいい方だったので質問もしてみました。

私「除湿のほうが好きなのでよく使うのですけど、除湿のほうが電気代高いって本当ですか?」
シャープ「弊社の場合は冷房も除湿も同じシステムなので電気代は同じなんですよ」

安心しました!

フランスやイタリアに行ったことのある方はご存知かと思いますが、
この辛い暑さは「湿度」のせいなんですよね。
「湿度」が低ければ、温度が30度超えでも案外過ごしやすかったりします。
逆に、冷房で室温だけ下げても湿度がそのままだと、
なんとなくジトーと不快なんです。(冷房で湿度もある程度下がってくれますが)

フランスやイタリア、スペインでは、
ギラギラ暑いなー 、でも日差しはきついけど、汗はダラダラかかないしベトベトはしないな。
日陰に入ると涼しいし・・・と思っているときに、
街のドラッグストアの温度表示を見ると


40℃


を超えていることがあります。

でも、湿度が日本ほど高くないので、服がびっしょりになることもなく過ごせてしまいます。

東京で40℃超えていたら意識が朦朧とするでしょうけれど。


そうは言っても、エアコンが日本ほど普及していないフランス(など)で猛暑にあたってしまった場合、
カフェに入ってもブティックに入っても、スーパーに入っても暑いことがあるので要注意です。
氷の入った冷たい飲み物もそれほど現地の人は求めていないので
キーンと冷たいものになかなかありつけなかったりしますし・・・
ビールでさえちょっとぬるかったり。
冷えていないものしか選択肢になかったり。
冷えているものは別料金だったり。

私が留学していた頃(1997~99年)はパリでエアコンの欲しい日なんて1日しかありませんでした。
その頃からはだいぶ気候も変わってしまっていますが、エアコン事情は悪いままのところも多いです。
(建物のつくりや美観の問題もありますから)

今のところは大丈夫そうですが、もっと暑くなってからバカンスにお出かけになる方、
4つ星以上ですとまず心配ないと思いますが
3つ星以下のホテルですとエアコン完備かどうか気を付けてみてくださいね。








↓ ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。



透過ロゴ


先日初めて行ってみたKOZO AVEDA 銀座東急プラザ店。

古いもの大好きですが、新しいスポットもけっこう好きでして。


image

お席のミラーがとても大きく、また天井もとても高いのですが
ミラーを窓に見立ててとても素敵なカーテンがあしらわれていました。
照明がアンティークっぽくて素敵。
(アンティークだったらもっと素敵ですが、希望する数量を入手できるとは限らないですし・・・)
壁紙も。
この、唐草模様やアラベスク模様、アカンサス模様に私とっても弱いです(笑)

image

パウダールームからお席を見たところ。
ポッと灯るまあるい照明がかわいいです。
模様の施された純白な扉の上のスペースに嵌め込まれたアイアンが、これまた好みです。

image

レストルームは更にすっきりモダンな感じ。

image

パウダールームが奥まったところにあり、ゆっくりとお化粧直しさせていただけました。
洗面ボウルと蛇口にもこだわりを感じます。
お湯とお水を別々の蛇口をひねることって、もう少なくなっていますよね。
でもやっぱり美しいものは美しい・・・
昨今は高級ホテルでも無機質で簡素でモダンな作りで少し寂しいですから
こういうデコラティブな小道具を見るとなんだかほっとします。





↓ ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。



透過ロゴ


とってもレアな、タルティーヌ用バターナイフ。

なかなかこれについての資料がないのですが、それだけレアなのだと思います。

買付って、ご縁のあるときは本当にそればかりご縁があるのですが、前回の買付では3か所でこのT字型のタルティーヌ用バターナイフとご縁がありまして、こうして皆さまにご紹介出来ております。


86-DSC_0928

潮干狩りをしている男の子の柄。
なぜに潮干狩りなのでしょう・・・

88-DSC_0930


71-DSC_0913

ニワトリとひよこの柄。トリさん関係は根強いコレクターがいらっしゃいます。

上記2点の商品ページ→ http://www.maisonvivienne.com/SHOP/D1026.html


D60

なんとクリストフルもこの形のバターナイフを出しています!

私は初めてお目にかかりました。

http://www.maisonvivienne.com/SHOP/D1023.html


52-DSC_0894


こちらは、どこのブランドというわけではないのですが優雅な曲線が気に入って店主の物になりました^^;
90 の刻印があるので925より少し純度の低い純銀です。


63-DSC_0905

アールヌーボー的曲線が素敵なこちらはHPにアップしています。


http://www.maisonvivienne.com/SHOP/D1025.html


今後なかなか見つけられないであろうT字型のバターナイフ。
是非この機会にご覧くださいませ。







↓ ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。



透過ロゴ


このページのトップヘ