フランスアンティーク&ブロカント雑貨 | メゾン・ヴィヴィエンヌのフランスアンティーク物語

フランスアンティーク&ブロカント雑貨ショップ メゾン・ヴィヴィエンヌの店主ブログ

juin 2016

とっても可愛い、ロワール地方の伝統菓子「クレーム・ダンジュ」を作るための穴あき陶器がHPにアップした途端売れてしまって驚きました。

2-DSC_0842


当店のお品物は「どうしても〇〇が欲しい!」と探しに探した末にたどり着いて下さることが多く、そうやってお客様がこだわり商品を探している時と商品アップされた時がリンクすることはまさに「一期一会」なのです。


Aさま よくぞ見つけてくださいました。


この商品はそれぞれ違う市で合計4つ買付てきたのですが、1つはちょっとヒビが入っているのを口実に店主のものとなりましたので(笑)3つ在庫があるのですが、手作りなのでひとつひとつ違うため、「在庫3」でHPに出すのではなく、1個売れたら1個また出す形式にするつもりで準備したので、次の写真をアップするまで少しの間在庫切れしていますが、今日中にUP出来ると思います。お待ちください。
(残りの2個は初回販売分よりサイズも買付価格もUPしているため、少々お値段上がります)


*お待たせしました、「クレーム・ダンジュ用ハート型穴あき陶器」再入荷しました。

商品ページは こちら からどうぞ。


これは、Cremêt d’Anjou (クレメ・ダンジュ)というロワール地方の伝統菓子(注:”クレーム・ダンジュ”のほうが日本でよく使われている言葉のようなのでそちらをタイトルにしました)を作るための穴あき陶器です。


f6cd9b46800c7ae7172ce286bca78b5a
(画像はpinterestからお借りしました)


このお菓子自体は100年ほどの歴史があるそうで、この陶器が盛んに手作りで作られたのもその頃ではないかと思います。1個1個手で作られているので一つとして同じものがなく、どれもとても可愛らしいのです。

そういえば、フランス人の元夫が作ってくれたことがありました。
ベースは生クリーム+卵白+フロマージュ・ブランで、ベリー類のソースを掛けていただきます。
シンプルながら飽きのこないとっても美味しいデザートです。
久々に、また食べたくなりました。

まわしものではないのですが、たまたまご近所のPLATINOというパティスリーの名物がこのデザートで、「アンジュ」という名前で販売しています。けっこう有名なお店です。

https://www.platino.jp/shopping/anju/index_reizou.html

お取り寄せも出来るそうですよ。ハート型ではないですが・・・。

作ろうか・・・買ってしまおうか・・・悩むところです^^;




 



↓ ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。



透過ロゴ


EU離脱がほぼ確実のようです。
リアルタイムで票数や為替の動きを見ていますが、ユーロどんどん下がっています・・・(ドルも株価もですが)

フランス人と結婚していたこともあり、毎年のようにフランスに行くこともあり、ユーロは常に外貨預金で持っていますが、2006~8年ごろ1€140~165円くらいで買った分を円に戻せないままずっと保有しています。。。

10年もののユーロの塩漬けです><

前は三菱東京UFJで取引していましたが、手数料の安さにつられてソニー銀行にしたのですが、三菱東京では外貨で受け取ることが出来たのに(国内だけだったかしら・・・10年以上前の話です)ソニー銀行はそれが出来ず円貨に替えないといけなかったので、塩漬けにせざるを得なかったのです。

が!

今日どんどんユーロが下がっていき、離脱派が買ったらますますユーロが・・・と思って絶望的な気持ちで久々にソニー銀行の口座にログインしましたら。

塩漬け外貨を海外で現地通貨で引き出せるカードが今はあるではないですか。

再婚してから氏名や住所変更をしていなかったので、数日かけてその手続きを先にしないといけないのですぐにはそのカードを入手できませんが、そのカードが手に入れば現地で塩漬けユーロを引出して買付資金に充てられます♪

なんと嬉しいことでしょう~♪

もし同じようにソニー銀行で塩漬けになっていて忘れていた方(そんなボヤっとしている人はあまりいないでしょうか・・・)、HPで確認してみてくださいね^^



メゾン・ヴィヴィエンヌ でした。



                       
                  
                      

                                                                                  
 
 アンティークサーチ
   



 
                           




軽井沢星野リゾート ハルニレテラス内のフレンチインテリアショップ「セリンガ」に
沢山の商品を追加致しました。

追加商品はシルバーや真鍮の家具装飾が多いのですが、
レースも色んな種類を追加しました。

DSC_0834


D3

レースはよく売れるので、長さのあるレースを思い切って1mにカットしてたくさん袋を作り、
トリさんレース柄のマスキングテープで留めてみました。
マシンメイド、手織り、両方ありますが、マシンメイドとわかっているものには
「M」と書いておきました。

是非お手にとって・・・と言いたいところですが、封をあけることは出来ません・・・
やはり、不特定多数のお客様に触っていただいていると、どうしても激しく傷んでしまうそうなのです。
数日間で終わるアンティークフェアでしたら、出せることもあるのですが・・・
高価で希少なものはやはり、次の持ち主さまの手に渡るまできれいに保つということも
私の使命のうちだと思うので・・・

その代り、銀製品や真鍮製品は存分に触っていただけますので、
別荘や観光にお越しの際には是非お立ち寄りくださいませ。


「セリンガ」  → http://www.hoshino-area.jp/seringa/


メゾン・ヴィヴィエンヌ(フランスアンティーク&ブロカント雑貨のお店)






とても楽しみにしていた展覧会が明日から始まります!


o0800042013667099450


場所は東京・渋谷のBunkamuraザ・ミュージアム。

フランスのトワル・ド・ジュイ美術館の協力を得た、国内初の本格的なトワル・ド・ジュイ展だとか。


トワル・ド・ジュイとの出会いは、フランスから帰国した直後に働いていた会社でした。

当時の本来の職務はフランスの食品の輸入事務・営業事務でしたが、併設していたフレンチカントリーショップの店員が平日休みだったため、週に一度だけそのショップの店員も兼務していたのです。
そこで扱っていたトワル・ド・ジュイたちの素敵だったこと。
そこでは、好きな布を選んでチェアやカーテンをセミオーダーすることが出来ました。
(注:もうお店は存在しないようです)
私はいくつかの布地からテーブルクロスを作っただけでしたが、好きな柄の布で好きな形のチェアを作れるって素敵ですよね。

さて。このトワル・ド・ジュイは、王妃マリー・アントワネットにもとても愛されました。
彼女はヴェルサイユ宮殿の離宮プチ・トリアノンやアモー(田舎家)で田舎娘に扮して過ごすことが好きだったと言われていますが、そういうシーンで着やすいドレスを誂えるのにトワル・ド・ジュイはぴったりだったのでしょう。
彼女の着用していたトワル・ド・ジュイのドレスの断片も今回展示されているのだとか。


丁寧に作られた手仕事の作品が好きな方、エレガントなファッションの好きな方、マリー・アントワネットが好きな方、是非機会があったら観にいらしてください。

7月31日までと案外短いので、私も早めに訪れたいと思います。


展覧会概要リンク(とっても充実しています!是非読んでみてください)
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/16_toiledejouy/

メゾン・ヴィヴィエンヌ(フランスアンティーク&ブロカント雑貨のお店)




とうにお店ページにはアップしたのに、ブログに書くのを忘れていました・・・
商売っ気に欠けるMaisonVivienne店主です・・・

レースは奥が深すぎるので、今度詳しい本(フランス語^^;)を買って勉強しようと思っております。
アンティーク・マーケットでは、ディーラーの方から色々教えていただくのですが、すべてを記憶しておけず・・・他のお客様もいらっしゃるので、メモを取りながらレクチャーしていただくわけにもいかないので。

前にどなたかがご紹介されていた、レースの写真が沢山載った本を、「これ絶対買わなきゃ!」と思っていたのですが、いつの間にかどの本だったかわからなくなってしまいました・・・。何でもそうですが、思い立った時に買わないといけませんね。


特に、本とアンティークは「一期一会」の出会いです。


さて。とっても繊細な、おそらく手織りのレースたちをご紹介します。

(商品ページはこちらです→http://www.maisonvivienne.com/SHOP/169167/229490/list.html

DSC_0604-20160519

DSC_0613-20160519

DSC_0620-20160519

DSC_0623-20160519

DSC_0626-20160519

DSC_0630-20160519



ここから下のはマシンメイドということがわかっています。
マシンメイドとはいえ、100年近く昔の品。味わい深いです。
薄いパウダーピンクがとっても可憐なレース。


antiquelace022121

細くて可憐な白いレース。

antiquelace022117

マシンメイドのカレ・レース。

antiquelace022116

そのほか、とても貴重なアンティーク・ヴァランシエンヌ・レースなどもありますので、
是非ご来店くださいね。


http://www.maisonvivienne.com/SHOP/169167/229490/list.html

このページのトップヘ