フランスアンティーク&ブロカント雑貨 | メゾン・ヴィヴィエンヌのフランスアンティーク物語

フランスアンティーク&ブロカント雑貨ショップ メゾン・ヴィヴィエンヌの店主ブログ

mars 2016

こんにちは。

 

前にご紹介した、タイトルの展覧会に週末行って参りました。

 

4月10日までですのでまだ間に合いますし、砧公園の中にあるので、もう少ししたらお花見も楽しめますよ桜

 

館内に入ったら撮影不可になるので、どんな展覧会だったかのご紹介は購入した図録で・・・

 

 

94acf87e.jpg

 

この図録がまた素敵な装丁で桜

 

5f376711.jpg

 

ファッションプレートの掲載だけでなく、ファッション史まで説明してあります。

 

展示品があまりにも豊富だったからか、すべては載せきれていない感じなのですが

 

31bee8e6.jpg

 

このような当時の衣装が30体くらいありまして間近で見られて圧巻でした。

 

そして、とにかくファッションプレートが沢山展示されています。

 

革命の混乱が落ち着き始めたころに創刊された「ジュルナル・デ・ダム・エ・デ・モード」(1797年)が元祖なのですが、この頃~1820年代までの黎明期はストレートなシルエットのドレス。ナポレオン妃ジョゼフィーヌの頃に流行った「エンパイア・スタイル」に繋がっていきます。

 

1830年代は「ロマンティック・スタイル」。またウエストを強調するようなスタイルの復活とともに、ものすごく膨らんだ袖(羊のもも肉みたいに)のジゴ袖が流行します。

 

1840-60年代は、鋼鉄の針金をつなげて籠状にしたアンダースカートでスカートを膨らませる、クリノリン・スタイル。この時期は、産業革命が浸透したことによる織物生産の向上、染色技術の発達、ミシンの実用化などで、大量の布地を使うこのスタイルの流行が可能になったのだとか。

 

da695570.jpg

 

1870-80年代は、腰の後ろにボリュームを持たせたバスル・スタイルが流行します。

お店でもご用意があるのが、このあたりの時代のファッションプレート。

 

【メゾン・ヴィヴィエンヌ  アンティークプリント>ファッションプレート】

 

いまショップ在庫は少なくなっておりますが、まだアップしていない作品がけっこうあります。

31日までのセール後に順次アップしますが、ご興味がございましたらお問い合わせください。

 

1890年代にはスカートの腰の後ろの膨らみは消え、釣り鐘型のスカートになり、ジゴ袖がまた復活します。

 

 

20世紀に入ると女性のファッションはがらりと変わります。

1920年代のジョルジュ・バルビエの作品が豊富でした。

 

f0245144.jpg

 

 

4c6d6ccc.jpg

 

鹿鳴館時代の洋装も紹介されています。顔は浮世絵ですね^^

 

 

 

こちらで勝手に色々掲載しては申し訳ないのでほんの少しのご紹介となりましたが、ファッション史にご興味のある方は是非いらしてみてくださいね。

渋谷から田園都市線に15分も乗車すれば用賀駅に到着します。

そこから徒歩15~20分ほどです。

 

世田谷美術館 開催中の企画展「ファッション史の愉しみ」(~4月10日) (企画展が終わったらリンク切れすると思います)

 

本日もご訪問くださいましてありがとうございました。

 

よいお天気ですね。どうぞ穏やかな日をお過ごしくださいませ。

 

ごきげんよう♪

 

 

 

 

 


31日までオープン2周年記念につき全品20%オフ&送料無料!


と大変お得ですので、是非この機会をお見逃しなくご来店くださいませ。

 

(*20%オフはメルマガ会員登録 ラブレターしてくださったお客様にクーポンコードをお送りしています!)

 

 

 


こんばんは!



桜がちらほらほころんで来ましたね♪


昨日、今日と冬の寒さですがもう少しで春本番かと思うと嬉しいですよねラブラブ


さて、今月はアニバーサリーがいろいろあってスイーツを戴く機会が多かったのですが


中でもお勧めなのがこちらですダウン




031e330a.jpg



あ これはお箱です。


箱をあけますと・・・





f1978486.jpg


マカロン5個セット音譜



左から、抹茶&ラズベリーのコンフィチュール チョコラ シトロン ラズベリー キャラメル・サレ 



あと5種類あるらしいのですが、夫はとりあえず5種類だけ買ってみたそう。


夫はいままでマカロンを美味しいと思ったことがないらしく、


私はマカロン大好きなのにホワイト・デーで買ってもらったことがなかったんですよね。


でも、「マカロン買ってよ~」 と言ったわけではないのですが、


うちは二人ともブタぶーぶーさんが大好きなので、箱につられて買ってみたのだとか。




どちらのマカロンかと言うと、



パティスリー リョウラ(Ryoura)  (世田谷区 用賀)



何度もご紹介して回し者みたいですが、ご近所でこんなにレベルの高い


フランスのパティスリーが買えるのが嬉しくてうれしくて。




こないだは、春限定?のこんな素敵なケーキを夫が買って来ました。




df6fa7b2.jpg



食べる前にパパっと撮ったので雑ですみません・・・



「何か、ピエール・エルメに似てるわ。パクリ??」


なんて思ったら・・・



ピエール・エルメのス・シェフ(ス=SOUS というのは 副 という意味です)だった方が


オープンしたお店だからみたいです。


ですので、マカロンもものすご~~~~くしっとりして味が濃くて美味なのでした。


(間に挟んである中身にとても存在感があるのです)


前述のマカロン嫌いの夫も


「初めてマカロンが旨いと思った。」


と言っていました!


さすがピエール・エルメ仕込みです。


(私はスイーツそんなにいただかないのですが


ピエール・エルメとジャン=ポール・エヴァンはものすごく上質な素材の味がするので好きです)



お近くにご用事の有る方はぜひぜひ。




また、横浜方面のお友達からお持たせをいただきまして、


こちらも絶品でした!!





f37dcd26.jpg


上質な素材で丁寧に作られた味がします。


甘さ控えめではなく、しっかり甘いのもまた良いです。


エスプレッソにとてもよく合います音譜


こちらは横浜市港北区の北山田にあるYuji Ajiki のものです。


横浜ロイヤルパークホテル、自由が丘のモンサンクレール(ここも絶品!!) 、


たまプラーザのデフェール(ここもまあまあ)を経てご自分のお店を持たれたとか。


もちろんフランスでも修行していらっしゃいます。




都心ではなくちょっと郊外にあるパティスリーというのは


スタイリッシュで独創的なお菓子だけでなく、


昔ながらのシュークリームやショートケーキも用意があって


地元の子供さんやおばあちゃんたちにも親しまれている感じが


ほのぼのしていていいですね。




昨日は暖かでしたね。


家から歩いてすぐの馬事公苑では染井吉野もちょっと開花。大島桜は2分咲きでしたよ。


”武蔵野自然林”の散歩道というのがあってそこだけ別世界なのですが、そこでは綺麗な声のうぐいすが。



さて、フランスで春の訪れを感じる行事といえばイースター、つまりキリスト教の祝祭日である復活祭(フランス語でPAQUES=パック)です。



そのイースターの際に親しい人たちの間で交わされていたアンティーク・ポストカードが色々入荷しました!




8d6b9159.jpg



3a2024a1.jpg



303e244f.jpg




復活祭は「移動祝祭日」のひとつで、その年によって日にちが変わるのですが、例年4月に入ってからが多いのでぼやぼやしていたところ、今年は3月27日と少々早めでした。


カーニバル(謝肉祭。ベネツィアのカーニバルやニースのカーニバルに行ってみたいですがなかなか叶いません!)の後(今年は2月9日)、復活祭の前日の土曜までが「四旬節」で、昔のキリスト教徒はこの間、肉食を断っていたそうです。



うっかりしていて商品UPがぎりぎりになってしまいましたが、トリやたまごやかわいい子供でいっぱいのカードたちを是非見にいらしてください♪



【アンティーク・ポストカード   イースター(復活祭) のページへ】




たまたま新商品をUPしようと思っていて色々調べ物をしていたら、同業者様のブログ(3月17日付)に


「昨日はパリ市内で、テロを企てていたと見られる人たちが捕まりました」


と書いてありまして、えっえっ 私知らないわ~と思って検索しましたが、見つかりません・・・



ベルギーの首都ブリュッセルで15日、昨年11月のパリ同時多発攻撃の関連捜査をしていた警官らが発砲を受け、4人が負傷 (ロイター通信)



という記事は見つかりまして、


ああ、当たり前だけど、あれで終わりではないんだ・・・と思いました。


それにしても事前に情報をキャッチして捕まえてくれているのですから


警察や憲兵隊の方々が日々守ってくださっているのですよね・・・感謝です。


(って、現在は在住していませんが)



(*その後、いくつか見つけました!


今日(3月19日)になって  パリ同時テロ、手配中の容疑者をベルギーで逮捕


という大きな記事が。)




あっ セールにかまけて、イースターの記事をUPするのを忘れていました。


今年のイースター(復活祭。フランスではPAQUESと言います。Aの上にアクサン・シルコンフレクスがつきます。)は3月27日。


4月のことが多かったのでうっかりしておりましたが、間もなくなのです。


FACEBOOKでは先にご案内しておりましたが、


トリやタマゴや可愛い女の子たちが登場する可愛いカードがたくさんあります。




ea58b0eb.jpg




まもなくこちらでもご紹介させていただきますね。


31日まで、オープン2周年記念につき


全品20%オフ&送料無料!


と大変お得ですので、是非この機会をお見逃しなくご来店くださいませ。


(*20%オフはメルマガ会員登録 ラブレターしてくださったお客様のみ対象とさせていただきます)




こんにちは!

 

久々のお日さまがとっても気持ちがよいですね。

 

さて昨日はホワイトデーでしたが、我が家はこないだからいたく気に入ってしまっている

 

パティスリー・リョウラ(→ 「地元にパリっぽい素敵なパティスリーが」)のスイーツで

 

バレンタインもホワイトデーも過ごしました。

 

お友達二人にもこちらのテリーヌ・ショコラを差し上げましたが

 

濃厚で美味しかったそうですよ(自分では食べていません・・・)。

 

 

そして、今朝 夫が出掛けて行ったあとのダイニングテーブルを見たら

 

紙袋が載っていたのでプレゼントかと思ったら

 

916c6aca.jpg

 

これは・・・去年と同じく夫の上役の方が下さったものではないですか!

 

私からバレンタインデーに何か差し上げたお返しなどではなく(面識はないので)、

 

すべての部下にお配りしているようで、

 

男性部下の場合には「奥様へ」としていらっしゃるようです。

 

54f422f9.jpg

 

去年この方が下さったのは、薄いピンク(桜の花)のほうだったと思います。

 

濃いピンク(牡丹)はJALの機内で購入したという女友達からの出張土産で、

 

まだこちらを愛用しておりまして、間もなくなくなります。

 

ポーチに入る可愛いサイズですし、パッケージは可愛いしで、

 

プレゼントにぴったりですよね。

 

上役さまありがとうございます。ただ、どう御礼したらよろしいのでしょうか・・キョロキョロ

 

 

 

上の年季の入ったクリームは足のかかと用です。

 

これ、ラベンダーの香りが心地よい上、すごくしっとりします。

 

かかとは、いつもきれいにこすっているのに冬は乾燥でカピカピになるのが悩みでしたが

 

こちらに出会ってから大丈夫になりました。

 

ハンドクリームは手の甲を滑らかにしてくれますが真冬の指先には少し物足りないので、

 

ロートの「極潤」プレミアムヒアルロンオイルジェリー を足します。

 

色々試しましたが、ここまで指先の乾いた感じを無くしてくれるものは無かったです。

 

 

あ・・・昨晩は23時からセールだったのですが、

 

23時になるのを待ち構えてポチっとしてくださったお客様がいらっしゃいました!

 

クーポンコードが数字ではなく英語だったためわかりにくかったようで

 

入力できず?定価の5万円でのお買い上げだったのですが、

 

こちらで金額訂正させていただきました。

 

もしうまく入力出来ない!という場合でも、お知らせくださればこのように

 

金額訂正できます。あきらめずに遠慮なくメールでご連絡くださいませ♪

 

 


メゾン・ヴィヴィエンヌは2年前の3月にオープン致しました!

無事2周年が迎えられたのもひとえに当店の商品をお気に召してくださった

お客様のおかげです。

深~く感謝の気持ちを込めて


「どれでも20%OFFセール」 を実施させていただきます!


*ただし2000円以上お買い上げの場合


ただし、これは既会員様&メルマガ会員様限定となっておりまして、


それでは心苦しいので


すべてのお客様に対しましていくらからでも送料無料」を実施させていただきます♪



全商品20%OFF&送料無料となるこの機会に、


是非「メルマガ会員登録」 をよろしくお願い致しますラブレター


(会員登録していただきますと、数時間後に”20%OFFになるクーポンコード”の入ったメールラブレターをお届け致します)




宝石白セール&送料無料期間宝石白 


2016/03/14 23:00~2016/03/31 23:00
 

本日もご訪問くださいましてありがとうございました!


明日から1週間の元気のために美味しいものを食べて日曜の晩をお過ごしください♪




メゾン・ヴィヴィエンヌには、一足さきに春らしいアンティーク・ポストカードが入荷致しました。



a1c51e30.jpg


フランスアンティーク エイプリルフールのポストカード ”蓮池のポワッソンに乗った可愛いべべたち” 



フランスでも4月1日はエイプリルフールなのですが、なぜか「お魚」さんが登場します。

なぜお魚?というのは諸説あるのだそうですが、あくまでも「説」だそうで、

大変古く(中世以前)からの習慣なので本当の出所はわからなくなっているようです。

ヨーロッパ各地の習慣や宗教が絡み合って出来た習慣でしょうから

「コレ」というひとつの事柄からではないのでしょうね。


こちらの一番上のお魚さん、個人的に一番お気に入りです。

なんだかとってもリアルな艶ととぼけた表情が可愛いのです。


46592e22.jpg


フランスアンティーク エイプリルフールのポストカード ”ポワッソンに乗った可愛いべべ”


お魚と、赤ちゃんや可愛い女の子がセットになっていることも多いです。

英米ではどうかは知らないのですが、フランスではこのようなポストカードを送り合う習慣が20世紀初頭~前半くらいまでありまして、その頃のものが残っています。

ただ、クリスマスほどには為されなかったようで、残っている数も少なめな希少品です。

お店には1900年頃~1925年頃までのものが数点ございます。




0f0678b0.jpg


フランスアンティーク エイプリルフールのポストカード ”1er Avril ”(未使用)


こちらは赤ちゃんたちは登場しませんが、とても美しく枝とお花で1erAvrilが表現されたもの。



現代のフランスでは、お魚の形をしたパイなどがパティスリーで売られたりします。

日本と同じように、子供たち・仲の良い人たちの間でちょっとした嘘をついたり・・・、

お魚の絵を、背中に貼り付けたりとか。

イギリスのように、有力紙の紙面に「まことしやかなジョーク」が掲載される、といったことはなかったと思います。


そういえば最近は私のまわりではエイプリルフールだからといって何かするということ、ないですね~。


バレンタインやハロウィンを大きな商業機会にしてしまった日本ですから

(近年では、1月のガレット・デ・ロワもかなり知られてきましたし!)

お魚の形のパイがあちこちで見かけられる日もやってきそうですね^^

今年、どこかでお見かけになりましたら教えてくださいね。


おはようございます!


3月になりましたね。


3月というともう春の気分ですよね♪


わたくし事ですが、今月は夫・私の誕生日があり、さらに結婚記念日があり(本当はもっと離れた日付にしたかったのですが)、さらにさらに、おかげさまでメゾン・ヴィヴィエンヌ開店2周年を迎えることもありまして、おめでたい月なのです。


そうでなくても新たないのちの芽生えるこの季節、花粉の憂鬱さを吹き飛ばして楽しく過ごしたいものですね音譜



さて、この度、更にお客様に対してサービス出来ることはないかな・・・と考えたところ、ご注文&入金確認後3営業日以内で発送とさせていただいていたのを、2営業日以内の発送と明記させていただくことにしました。


お水や食品と違って「いますぐないと困る!」というタイプの商品ではないのですが、店頭でしたらすぐに手に入れることが出来るのに、ネットだとただでさえタイムタグがある・・・3営業日って、なんでそんなに時間かかるの?と思ってしまいますよね。


いままでも、ご注文が入ったのがわかった時点(カード決済またはお振込み確認が出来た時点)で、土日であっても即!発送準備にかかって発送していたため事実上即日~翌日(1~2日以内)に発送できていましたが、万が一を考えて余裕を持たせた書き方になってしまっていました。



これからも、出来るだけ早く”運命のお品物”をお届けする努力を致しますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。



また、メゾン・ヴィヴィエンヌ開店2周年記念として、既存のお客様で「当店からの連絡可」としていただいたお客様、メルマガ登録していただいたお客様だけに全品○%引クーポンを発行させていただこうと思っております。

まだ「○%」と「期間」は決定しておりませんが(3月中の予定)、是非この機会にメルマガラブレター登録

どうぞリボン


このページのトップヘ