フランスアンティーク&ブロカント雑貨 | メゾン・ヴィヴィエンヌのフランスアンティーク物語

janvier 2016

こんにちは!


連日寒い日が続きますねくしゃみ

体調を崩されていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?


わたくし、免疫力は強いのではないか?と思っていまして、風邪はほぼひかないんです。

ですが、土曜の朝起きたら喉の痛み・頭痛・発熱が・・・ といっても37度5分ですが。


以来、平熱ではありますが完治していません汗

頭が痛かったりするので、お仕事も(ブログも)サボっていました。



滅多に風邪をひかないので看病されることも滅多にないのですが(する側が多いですあせる

こういうときフランス人が作ってくれるのがグロッグ(GROG)


3132ffb7.jpg






*フランスのELLEからお借りしました



フランス人の発明ではないようですが、良い物は柔軟に取り入れてしまうのがフランスのよいところですね。



合格 ラム酒

合格 お湯

合格 レモン汁

合格 はちみつ



フレンチのシェフだったフランス人の元夫   が作ってくれたことがあります。


私は頭痛もちなので、弱ったときのアルコールは頭が痛くなってしまうのでダメなのですが、気持ちは嬉しかったです。(普段飲む分には、いわゆるホットカクテルですのでとっても美味しく飲めますカクテルグラス

もしご興味がありましたらお試しくださいね。


普通にアッサムなどの紅茶を入れて、レモン汁・はちみつ・ほんの少々のラム酒を入れる方もいらっしゃるようです。こちらのほうがもしかしたら飲みやすいかもしれませんね。



夫にも


「風邪にはタマゴ酒って言うよ♪」


と勧められたのですが、アルコールはちょっと・・・、弱ったときにアルコールを飲める方って多いのでしょうか?


それよりも、りんごとかプリンとかゼリーとか、冷たくてサっと食べられるものが有り難かったりします。

私の知っているフランス人はそういう時、ポロねぎやじゃがいもや人参を煮込んだポタージュを作ってくれました。温まるし栄養満点でとても嬉しいですね。





夫(日本男児)は、土曜には魚介のお鍋 日曜にはミートソースを作ってくれまして、しっかり栄養を摂ることが出来ました。

交際中に訪れたマンションは本っ当~に生活感がなくて、だいぶ年上であったこともあって家事能力はまったく期待せずの結婚ですが(私は古風な結婚観みたいで、それはそれで構わなかったです)、食べることはお互い好きなので、一緒に色々作っているうちにいつの間にか彼のレパートリーが増えていたみたいです。


味も美味しかったですよ。

ミートソースにはお正月休みに開けて残っていたモンテプルチアーノワインを入れたそうで、深~い色と味になっていました。


お魚をさばいてくれたり、塊のお肉をいい感じの火加減で焼いてくれたり、不思議と私が苦手な分野のことを好き好んでやってくれるので、うまく役割分担出来ているのかしら。

出来合いのお鍋スープは使わずに、昆布で出汁をとって・・・ いつも私が使っているのを見ているものの、場所はわからなかったみたいで「昆布どこ?」と聞かれましたが。



ではでは、お風邪を召されていらっしゃる方も多いと思いますので、どうぞ温かくして、グロッグを飲んで(?)ゆったりお過ごしくださいね。



フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ   店主:びびあんでした。

                         





                             お店はこちらです


                                 ↓
                         


       


日本ブログ村アンティーク
日本ブログ村アンティーク
アンティークサーチ


facebookボタン

ピンタレスト画像










こんばんは!



フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ 店主びびあんです。




昨日のことなのですが、お湯好きな私が一番気軽にフラっと訪れている「湯けむりの庄」に行っていました。

(田園都市線の宮前平にあります)


昨日は寒くなる予報があったからか、いつもより更に混んでいました~。


岩盤浴着をきて、そこにあった雑誌を手に取って読んでいましたら、面白い記事が。


コラムニストの名前は忘れてしまいましたが、社会学者の男性でした。


要約しますと、



パリで「タクシー配車アプリ」を使ってタクシーに乗車してとても快適だったこと、

それがベルギーでも使えると思ったら、タクシー業界の反発にあって普及していないらしくて使えなくて難儀したこと、

そしてこれから2020年のオリンピックに向けて東京でタクシードライバーさんたちに英語を学習させているらしいが、そんな努力をさせるよりもタクシー配車アプリを使えるようにすることのほうが先ではないか。


そんな内容でした。



私はフランスでは困らないものの、スペインやイタリアでは本当~に困ってしまうので、便利なアプリだわ、次に英仏両方使えない国に行ったら使いたいわ。と思いました。



a7548968.jpg


(*アマルフィのタクシー。タクシーというか、お宿にナポリ空港からのタクシーをお願いしておいたのですが、アマルフィの街中はこの専用タクシーに乗り換えることに)



こちらがその、UBER というサイトです。→ https://www.uber.com/ja/cities/tokyo




東京ではまだ使えない・・・というような記事の内容でしたが、ちゃんとサイトはありましたし、アプリもあるようです。


アプリで出発地と目的地を指定したらGPSで近くを走っている登録車がお迎えにきてくれて、料金もルートもはっきりしているし支払いも登録済みのクレジットカードだからドライバーとの現金やりとりは無し・・・ということなのですが、ふと思ったのが「どんな車が来るの?」でした。



折しも、スキーバスの転落事故によって運行会社の姿勢やドライバーさんたちの管理状況のずさんさが浮き彫りになりましたが、このサイトでは運転者は「公募」しているようです。


もちろん犯罪歴などのチェックはされるそうですが、あいた時間のダブルワークでも構わないみたいですし、自己の車の持ち込みだそうで。

今後、どれだけ安全管理を出来るか?ということが課題になってきそうですが、その点がクリアされたら便利そうですね。



温泉施設のある宮前平の駅に、若くて可愛らしい喪服の女の子(今って、 女の子 って言ってはいけないのかしら・・・?)たちがたくさんいて、あれ?と思ったのですが、すぐに



「あ 事故で亡くなった早大生の・・・」と気づきました。



喪服を着ていた子たちは亡くなった学生さんと同じくらいの年齢なのでしょう、あのくらいの若い子が未来を断たれてしまったというのは本当にいたたまれないですね。



そういうことがあったばかりですので神経質になってしまいますが、せっかくの便利アプリですから、切にドライバーさんや車の”質”対策を期待したいものですね。




今日は東京では雪でした。

全国的にいつもより寒いと思われますので、どうぞ皆さま寒さ対策や転倒対策、万全になさってくださいね。

ごきげんよう♪




フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ 

  びびあん  でした。



       



日本ブログ村アンティーク
日本ブログ村アンティーク
アンティークサーチ


facebookボタン

ピンタレスト画像


こんにちは。


フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ 店主びびあんです。



昨日は世田谷区で毎年12月15~16日と1月15~16日に行われるボロ市に行ってきました!徒歩圏なので毎年のように出かけています。


400年以上の歴史を誇るこのボロ市は、その名の通り「骨董市」「アンティーク市」ではないのです。


なので、素敵なアンティークに出会う確率の高い市ではないのですが、古いものを商うお店もちょこちょこありますし、古いものに興味のない方でも、乾物やお魚(!)、お菓子、キムチなどの食品や、カレンダーや安い手袋・ベルト・ネクタイなどの雑貨などもありますし、食べ物の屋台もたくさん出ているし、妖怪ウォッチのバルーンも売っているし(笑) 何よりものすごい人出なので老いも若きもお祭り気分を楽しめるのです。

何といっても「東京都指定無形民俗文化財」ですから。



f3fcf9bd.jpg



3時間ほど歩き回って、くまなくお店を見ましたが、フランスアンティークのお店は以前より減ってこのお店ともう1店舗くらいしか見ませんでした。

(アメリカの50年代くらいのもののお店や、洋の東西を問わず色々置いているお店はありました)



6317f7f5.jpg



かなり私ごのみの品ぞろえ。

なぜかこの糸巻きボビンに手を伸ばしている方々は、男性が多かったです!



3c8a0106.jpg


プリントは、リプロダクションでした。(数百円で、本物は、現地でも売っていません^^;)

でもこのお店のチョイスはすごく私ごのみです♪

雑然と放り込まれている金具たちの中には、当店にもあるようなコートフックが色々。

また、写真は撮りませんでしたが、ヤドリギのブローチが二つあって、欲しくなりました!(自分でも持っているのに・・・)



adaa0d64.jpg


こちらのお店はフランスとは限らないアンティークっぽい感じ。



739cb71a.jpg


こちらのポストカードを見て驚いたのですが、ネット上の画像を勝手にダウンロードして作ったかのようなとても荒い画像。

本物にこだわらないのであれば別によいかと思いますが、念の為、こういうものも世のなかにはあるということでご注意ください・・・あせる




239a980d.jpg


おそらくドイツの、ビアマグ。

予想だにしない面白いものに出会えるのが、こういった市の面白さですね。

フクロウのは、50センチくらいもあるんですよ。



3b8b2151.jpg


洋もののお店が少ない一方で、和骨董のお店、和食器のお店はちょこちょこあります。

古くない印判ものがけっこうありまして、お手頃価格で買えます。


その一方で、こちらは、私にはよく価値がわからないのですが、破片なのに8000円!

古伊万里だそうです。

コレクターには堪らないのでしょうねキャハハ




7120af45.jpg



こんな感じのすごい人出です!

近いのでたまに通りますが、普段は本当に静かなところなんですよ。


今年はもう終わってしまいましたが、毎年2回開催されますので、是非いずれ行ってみてくださいね。

(歩きやすい靴で・防寒をしっかり・お手洗い対策としてお茶は控えめに・ウエットティッシュ持参 というのが市に行くときのアドバイスです音譜



本日もお立ち寄りくださいましてありがとうございました。


ごきげんよう♪



フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ 

  びびあん  でした。

       


日本ブログ村アンティーク
日本ブログ村アンティーク
アンティークサーチ


facebookボタン

ピンタレスト画像



                                          

          








このページのトップヘ