フランスアンティーク&ブロカント雑貨 | メゾン・ヴィヴィエンヌのフランスアンティーク物語

août 2015




こんにちは!


フランスアンティーク&ブロカント雑貨のメゾン・ヴィヴィエンヌ 店主びびあんです。



さて、そろそろ秋が近づいてきたもようですので、

ネクタイやスカーフ、帽子のアクセサリーとしてピッタリな

エパングル・ア・クラヴァット(3本あります)をアップしようと思ったのですけれど


af993160.jpg


アップしている途中で改めて写真を見てみると、ちょっと写真が遠い・・・

かなりアップで撮らないと魅力が伝わらないな。と思い、

後日改めて明るい日に撮りなおすことにしました汗



ですので、ご紹介は先になってしまうのですが、

エパングルについて2回に分けてお話しようと思います。


このエパングル・ア・クラヴァットというのは直訳すると

ネクタイ・ピン”なのですけれど、エパングルが使われていた頃の”クラヴァット”は
現代のネクタイとはちょっと違うのです。



エパングル・ア・クラヴァットの流行した19世紀のそれは、

アスコット・タイのような、スカーフを折りたたんだような。

いまのものよりも、襟元から見えている表面積が大きいのです。


a340335d.png

ピアース・ブロスナン。エレガントで恰好いいですね!!!

でも彼ではなくクラヴァットピン(エパングル)にご注目ください。


605f06c8.jpg


ダウンこんなふうに着用したりも。(maison de la cravateというネクタイ屋さんより)



07614677.jpg




現代のネクタイですと、こんな風ダウンにエパングルを留めたり。。。


ところでこの方、見覚えありませんか?

そうです、ケイト妃の弟君 ジェームズ・ミドルトン氏です。

かの婚礼に出席したときのファッションだそうですよ。

とっても小さなアクセサリーなのに、エパングル・ア・クラヴァットってとても目を惹いて素敵ですよね!!

日本にも広まったらいいのに・・・




次回は歴史背景のお話にしたいと思います。


本日はこれにて失礼いたします。


皆さまごきげんよう♪ご訪問ありがとうございましたm(_ _)m


フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ      


        
日本ブログ村アンティーク 日本ブログ村アンティーク フランスアンティーク アンティークサーチ


facebookボタン

ピンタレスト画像



                                          

          
  
    





こんにちは、




今日はす~っと涼しくて、このまま秋になってしまうのかと思うと少し寂しく思う、

フランスアンティーク&ブロカント雑貨のメゾン・ヴィヴィエンヌ 店主びびあんです。



バカンス真っ最中のパリでのお話なのですが

パリ好きの皆さまは聞いたことありませんか?

パリのパン屋さんは「あっちもこっちもバカンスで休業!パンが買えない~叫び

ということがないよう、国に休業日を管理され

カルティエ(地区)のどこかには開いているパン屋さんがあるようにされている、という話を。



今年はオランド(私、あんまり好きではありません・・・)政権の規制緩和の一環で、

パン屋さんが自由にバカンスを取れるよう規制を撤廃したとかで、

休業が8月に集中してしまったそうです。


結果、「どこにも開いているパン屋さんがない~~~ビックリマーク」と

パリ市民は大悲鳴をあげているのだとか。



フランス革命の最中から始まったというこの制度。

SankeiBIZにとっても詳しく書いてあったので、

備忘録がてらリンク貼りではなくそのまま転載させていただきますね。




 フランス革命(1789~99年)の前夜、王妃マリー・アントワネット(1755~93年)は、食べるパンがないと民衆がパリでデモ行進を始めると、「パンがないのなら、ケーキを食べたらよろしいのに」と語ったとされる。

 そのパリでこの夏、革命期以来実に225年ぶりにパン不足に見舞われている。

 オランド政権の規制緩和策の一環で、今年から、首都のパン店が自由に夏のバカンスを取れるようになり、8月に休業が集中してしまったためだ。

 一軒もパン店が営業していない地区も多数存在し、日本人が主食のコメにこだわる以上においしい焼きたてのフランスパンに執着するパリっ子たちの不満は、爆発寸前だ。



 ◆1790年から休業管理



 「パリは何というグロテスクな様態をさらしてしまったのでしょう。ある程度の混乱は予想されたが、ここまでひどいとは…」。

 フランスパンに関するブログを立ち上げているレミ・エリュインさんは仏メディアにこう語った。



 パリでは昨夏まで、約1100軒あるパン店のうち約600軒が、市当局によるバカンス取得管理の対象店になっていた。市当局が7月と8月に2~3週間の休業をこれらの店に、年ごとのローテーションで強制的に割り振っていたのだ。

 どの地区でも常時、半数以上のパン店が営業している状態を確保するための制度で、休暇を取るパン店は店頭に「近所で開店中のパン店の住所」を明記した貼り紙をすることも義務づけられていた。許可日以外に休んだり、貼り紙義務を怠ると1日当たり11~33ユーロ(約1500~4500円)罰金が科せられるため、違反店は例年十数店にとどまっていた。



 この制度が始まったのはフランス革命の最中の1790年。その前年にパリは深刻な食料不足に陥り、多くのパン店が暴徒による打ち壊しを受けたため、安定的なパン供給を意図した措置だった。

 以来、王政復古やナポレオンによる帝政時代などを経ても昨年に至るまで、変わることのなかった世にも珍しい制度であった。





◆営業わずか3分の1

 ところが昨年、オランド政権は景気刺激を狙って、フランス伝統の小売店の「日曜休業法」の一部見直しなどとともに、この「首都におけるパンの供給を確保するための休暇規定」制度の廃止を決めた。



 「人生はバカンスのためにあり、バカンスのために仕事をしている」。

 これが大多数のフランス人に共通の考えであり、パリのパン店主たちも例外ではない。もともと、多くの国民が夏の間に5週間の法定有給休暇の大半を消化している中、2~3週間では短すぎるとして不満が多かったうえ、営業しても客が少ない8月に休めない年は嫌がられていた。

 当然の帰結として、パン店主たちは今夏、例年よりも多い4~5週間の休暇を取り、時期も8月に集中してしまった。この8月下旬、パリで営業しているパン店は、全体の3分の1にも満たないという。



 ◆「来年は戻して」

 スーパーでもパンは売っているが、名物のバゲット(細い棒状のパン)をはじめフランスパンは焼きたてが命だ。

 36歳の芸術家の男性は英紙テレグラフに

「やむなくスーパーで買ったけれど、やはりまずい。今年は、家で二度焼きして仕上げられるように、半焼きのパンも売っているが、なじみのパン店と同じ味は出せない」

と語った。若い主婦は仏メディアに

「みんなが好き勝手に店を休んだら、パリっ子はおいしいパンを食べられなくなるのがよく分かった。来年は元の制度に戻してほしい」

と憤りを示した。

 豊かになったとはいえ、21世紀の現在でも、「パンがなければ、ケーキを食べる」というわけにはいかない。(SANKEI EXPRESS



来年は、戻るといいですねかお (→ところで、みなさん使っていらっしゃる新しい顔マーク、どこにあるのでしょう??)





フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ    びびあんでした。   



        

日本ブログ村アンティーク 日本ブログ村アンティーク フランスアンティーク アンティークサーチ



facebookボタン


ピンタレスト画像



 

                                         
          
  
    




こんばんは。



フランスアンティーク&ブロカント雑貨のメゾン・ヴィヴィエンヌ 店主 びびあんです。


皆さまに応援していただき、やっとブログを書くのにも慣れてきましたので、


「メルマガ」を始めることに致しましたアップ



HPのサイドバーのリンク 






からもご登録いただけますが



こちら  からも登録ページにお越しいただけます。




あまり頻繁でも鬱陶しいと思いますので、ブログやFACEBOOKほどの頻度ではないと思いますが、


不定期で、新商品のご案内やセール・送料無料キャンペーンなどのご案内を


普段お使いのメールアドレス手紙に直接お届けさせていただきますね。




どうぞよろしくお願い申し上げますラブレター





フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ    びびあんでした。   



        

日本ブログ村アンティーク 日本ブログ村アンティーク フランスアンティーク アンティークサーチ



facebookボタン


ピンタレスト画像



 



このページのトップヘ