フランスアンティーク&ブロカント雑貨 | メゾン・ヴィヴィエンヌのフランスアンティーク物語

juillet 2015

こんにちは!



フランスアンティーク&ブロカント雑貨のメゾン・ヴィヴィエンヌです。

先日、素敵な同業者様と素敵なところでランチをいただきましたナイフとフォークキラキラ

扱っているものは違えど、オンラインショップ経営、小柄、家族構成など共通するものがあって、

話が尽きず。あっという間に時間が過ぎてしまいました。



私よりもだいぶ先にショップを開いていらっしゃるので、色々と学ばせていただきました。

孤独な面もあるこのお仕事、同業で気の合う方との出会いは本当に貴重です。



ご一緒させていただいたのは


 リトルミィ(鎌倉発 小さいサイズの専門店) さん



しかもしかも・・・前から行ってみたかったけれど、定休日だったり電話がつながらなかったりして

未だ行くことの叶わなかった鎌倉・長谷の「レストランWATABE」

予約してくださいました~音譜


 


鯵やイカなどの新鮮な地元のお魚とお野菜の前菜。新鮮音譜


 


鯛とヒラメ、両方のポワレ。こちらも鎌倉野菜がたっぷり、茹で加減も絶妙。パンも美味しかったです。

 


ピンクグレープフルーツのジュレとガトーショコラ。わりと普通?





素敵な古民家レストランなのに、私ったら室内や外観を撮るのを忘れてしまいました。。。

商売柄古いものに惹かれるので、古民家レストラン大好きなんです。



接客も親切でゆったりしていて、気の置けない親戚のお宅に伺って

コルドン・ブルー仕込みのお料理上手な伯母の作ったフレンチをいただいているかのような気分。

長居してしまってごめんなさいね~


なぜ鎌倉か?といいますと、私の実家のお墓が鎌倉の英勝寺にありまして、

年に1~2回は観光がてら行くことにしていまして、ちょうどその機会があったからなのです。


好きな場所 としてパリやニースと並んで鎌倉・江の島を挙げていますが、

本当に落ち着ける大好きな場所なんです。



WATABE は予約が取りにくいですが、エッセルンガ など、

たくさん他にも素敵な古民家レストランがあるので是非おでかけください音譜

(真夏は散策にはお勧めしませんあせる


☆WATABEはフレンチ、エッセルンガはイタリアンです



久しぶりなのに本日も忘れずにご訪問くださってありがとうございました!

暑い日々が続きますが、どうぞ体調など崩さぬようゆったりお過ごしくださいね。

ごきげんよう♪


フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ     びびあんでした。  




       


日本ブログ村アンティーク
日本ブログ村アンティーク
フランスアンティーク
アンティークサーチ



facebookボタン


ピンタレスト画像


 



こんにちは!


フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ  びびあんです。




とっても夏らしい気候ですねえ・・・


こういう時に行きたいバカンス先は、南仏コート・ダジュール。もしくはコルシカ


海のある街が好きです。





南仏やコルシカと言えば、こういったテラコッタの甕がキッチンや庭先に置いてあったりします。





efba4931.jpg


75911ab5.jpg



メモテラコッタとはterra=土 cotta=焼いた という意味のイタリア語が定着していますが、

フランス語ではterre cuite(焼いた土、テール・キュイット)と呼びます)


この形のものはクルッシュと呼ばれ、テラコッタ製のことが多く、首の部分がすぼまっていて


1つまたは2つの取っ手がついています。


飲み水やワインの保管や運搬に使われていました。





飲み物を入れる容器としては、ほかにピシェカラフがあります。


ピシェというのはやや首のすぼまった容器で、広がった注ぎ口を持ち、取っ手はあったりなかったり。


素材は陶器であったりガラスであったりと様々で、用途は食卓の上で飲み物をサーブするためです。




カラフというのはガラスまたはクリスタル製で、強めのアルコール飲料や


デカンタージュの必要なワイン(必要でないものも移し替えて飲んだりしますが)、


そして水をサーブするための容器です。



さすが食の国フランス、飲み物を入れたりサーブしたりする容器にもいろいろあって


それぞれ違う名前を持つのですね。




さて、私が南仏やコルシカで撮った写真の中に、


テラコッタのクルッシュがうまく溶け込んでいる写真がないかしら・・・と探したのですが


見当たりませんでしたガーン




代わりに、テラコッタがうまく風景に馴染んでいてとっても南仏(~コルシカ)っぽい写真があったので


こちらに載せますね。




97f3e3c9.jpg


abde097b.jpg



上ふたつはニースの海。テラコッタの茶色と紺碧のコントラストがもうたまりません。



e2011453.jpg


こちらはエズシェーヴル・ドール。(とっても素敵なホテル、レストラン)

金のひつじさん(シェーヴル・ドール)がテラコッタの瓦の上に載っています^^


5f44dc5e.jpg




こちらは確かサン・ポールだったでしょうか。

ベランダに、巨大なテラコッタ(釉が全面にかかっています)の壺が!





5b5bcc65.jpg


37831481.jpg



90e8f6ea.jpg




上の3枚はコルシカの友人宅。

屋根もプールサイドのタイルも、植物の鉢もテラコッタです。

2羽の仲良し鳩さんもテラコッタ^^




0016bc3a.jpg


c5c35efb.jpg


↑ 


上の二枚はピカソで有名な陶器の街ヴァロリス

街路樹もテラコッタの鉢に植わっています。(巨大!!!)


技術的に出来ないことはないのでしょうが、

アンティークの甕のようなシンプルで味わい深いもの、

上の写真に写っているようなお土産屋さんにはないんですよね・・・

(オリーブなどの絵が描いてあって、かわいいものがたくさんあります!)



アンティークのテラコッタの甕  メゾン・ヴィヴィエンヌにいま2種類ありますので

ご興味がありましたらお店に立ち寄ってみてくださいね。




みずがめ座カーキベージュのテラコッタ甕


みずがめ座太陽の色のテラコッタ甕





今日もお忙しい中ご訪問くださいましてありがとうございました。



週も半ば、皆さま楽しい週末を夢見ながら素敵な夕べをお過ごしください。


ごきげんよう♪




フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ     びびあんでした。  




       


日本ブログ村アンティーク
日本ブログ村アンティーク
フランスアンティーク
アンティークサーチ



facebookボタン


ピンタレスト画像


 






こんばんは!星空


フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ  びびあん  です。



毎日マメにアクセスしていなくて申し訳ございません・・・


ちょっと間があくと、皆さまのたくさ~んの素敵な記事が・・・。


読みふけって、時間を忘れてPCにかじりついてしまいます^^;




さて。


メルスリー雑貨が少し入荷しましたのでご紹介させていただきますね。




0f54d8e2.jpg





お高いレースの類(ポワン・ド・ガーズとか・・・)はまだ手を出せないでいるのですが、


お手頃なこういったレースのテープも眺めているとうっとりしてしまいます。


手先が器用だったら、なにげないTシャツや籠バッグ、帽子などのリメイクに使いたいな~


と思ったりするのですが、何しろ手芸に自信がありません。


ですので、得意な方に使っていただけたら嬉しく思います音譜




カーキ色って珍しいですよね。

私、洋服ではけっこうカーキ色好きなんです。派手すぎず地味すぎず、いいアクセントになりますよね。




王道の、オフホワイトの幅広レース。夏の白い帽子に付けたいな・・・



こちらはちょっと変色も見られるのですが、

それがまたたまらないアンティーク感をかもし出していて素敵です。


純白ではありませんが、白めの繊細なレース。




とぼけたようなお馬さんのロゴが可愛い、今は存在しない(と思われる)メーカーのサンプル・ボビン。




こちらは今でも存在する、と言いますか、かなり大きなメーカーとなっている


北フランスの都市リールで1815年に創業されたWF社のボビン。



ブロカント雑貨 に分類してあります。詳細はこちら をご覧ください。




本日もお立ち寄りくださいまして、どうもありがとうございましたラブラブ


お勤めの方は3連休でしょうか。


どうぞ楽しくお過ごしくださいね。ごきげんよう音譜


フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ     びびあんでした。  




       


日本ブログ村アンティーク
日本ブログ村アンティーク
フランスアンティーク
アンティークサーチ



facebookボタン


ピンタレスト画像


 






このページのトップヘ