フランスアンティーク&ブロカント雑貨 | メゾン・ヴィヴィエンヌのフランスアンティーク物語

février 2015

こんばんは!



フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ     びびあんです。 



今日は寒い雨の東京です。雨


ランチの約束があったのですが、胃痛と熱があったので(珍しいです!)ドタキャンしてしまいました・・・汗


ドタキャンは、するのもされるのも苦手なのですが・・・




さて 私はそんな日はいつもと違って甘いものが食べたくなります。



そんな時に







シュガーシフター




葉っぱや花びらをかたどった穴があけられているのですが、砂糖が貴重だった時代に、粉砂糖を食卓でいちごいちごやお菓子に振りかけるために使われたものです。





そういえば、一昔前には日本にも「いちごいちごスプーン」というものが各家庭にありましたよね。

いちごをつぶして、ミルクやお砂糖をかけて食べた時代のもの。

(今も、あるようですが)





今では品種改良によって砂糖をかけないと酸っぱすぎるいちごいちごというのがなくなったのであまり見なくなりましたが、フランスのいちごいちごってまだ酸っぱいのですよね?


私、果物をあまりいただかないので、フランス生活でいちごいちごを食べたことがなかったように思いますが、フランス人の元夫や元彼がよく


「日本の果物はハズレがなくて美味しい!」


「買うときに既に食べごろになるようになってる!」


と、日本の果物を絶賛していたものです。



そんな現代の日本においても、お菓子作りの仕上げに粉砂糖を掛ける時や、酸味の強いフルーツにお砂糖をかける際、こういった美しいアンティークの小道具があると食卓を囲むのが楽しくなりますよね。



シュガーシフターの商品ページは こちら プレゼント






ではみなさま 私のように体調を崩したりなさいませぬようお過ごしくださいね。

お読みくださってありがとうございました。


ごきげんよう♪



フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ     びびあんでした。  

       




日本ブログ村アンティーク 日本ブログ村アンティーク フランスアンティーク アンティークサーチ

facebookボタン

ピンタレスト画像

このところ体調不良?やら他の用事やらで、更新を怠っております(→病気ではありません、大丈夫ですあせる)、フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ     びびあんです。 


そしてちょっと元気になったからと、昨日また飲みに行きましたら今日もどんよりと頭の重い日でしたが、商品アップに努めました音譜




ノルマンディ地方の名物である林檎の蒸留酒「カルヴァドス」を入れるための陶器ボトル です。

カルヴァドス」は林檎の醸造酒シードルを蒸留したリキュールで、オーク樽で最低5年寝かされます(地名でもあります)。

A.O.C.(原産地統制呼称制度)の対象なので、他の域で作られたものは「カルヴァドス」の名乗れず「アップル・ブランデー」と呼ばれ、区別されています。



シャンパーニュ地方で作られたものしか「シャンパーニュ」と名乗れず、その他の地方で作られた発泡ワインは「ヴァン・ムスー(Vin Mousseux、発泡ワイン)と区別されるのと同じです。






現在売られているカルヴァドスはガラスの瓶に入っているのものがほとんどで、このような陶器のボトル入りは酒屋のディスプレイで見かけるくらいだとか・・・

私がノルマンディ地方を旅したのは1998年くらいのことで、当時はそんなにお酒好きというわけでもなかったので、特に注意して見なかったのが残念です。


こちらはそのカルヴァドスが入っていた陶器のボトルで、艶のあるつるりとした茶色の陶器肌に林檎リンゴの果実と葉がレリーフで浮かびあがっています。





私はお酒類が大好きなのでもちろんカルヴァドスを飲んだことがありますが、やはり蒸留酒の類はアルコール度数が高くて悪酔しがちなので、ほんの少~ししかいただけません。

でも、そのほんのちょっとがいいんです、シードルは御食事と共にガブガブ飲めますけれども、カルヴァドスは食後酒というかデザート代わりにちみちみと舐める感じがいいんです♪


そう、カルヴァドスは、デザートにも使われるのです。




カルヴァドスを使った伝統的なフランスのお菓子もありますが、こちらは2009年頃の限定ハーゲンダッツ。

なんて美味しそうなのでしょう。

食べ逃しました・・・召し上がった方いらっしゃいますか?



ではみなさま ごきげんよう♪


フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ     びびあんでした。  

       




日本ブログ村アンティーク 日本ブログ村アンティーク フランスアンティーク アンティークサーチ


facebookボタン


ピンタレスト画像



こんばんは。


フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ店主です。


アンティーク陶器、色々買い付けてきたのに撮影も商品アップも後回しになっていました。

今日ご紹介するフロマージュ用穴あき陶器 はブロカント雑貨に分類すべきお品かもしれませんが、「陶器」のカテゴリーがちょっとまだ寂しいので「アンティーク陶器」に分類してみます。




こちら、様々なキッチン周りのアンティークを扱っているマダムのところで二つ買付けました。


「これはね・・・フェセルを作るための水切りなの。この型じたいも「フェセル」っていう名前なの」


そう教えてくれました。


要はフロマージュ・ブランのことなのですが、これ、私大好きなのです。

日本でも大衆化して欲しいもののひとつです(もう一つはムール貝)。






主に牛の乳から作られることが多いようですが、羊ヒツジや山羊のミルクで作られるものもあるそうです。


フランスの中央部が発祥と言われますが、非常に古くから製造されており、現存する一番古い型は12000年も前のもので、柳で出来ているそうですよ。陶器製のものも、古くは新石器時代にまで遡る のだとか目


フランス東部の街Lons le Saunier(ロン(ス)・ル・ソニエ)にある考古学博物館には、紀元前2700~2600年の陶器フェセルが所蔵されているそうです




底に「CORNEAU-MYENNES 1 1/2 」と彫られており、ブルゴーニュ地方のミエンヌにあったCORNEAUという窯で製造されたことがわかりますが、この窯について調べてみたのですが、なかなか情報がなくて諦

めました。ごめんなさい。かろうじて古いポストカードがありましたので拝借しました・・・





素材はグレ(Gres)と呼ばれる硬い砂岩で、とても丈夫です。

年代は1800年代~新しくても1900年代初頭でしょうか。



現在でもどこのスーパーの乳製品コーナーに行っても見かける非常にポピュラーなフロマージュですが、今やプラスチックなどの容器で水切りをして作られることがほとんどです。(プラスチックの水切り容器がなかに入って売られています)



ご家庭でフレッシュ・チーズを作られる方も多いと思いますが(イタリアではリコッタチーズがありますね)、こんな本格的なアンティーク陶器の水切り があると更にチーズ作りが楽しくなります。


もちろんお豆腐の水切りや、フランスのカンパーニュ風インテリアのオブジェにも使えますよ。




食べ方は様々です。


塩胡椒やシブレット・エシャロットで味付けして前菜にしたり、パンに載せたり。

砂糖やはちみつ、フルーツソースをかけてデザートに。

サーモンや帆立などと和えてラビオリの具にも出来ますよ。


さて。私も近々作ってみますか・・・ニコニコ


本日もお立ち寄りくださりありがとうございました。

明日はバレンタインデーですね!

素敵な一日をお過ごしくださいませ。


ごきげんよう♪


フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ     びびあんでした。  

       




日本ブログ村アンティーク 日本ブログ村アンティーク フランスアンティーク アンティークサーチ


facebookボタン


ピンタレスト画像

このページのトップヘ