フランスアンティーク&ブロカント雑貨 | メゾン・ヴィヴィエンヌのフランスアンティーク物語

octobre 2014

こんにちは!


フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ 
 


店主 びびあん です。



ネット・実店舗問わずアンティークショップが大好きなので


ついつい色々なお店様にお邪魔してしまいます。


(現行品のフレンチ雑貨も大好きですがドキドキ


その中で、手が届かないけれど気になっていたお店のオーナー


石井陽青氏がお書きになった本「アンティーク・ディーラー





本日、これを読了しました。


この方は1977年生まれと、私より少し若いのですが


学生時代からから外国で色々なもの


ガンダーラ仏から始まったとか。アフリカの仮面やら


チベットのジー・ビーズ、各国のトンボ玉などを扱っていたそう。


渋い!)


を買ってきては骨董市で売る ということをしてきた末に


現在は主にイギリス製のアンティーク・ジェリーを扱っていらして


帝国ホテルプラザにお店を出していらっしゃるのだとか。




本物のアンティークしか売らない!というポリシーや


顧客層は40代~がほとんどだけれど(当店もです)、


若い層にアンティークの素晴らしさを伝えていくのが


人類の貴重な財産であるアンティークを次世代に遺すための


アンティークディーラーの役割のひとつ


というお考えに、商材はまったく重ならないものの、


大変感銘を受けました。




いま、世界各国のアンティーク市場では


中国や中東諸国の方々が沢山お買い上げになるため


彼らの買うものは価格がつりあがっている・・・とのことですが


いまのところ、私の商材とは違う品々に言えることかと思いました。


例えば、中国骨董や遺跡から発掘された仏像、仏具、


ロシアのイコン、その他ミュージアムピース級のものなど



フランスでも、イタリアでも、去年~今年にかけて


やたらと中国の方を街中やブランド店で見かけたので、


いくつかの買付先に「中国の方も多いのではない?」


と質問したのですが


まだそんなにいないよ。世界各国に顧客はいるけどね


とのことでした。



まだしばらく私の買い集めるものに関しては


安泰かもしれませんが、いつお値段がつりあがるか、ヒヤヒヤあせる


皆様もしご興味がありましたら読んでみてくださいね。





本日も読んでいただきどうもありがとうございました。


ごきげんよう音譜



フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ     びびあんでした。  

       




日本ブログ村アンティーク 日本ブログ村アンティーク フランスアンティーク アンティークサーチ
facebookボタン

ピンタレスト画像

こんにちは!


フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ 
 


店主 びびあん です。


今日の東京は久しぶりにすっきりと晴れました!


ですので、ご用事で出かけた代々木上原 


プラプラとお散歩しましたよ。



フランスを意識したお店がけっこうあるんですよね。


お写真を撮って来なかったのが残念ですが、今度来たら


井の頭通り沿いのサレ・ポワヴレ・ウノ」というフランス料理屋さんで


ランチをしようと思います。



(二子玉川にもサレ・ポワヴレ(=塩コショウする の意) があって


一緒に行ったフランス人も太鼓判を押していたのですが


関係あるのかしら)




上原銀座の入り口には、ずいぶん前からあるこのフランス料理屋さん。


前はランチ営業していなかったと思いますが


今日は看板に「おべんとう」って書いてあります。







駅の反対側には、メゾン・サンカントサンクメゾン=家 サンカントサンク=55


こちらは以前はパテやサラダなどのテイクアウトする


フレンチお惣菜屋さんだったと思うのですが、いまは


ランチはbento  ディナーはカジュアルなワインビストロワインみたい。


家の近くに欲しい感じ。(⇐のんべえなのです)






サンカントサンクを通り過ぎてちょっと右に折れると


ブランジェリー マンマーノ (手づくりという意味を込めた造語)が。


こちらは私がまだしばしば上原に出没していた2008年にOPEN。


深いグリーンの壁モールド


ガス灯みたいなウォールランプ など


ディテールに凝っていらして素敵。


パリ16区みたいな」がテーマというのも頷けます。


あのオテル・ド・クリヨンで初めての日本人パン食パンシェフとして


働いた方が作っていらっしゃるそうですよ。






明日の朝いただく パン オ ショコラ (土曜日にいただきました!


層がたくさんあって&チョコレートも濃いお味で美味でした)


などを選んでいたら、






こちらのお店、この中で紹介されているそうです。



ここで紹介されているのは


ル・プティ・トノーナイフとフォーク

ル・ブルターニュナイフとフォーク

欧明社本

メゾン・ド・ファミーユ椅子

ポール食パン

ミクニ マルノウチナイフとフォーク

レザベイユハチ

ローラン・ボルニッシュブーケ1


などの、既に定評のある大御所がほとんどなので


まず間違いのないお店ばかりが載っていると思いますよキラキラ


老舗はもう知っているから新しいお店を・・・という


ベテランさんには物足りないかもしれませんが・・・あせる




そしてその後 フレンチをいただけばいいものを


DISHというカフェでガパオライスを食しましたあせる




エスニック 好きなんですよ。


なんでも好きなのですが・・・汗




アンティークのお話ではないのに・・・


本日も読んでいただきどうもありがとうございました。


よい週末をお過ごしくださいませ。ごきげんよう音譜



フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ     びびあんでした。  

       




日本ブログ村アンティーク 日本ブログ村アンティーク フランスアンティーク アンティークサーチ
facebookボタン

ピンタレスト画像

こんばんは!



フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ   


店主 びびあん です。


日程はまだ確定していないのですが

11月5か6日~14日か16日まで

フランス買付旅行に出る予定となっております飛行機


まだ慣れていないので、駆けずり回らないといけないので

体力と時間をすごく使うと思われまして

自由時間は少ないのですが

行きたい催しが二つあります。


ひとつは「バカラ250周年記念展」 !!



e6e0b049.jpg



メゾン・ヴィヴィエンヌ スタートの年が

バカラの大きな節目の年と重なるなんて

なんだか嬉しい宝石白です。

しっかり観て参りたいと思います。

なんと、500点もの逸品が出展されるようですよ。



是非リンクの中の動画をご覧になってください。

ミュージアムピースのようなものばかりみたいで

たいへん目の保養になりそうです。



昔の貴族たちの財力というのはたいへんなものですね。

そして彼らの要望に応える職人さんたちの技も・・・



来年の1月4日まで開催されているとのことなので

パリにこの期間いらっしゃる方

ご覧になってみてはいかがでしょうかキラキラ



プティ・パレ

Avenue Winston Churchill 75008 Paris

月・祝休 火~日の10時~18時

(発券は17時まで。17時45分から展示室を閉め始めます)


特別に11月1日と11日は開館だそうです。


料金:11€

割引料金:8€ 

17歳以下無料




もう一つの観たいものは

後日アップさせていただきますね 音譜






本日も読んでいただきどうもありがとうございました♪


フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ     びびあんでした。  

       




日本ブログ村アンティーク 日本ブログ村アンティーク フランスアンティーク アンティークサーチ
facebookボタン

ピンタレスト画像

このページのトップヘ