この間の土曜日、結構な雨でしたが「東京蚤の市」に行ってきました。
お客さんとしてです^^;
IMG_20170513_163326248.jpg

私の好きなお店「ラトリエ・ブロカント」さん。このお皿立てがすごく欲しかったです!でもとても長くてうちのキッチンには無理・・・、商品のお皿立てとして買ってもよかったのかも・・・こういうのは即断即決の一期一会ですね。

同じくラトリエ・ブロカントさん。
全体を通して思ったけれど、そんなにフランスアンティークのところには人が居なかったかも・・・「東京蚤の市」は音楽やお教室などの催しや屋台の食べ物、現行品雑貨やお花屋さんなど色々なものがあるから、若い人たちが500円払ってでも来る一大イベントといった感じで、そんなに値の張るものを買いにくる感じでもない印象があります。
お客様たちの声を聞いていると「素敵~、って見るだけで満足」「かわいいけど自分じゃ絶対使わない」、そんな声が・・・
でも若い人たちが「こういう素敵なものが世の中には(フランスには)あるんだ」と知ってくれるだけでも意味があるのではないかと思います^^



若い女の子たちが集まっていたのはここ。アンティークのアクセサリー・パーツ屋さん。
私の専門外なので、どこで仕入れてくるんだろう?と興味しんしん。
一個1500円くらい~7000円くらいと手頃で、現行品にはないレトロでほっこりしたモチーフやある年代だけに製造されたというオーロラみたいなガラスで出来たペンダントヘッドがたくさんあって、私もワクワクしました。
ジュエリーはK10以上の素材かつシンプルなものが好きなので、買っても宝の持ち腐れになると思って買いませんでしたが、ものすご~く惹かれるお店でした。
「レミース」le meaceさんというお店でしたよ。http://www.le-meace.com


終日、けっこうな雨降りデーでしたが、きちんと屋根のある部分がほとんどですのでたくさんの人が来場していました。赤ちゃん連れもたくさん!若い人が多くて活気があります。


欲しかったのがこれ。直径32センチくらいあるサルグミンヌ。こんなに状態がよくて3000円ですよ!!
見つけたら即買いですよ~これは。
クリスマスのローストチキンを載せたい!と思いました。我が家は夫婦2人だけですし来客もありませんので買いませんでしたが、大人数の家庭やパーティーの多いご家庭にはすごく便利だと思います^^


雨なのにこの盛況ぶり。

雨なのに・・・、

とっても素敵なリースや


ドライフラワーの花束がとっても安かったです。
私はピンクペッパーのリースを購入しました♪


今回、雨なのにわざわざ出かけたのは、「豆皿市」と「箸置き市」があったからです。フランスアンティークは自分で仕入れられるので、和の素敵な食器をこういう機会に求めたいのです。
でも9時開場のところ14時くらいに行ったら遅かったからか、あまり品物はありませんでした・・・そしてアンティークではなく現行の作家さんのお品でした。



この写真ではわかりにくのですが、真ん中あたりの丸い薄ピンクのお皿を買いました。縁に三つ編みのようなネジネジがついていてとても可愛かったのです。アスティエ・ド・ヴィラットみたいな感じです。


こちらは周りの方が「雑貨屋さんでよく見るよねー」とおっしゃっていたのでよくある商品なのかもしれませんが、夫がフクロウ好きなので左のフクロウの小皿を購入。
箸置きはほとんど見かけませんでした・・・箸置きはたくさん集めていて、毎晩日替わりで登場しています。毎日のお食事、せっかくですからお気に入りの器や小物でちょっと素敵な気分でいただきたいですよね。

そんなシーンのお手伝いをメゾン・ヴィヴィエンヌも出来たらいいなと思います。
しばらくテロのことがあって買付に行けていませんが、蚤の市気分を味わったらまた行きたくてウズウズしてきました。


東京蚤の市は半年に一度開催していますので、是非次回に行ってみてくださいね。

メゾン・ヴィヴィエンヌ店主






↓ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、お得な情報をいち早くお届けする
メールマガジンのご登録は コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも新商品やアンティーク小咄など発信しております。
是非ご覧ください♪