フランスアンティーク&ブロカント雑貨 | メゾン・ヴィヴィエンヌのフランスアンティーク物語



ご用事があって、新宿近辺にお昼時おりました。


パリの ジュール・ジョフランとサクレクール寺院の間にあるとあるカフェにて


この夏に食べたエッグベネディクトがと~っても美味しかったのですが、


こないだ伊勢丹の中のエディアールのランチメニューに


「サーモンのエッグベネディクト オニオングラタンスープつき」というのがあるのを見つけて、


以来「次に伊勢丹で食べることあったら食べよう~」と心に決めていたので、


本日実行しました☆


白ワインもいただいて♪


オニオングラタンスープはとっても美味。少ないけど。


これって家で作るには玉ねぎ炒めるのがめんどうなんですよね~・・手間とか材料の問題というより、時間がかかって。


なのでお外で食べられて満足。


エッグベネディクトは、ブリオッシュの上にポーチドエッグ1個とスモークサーモン数枚が乗っかっていて、


ソースが掛けてあるのですが、


ブリオッシュが甘いのと ソースの味が薄いのと エストラゴンがあまり好きでないのとで


私好みのエッグベネディクトではありませんでしたダウン


でも 私の好みでないだけで、ここのがお好きな方もいらっしゃると思います!!


どなたか 「ここのエッグベネディクトは絶品だよ!」というのをご存じでしたら教えていただけませんか~


いろんなところのを食べてみて、自分で作る際の参考の味を見つけたいです♪




アンティークと関係ないのに最後までお読みいただきありがとうございます☆



フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ  店主 びびあん でした。


 ⇐お店はこちらです☆







フランスアンティーク べべ&ドール用ボネ B  




フランスアンティーク  ベビー&ドール用 総レース襟



アンティークリネンのページ




アンティークのスタイやボネ(帽子♪)って、とーっても素敵なんですよね。


店主びびあんのところにはべべがやってきていませんが


こんなの着せたい~と思ってしまいますビックリマーク


色あせたようなボネも・・・飾ってあるだけで古き良きフランスの雰囲気が出るのです。




帽子立てもアンティークです。結構高くてびっくりしました。


撮影小物となっておりまして、非売品なのですが。


そろそろご主人さまのお帰りなので、今日は手短に・・・


お花見される方もいらっしゃるでしょうか。よい週末をお過ごしください音譜






フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ  店主 びびあん でした。


 ⇐お店はこちらです☆







ブログ村 参加してみました。

クリックいただければ幸いです。




おととい フランス企業勤務のお友達にお誘いいただき、お話しました


フランス企業ですと年度末は12月末ということが多いのですが、


やはり日本企業がお客様となると、お客様の年度末に合わせるということで、このところご多忙だそう。


前日は深夜残ということで


「フランス人の同僚も残業なんかするの?私はそんなフランス人知らないわ」と聞きましたら


「フランス人は8時まで働かせたらもうすごくたいそうなことみたいにブツブツ言うよ!フランス人はさっさと帰す」


とおっしゃいました。


私 フランス食品輸入会社 フランス宝飾ブランド フランスマテリアルメーカー を渡り歩いてきましたが


8時腕時計まで残業するフランス人すら見たことないかも(笑)


政治家くらいかしら??


みなさんのまわりには働き者のフランス人はいらっしゃいますか???(☆。☆)




フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ  店主 びびあん でした。


 ⇐お店はこちらです☆





うららかな…という枕詞がぴったりな陽気ですね。

少し前に、お仕事の傍ら 鍼 に行きはじめました。

そこで 施術着 という名の後ろ開きTシャツと 膝くらいまでのジャージに着替えるのですが

薄暗いお部屋の中で間接照明に当たったからだは…、

きれいに見えるどころか セルライトが却ってよく見えるではありませんか(>_<)

半袖ワンピースの腕も いつも鏡で見てるよりムチムチに見え…、

この連休はお誕生日と結婚記念日が重なり ご馳走を食べましたけど

そのせいではなく 冬服に隠れて油断していたせいですね(._.)

着やせするみたいで モテルほうではありますが?!

真冬でも走りこんでいる旦那ちゃん(からだきれい)を見習って

runデビュウしようかと思いますo(`^´*)

あと 走ってる旦那ちゃんと一緒におやつを食べるのは、控えようと思います。

元々そんなにスイーツ欲しいって思わないのに

つられて食べるのはよろしくないですね。

アンティークともフランスとも関係なくてすみません。





フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ  店主 びびあん でした。


 ⇐お店はこちらです☆





今日も暖かかったですね(東京近郊)。


夫の起きる朝5時に一緒に起床し(私だけもうちょっと寝ることが多いですが)、


一歩も外に出ず 家事とお仕事 しておりました。


目に見えるものとしては  4商品UP・・・





宝石赤 ピンクのポンプがかわいいスプレー香水瓶



宝石赤 写真現像薬の入っていた円筒箱



宝石赤 キャプシーヌ通りのアパルトマンのアンティークキー



宝石赤 アンティークな分銅500g



→ ブロカント雑貨の一覧


バカラなどのブランド名のある製品を取り上げることが多かったのですが


こういうお品物のほうが空間にノスタルジックな空気を与えてくれるかもしれません。


本当に長い時を経た褪せた色合い、かすれ、錆などの醸し出す存在感は


本物のアンティーク&ブロカントでないと出せません。



近頃 フレンチ雑貨屋さんでも見本市などでも本屋さんの特集などでも


「アンティーク風」 「ヴィンテージ風」というのがすごく多いように思います。


昔 あこがれのフランス雑貨屋さんだったお店たちも 


今では アンティーク風メイドインチャイナ雑貨  屋さんになってしまっているようにお見受けします。


それはそれで、古めかしいもの シャビーなもの 


を素敵だと思う感性を養うにはよろしいかと思うのですが


「まがいもの」


であることを忘れてはいけないと思います。



私も将来的には フランスの現行品も半分くらい扱いたいと思っていますが


新しくても古くても「フランス製」にこだわりたいと思っておりますし


エイジング加工したものは扱わない所存です。



本当にフランスで使われていた 本物のアンティークのすばらしさ 


広めている 尊敬すべき先輩方が既にたくさんいらっしゃいますが 


私も頑張って ますます広めるお手伝いをしたい(&自分にも買いたい)と思います。


それには 体力 と 知識、経験、美的センス、金儲けに傾かない固いポリシーが必要だと思います。


精進してまいりますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。



フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ  店主 びびあん でした。


 ⇐お店はこちらです☆






ブログ村 参加してみました。

クリックいただければ幸いです。








とってもいいお天気(東京では・・・)でしたが、とっても風が強くて、花粉もすごかったですね!


こんな日は・・・お仕事三昧あせる


今日UPしたのは、


☆アンティーク クリストフルのエスカルゴ・サーバー 

http://livedoor.blogimg.jp/maisonvivienne/imgs/9/a/9a24f9a0.pngSHOP/A1006.html


☆アンティーク クリストフルのナフキンリング

http://livedoor.blogimg.jp/maisonvivienne/imgs/9/a/9a24f9a0.pngSHOP/A1011.html


☆アンティーク クリストフルのコーヒースプーン「アルカンシア」シリーズ

http://livedoor.blogimg.jp/maisonvivienne/imgs/9/a/9a24f9a0.pngSHOP/A1005b.html



エスカルゴは日本では馴染みがないですが、フランスではポピュラーで、このような専用のサーバーが作られてしまうほどです。

もっとも、現在ではほとんど作られていませんしょぼん

クリストフルのお店に突然行っても、買えないと思います・・・


お店で食べるときに、ピックだけではなく、こんなのが出てきたら、本当に素敵ですよね。

フランス料理のお店の方に買っていただきたいです(笑)

でも たくさん仕入れたくても、 数がそろわないんですよねなかなか・・・




ナフキンリングは日本ではなかなか馴染みのない品ですが、

フランスでは「自分のナフキン」(セルヴィエットといいます)を子供の頃から与えられ、

更に、裕福な家庭ともなると生誕のお祝いの一つとして、

シルバーなどでこのような名前またはイニシャル入りのナフキンリングを贈ったり贈られたりします。


こちらの品物は、クリストフルに一点ものを発注するようなご家庭ですから、

ブルジョワか上流階級の赤ちゃんのために作られましたプレゼント


葡萄と葡萄の葉、麦穂が彫られていて、秋生まれ?と思いきや、6月23日生まれの赤ちゃん。

なんと、1901年!!1世紀以上も前ですね。


このような貴重なお品が、自分の手元にあるという不思議さ。セットでないのが残念ですが、

ディスプレイオブジェとしても素敵ですし、一人の優雅なお食事の時にもこんなのがあると貴族みたいですよね。


また、少しずつ集めてホームパーティの際に使うと、とても華やかな席になりますナイフとフォーク


こういうものに囲まれた暮し。フランスに買い付けに行きながら、ますます充実させていきたいと思います音譜


アンティーク・シルバーのページはこちら


フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ  店主 びびあん でした。


 ⇐お店はこちらです☆




ブログ村 参加してみました。

クリックいただければ幸いです。




さきほど、某フランス系金融の方にランチにお招きいただきました。

セルリアンタワーの40階、クーカーニョ…

残念ながら、月曜なのにこみ合っているとはいえ割と静かだったし、目上の方なので…写真は遠慮してしまいまして。ないのです。。

アミューズ ずわい蟹のクロケット ホタテのマリネ

冷前菜 ホタテのマリネ 人参とオレンジのソース いくら添え

温前菜 フォワグラのポワレ フレンチトーストに載せて

魚料理 茹でたオマール海老とトズッキーニで巻いたトリュフのリゾット

お肉料理 牛フィレ肉の縄文焼 季節野菜を添えて

デザート フランボワ―ズのクーリの中にピスタチオのアイスクリーム 小舟に見立てたラング・ド・シャに苺とシャンティイを載せて

珈琲

プチ・フール アプリコットのマカロン 苺のボンボンショコラ

名前は思い出して勝手に書き付けましたが、だいたいこんな感じでした。

おたがいフランスの会社経験があるので、

フランス人てけちですよね。。

フランス人の英語はわかりやすいですよね。。

他人に干渉せずおおらかですよね。。


という話が出来てしまったり・・・


ファイナンシャルプランナー上級の資格がおありなので、住宅ローンやらお仕事関係の節税のことを教えていただいたりして、はぁ~頭いいなぁ…しっかりしているなあ…かっこいいなぁ…と思ってしまいました!

自分のお仕事は、天職かもと思いますが、なかなか孤独な仕事なので…

たまにこうやって外部の素敵な方から知的で良い刺激を受けられると嬉しいです。


ブログ上で知り合った皆様からも様々な分野からの素敵な刺激をいただいております。


本当にありがとうございます。




アンティークと無関係なのに最後までお読みいただきありがとうございました。



フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ  店主 びびあん でした。


 ⇐お店はこちらです☆





横溝正史の小説にちらっと出てきた京王百草園。

ちょうど梅がきれいかな?と思って、初めて旦那ちゃんと行ってみました♪ ←彼はそんなに興味ないですが

うぐいすも鳴いていたし♪
色んな色の梅が同時に咲いていてすごくきれいだったし♪
ぽかぽかいいお天気でサクサク歩けたし♪

昨日は、起業家の先達の方とランチをしたあと、カラオケに誘われて行っていたのですが…

私は東京生まれ東京育ちだけど、都会の遊びはあんまり好きではなく、こんな休日が大好きなのです。

パリにいたら、フォンテーヌブローの森できのこ狩りとか 、蚤の市とかが、週末のフェイバリットになるかな。



アンティークと無関係なのに最後までお読みいただきありがとうございます☆



フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ  店主 びびあん でした。


 ⇐お店はこちらです☆





おはようございます。


昨日はひどいお天気でしたね~(違う地域の方ごめんなさい!)雨





さて。


アンティーク クリストフルのナイフレスト 2種類をご紹介いたしますね。


基本的に買い付けはすべて私自身が「高くても絶対欲しい!」ものばかりなのですが、


中でもこれは本当によだれが出そうなくらい自分にも欲しい!ものです。




普段から家での夫と二人の食卓でもクリストフルのマルリー シリーズを愛用しているのですが


マルリーはとてもクラシックで優美なデザインなので、


現行品のシュっとしたデザインのナイフレストでは味気がなく・・・


仕入先のマダムに「今風のでなくて、こういう優雅なラインのお好きでしょう?」と勧められ、一目ぼれドキドキしてしまいました。




パリ留学時代に、大家さん(おじいちゃん)に招かれてよくお食事をごちそうになったことがあるのですが、


おじいちゃん、必ず布ナフキンを膝にかけて、素敵なお皿に銀のカトラリーで、きちんとお食事なさっていたのですが

例えおひとりでのお食事でも(おひとり暮しですからたいていおひとりでしょう)同じようにされているそう。



「はー、かっこい~(溜息)」と思ったものですが、私も結婚してから(遅ればせながら)そのようにすることに致しました。


ナイフレストは、言ってみればカジュアルな席のためのものなので、

あまり作られていないのかもしれません。

ずらりとお皿の左右にカトラリーが並ぶのが、正式なフランス料理のテーブルですものね。



でも このナイフレスト、普段の食事だと、あったほうが 食卓に高級感が出るのです。


お箸置きも、あったほうが ちゃんとしたセッティング な感じですよね。



ナイフレスト は 「マリーアントワネット」という名前のついたとってもレアなものと、おなじみの「リュバン(これもマリーアントワネットの好きなリボンのモチーフですね)」 の2種類あります。


とってもエレガントな一品なので、テーブルコーディネートやフランス アンティークシルバーのお好きな方は是非ご覧になってみてください。




ナイフレスト クリストフル リュバン 2個セット  


ナイフレスト クリストフル マリーアントワネット 6個セット 


ナイフレスト クリストフル マリーアントワネット 2個セット


(クリックするとそれぞれの商品ページに飛びます)







フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ  店主 びびあん でした。


 ⇐お店はこちらです☆




ブログ村 参加してみました。

クリックいただければ幸いです。






このページのトップヘ