フランスアンティーク&ブロカント雑貨 | メゾン・ヴィヴィエンヌのフランスアンティーク物語






Les Marquis de Laduree ...


買い付けは真夏でした。

チョコレートを夫のために色々買って帰りましたが

(ジェフ ブルージュ や ドゥボーブ エ ガレ)

一番個人的に美味だったのがラデュレの新しいお店・・・レ・マルキ・ド・ラデュレ の ☆


旅行中にカメラが壊れたので パリの写真はスマホで撮ったのがかろうじて残っているくらい。。。

チョコレートの写真はどこかへ行ってしまいました(涙)


そのかろうじて残っているデータの中に、レ マルキの店内の写真がありました。


ここの色使いは乙女心鷲づかみ ですよね~


中国人の団体さんがうわーっと入ってきて、「あ~買う順番最後になってしまう・・・」と思っていたら

パシャパシャ店内の写真を撮ったと思ったらサーっと皆さん引き上げていきました!


店員さんはオリジンが中国の女性だったみたいで、彼らに色々聞かれていました。


私にはそのあとフランス語で丁寧に対応してくださり、ゆっくりボンボンショコラを選ぶことが出来ました!


このお店で一番圧巻だったのは


オーバル型のシャンデリア! ムラーノに特注したのかな?

買い付け前にヴェネツィアに行っていたのですが、シャンデリアはまあまたでいいか・・・と思って買ってこなかったのですが

ムラーノ島は二回目でしたが、次にいつ行けるかわからないので・・・買ってくればよかった!と後悔していたところに、このシャンデリア・・・


こんな大きなの、我が家には無理ですけれど(^o^;)


アンティークに関係のないこんなお話 お目通しいただきましてありがとうございました!









あまり数を仕入られなかった、この素晴らしいグラスたち。


今ではアンティークでしか手に入らない、バカラの「ミケランジェロ」という名前のグラスです。


写真 上 は


☆左の列が、「ミケランジェロ」 シリーズ (シャンパングラス、赤ワイングラス、白ワイングラス、リキュールグラス)


☆真ん中の列が、同じくアンティークバカラの「ローハン」です。


右の列は、昔フランス人が南仏の蚤の市で見つけてプレゼントしてくれた名もないグラスたちですが、手でつくられた痕跡のある、いまではなかなかお目にかかれない味わいのある品々です。

写真 下 は アンティーク バカラ の グラス 「ミケランジェロ」。


アールデコ期の特徴である繊細なアラベスク模様のエッチング・・・ほんとうにうっとりしてしまいます。

でも、こういうお品物は現在バカラのお店に行っても見つかりません。

アンティークでしか手に入らないのです。


昔ながらの、こういった丁寧な手仕事の品物は、どの分野でもだんだん少なくなってしまっているのですよね。。。

そういった貴重なフランスの財産を、日本に持ってきてしまうことに多少の罪悪感はありますが・・・


仕入先のマダム曰く

「フランス人にこの繊細な手仕事の価値がわかる人はあまりいないわ。日本人はとても目が肥えているのでいいものがよくわかるの。だから、ほんもののわかる日本人に買っていただきたいのよ」。


このグラスは1927年以降作られましたが、1936年まではグラスの裏に刻印をつけるシステムがなかったので、それ以前のものですと刻印なしです。

刻印代わりの丸いシールが貼られていたのですが、当然のことながらシールは長い年月の間に取れてしまっています。


仕入れてきたものは、刻印あり と なし が混在しています。

ないからといって偽物ではありません。刻印が存在しなかったのですから。

こんなに手のこんだ偽物 一朝一夕に作れないのではないでしょうか。


もちろん シャンパン 白ワイン 赤ワイン リキュール などを楽しむのにぴったりですが

きりりと冷えた日本酒をこのグラスで嗜むというのがとっても粋ですよ。


開店はもうちょっと先です。

まだお届けできなくてごめんなさい・・・














初めまして。


びびあん と申します。


フランスのアンティークやブロカントを扱うネットショップのオープン準備をしています。


フランスで買い付けた商品にコードをつけたり、写真を撮ったりしていますが


どれも独り占めしたい!お嫁に出したくない!くらい


惚れて 惚れて 惚れこんだ品々 なのでうっとりしてしまって作業がはかどりません!(笑)


どんな品物か、少しずつご紹介していきたいと思います。


今日のお品物は


1枚目

☆リモージュ焼のアンティーク手描きピルケースたち 



☆べべ用アンティークレースお帽子(帽子スタンドもアンティークですが、こちらは非売品です♪)



☆アンティーク ファッション版画



☆ピュイフォルカの アンティーク シルバー小皿(純銀ではなくメタル・アルジャンテ)



二枚目

☆クリストフルの アンティーク シルバーナイフレスト 



リモージュのピルケースはちゃんと裏にpeint a la main など、手描きと書いてあります。

これが手のひらサイズで可愛らしいのです。

自分がピンク大好きなのと ラデュレカラーに目がないのとで ついついセレクトはピンクと薄いグリーンになってしまいました・・・

もう本当に そこに置いてあるだけで 貴婦人のお部屋みたいですよ。


べべ用アンティーク帽子はほかにも数点あります。

こちらは繊細な生地でして ほつれや穴あきなど見られますが 赤ちゃんにかぶってもらって撮影したら

それはもう天使のような可愛さになりますよ~♪

帽子立てにかけてあるだけで 19世紀フランス気分です。


ファッション版画、これは10点以上あります。(すべて一点もの)エレガントな雰囲気のものだけ厳選してきました!

写真ではきちんとマットをつけ、額に収めてありますのでかなりノーブルな雰囲気に。

お近くに額装のお店がない場合は額装も承る予定です。

センスのよいフレームの有る無しでだいぶ変わってきますよ~。


ピュイフォルカの小皿、言わずとしれた 高級銀器のピュフォルカ。

まずは手軽に手に取っていただける小皿を買い付けてきました。

刻まれた曲線がとっても上品で さりげなく置かれたアクセサリーなどが引き立ちます。

もとは食卓で塩など入れて使用するものと 仕入れたお店のマダムはおっしゃっていました。


日本ではクリストフルのほうが名が知れているかもしれませんね。

クリストフルのシルバー製品も買い付けてきましたが、こちらはなかなかレアな商品だと思います。

(買い付け先のマダム一押し)

その名も「マリーアントワネット」というシリーズのナイフレスト。

麦の柄なのですけれど 今のクリストフル製品のモダンな感じより私はずっと好きです♪



こんな感じで 少しずつご紹介していけたらと思います。

他の様々なことと並行しているので更新なかなかできないかもしれませんが(汗)





このページのトップヘ