フランスアンティーク&ブロカント雑貨 | メゾン・ヴィヴィエンヌのフランスアンティーク物語


土曜日に、結構な雨でしたが「東京蚤の市」に行ってきました。
お客さんとしてです^^;
IMG_20170513_163326248.jpg

私の好きなお店「ラトリエ・ブロカント」さん。このお皿立てがすごく欲しかったです!でもとても長くてうちのキッチンには無理・・・、商品のお皿立てとして買ってもよかったのかも・・・こういうのは即断即決の一期一会ですね。

同じくラトリエ・ブロカントさん。
全体を通して思ったけれど、そんなにフランスアンティークのところには人が居なかったかも・・・「東京蚤の市」は音楽やお教室などの催しや屋台の食べ物、現行品雑貨やお花屋さんなど色々なものがあるから、若い人たちが500円払ってでも来る一大イベントといった感じで、そんなに値の張るものを買いにくる感じでもない印象があります。
お客様たちの声を聞いていると「素敵~、って見るだけで満足」「かわいいけど自分じゃ絶対使わない」、そんな声が・・・
でも若い人たちが「こういう素敵なものが世の中には(フランスには)あるんだ」と知ってくれるだけでも意味があるのではないかと思います^^



若い女の子たちが集まっていたのはここ。アンティークのアクセサリー・パーツ屋さん。
私の専門外なので、どこで仕入れてくるんだろう?と興味しんしん。
一個1500円くらい~7000円くらいと手頃で、現行品にはないレトロでほっこりしたモチーフやある年代だけに製造されたというオーロラみたいなガラスで出来たペンダントヘッドがたくさんあって、私もワクワクしました。
ジュエリーはK10以上の素材かつシンプルなものが好きなので、買っても宝の持ち腐れになると思って買いませんでしたが、ものすご~く惹かれるお店でした。
「レミース」le meaceさんというお店でしたよ。http://www.le-meace.com


終日、けっこうな雨降りデーでしたが、きちんと屋根のある部分がほとんどですのでたくさんの人が来場していました。赤ちゃん連れもたくさん!若い人が多くて活気があります。


欲しかったのがこれ。直径32センチくらいあるサルグミンヌ。こんなに状態がよくて3000円ですよ!!
見つけたら即買いですよ~これは。
クリスマスのローストチキンを載せたい!と思いました。我が家は夫婦2人だけですし来客もありませんので買いませんでしたが、大人数の家庭やパーティーの多いご家庭にはすごく便利だと思います^^


雨なのにこの盛況ぶり。

雨なのに・・・、

とっても素敵なリースや


ドライフラワーの花束がとっても安かったです。
私はピンクペッパーのリースを購入しました♪


今回、雨なのにわざわざ出かけたのは、「豆皿市」と「箸置き市」があったからです。フランスアンティークは自分で仕入れられるので、和の素敵な食器をこういう機会に求めたいのです。
でも9時開場のところ14時くらいに行ったら遅かったからか、あまり品物はありませんでした・・・そしてアンティークではなく現行の作家さんのお品でした。



この写真ではわかりにくのですが、真ん中あたりの丸い薄ピンクのお皿を買いました。縁に三つ編みのようなネジネジがついていてとても可愛かったのです。アスティエ・ド・ヴィラットみたいな感じです。


こちらは周りの方が「雑貨屋さんでよく見るよねー」とおっしゃっていたのでよくある商品なのかもしれませんが、夫がフクロウ好きなので左のフクロウの小皿を購入。
箸置きはほとんど見かけませんでした・・・箸置きはたくさん集めていて、毎晩日替わりで登場しています。毎日のお食事、せっかくですからお気に入りの器や小物でちょっと素敵な気分でいただきたいですよね。

そんなシーンのお手伝いをメゾン・ヴィヴィエンヌも出来たらいいなと思います。
しばらくテロのことがあって買付に行けていませんが、蚤の市気分を味わったらまた行きたくてウズウズしてきました。


東京蚤の市は半年に一度開催していますので、是非次回に行ってみてくださいね。

メゾン・ヴィヴィエンヌ店主






↓ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、お得な情報をいち早くお届けする
メールマガジンのご登録は コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも新商品やアンティーク小咄など発信しております。
是非ご覧ください♪











GW中は夫に合わせて5月1日、2日もお休みにしてしまっていたため
返信が遅れてしまったお客様には大変失礼致しました。

30日~2日まで信州旅行に出かけましたが、
それ以外は都内におりましたので、すぐに発送させていただきました。

お店をやっていますと、不思議なもので
お客様それぞれにはまったく繋がりはないはずなのに
その時期ごとのお客様に似たような購買傾向があるのです。
このGWはやや高額商品、しかも同じくらいのお値段のお品たちが
まったく別々のお客様のところに旅立って行きました。

さて、懸案のフランス大統領選挙ですが、
最年少大統領が誕生しましたね!
自分より年下ですと「大丈夫なの?」とついつい思ってしまいますが、
年齢と人間の成熟度は(自分や周りを見ていても)あまり関係がありませんよね。
若くて新しい大統領におおいに期待したいと思います。
周りと強調しながら、EUの頼もしいリーダーとなりますように。

そしてFNに政権を持たせなかったフランス国民に、改めて乾杯です♪


GWは、前述の通り長野県の畑でこの夏食べる野菜の苗や種を植え
温泉やちょうど満開の菜の花や桜を堪能してきましたが
5日に行った横浜イングリッシュガーデンも見ごろで素晴らしかったです!
初めて行きましたが、もうすぐやってくる薔薇のシーズンにも是非訪れたいです^^

DSC_1203
DSC_1205
DSC_1206
DSC_1208
DSC_1209
DSC_1211
DSC_1213
DSC_1218
DSC_1220
DSC_1221
DSC_1222
DSC_1225
DSC_1227
DSC_1229
DSC_1233
DSC_1238
DSC_1241
DSC_1244

ショップがかなり充実していまして、
おたまホルダーが前から欲しかったのですが
ようやく可愛いものに出会えました♪


メゾン・ヴィヴィエンヌ店主






↓ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、お得な情報をいち早くお届けする
メールマガジンのご登録は コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも新商品やアンティーク小咄など発信しております。
是非ご覧ください♪











先日はついつい取り乱してしまって・・・失礼致しました。


朝起きたら、マクロン氏とルペン氏に決まっていて、

ほっとしたような

でもそんなにルペン氏に入れた人が居たのかと思うと溜息が出ました。


留学した頃は父ルペンの時代でしたが、

「イロモノ」扱いだったと思います。

その後、帰国してから東京で出会って交際したフランス人が

FN(フロン・ナショナル)心酔者と知った時には嫌悪感でいっぱいでした。

大勢での食事会の時にも、日仏どちらの人からも


「あなたの彼、FN推しだと言っているけど、いいの??」


と聞かれ、


「そこは、嫌い」


と答えていましたが、やはり


「アラブ人が大嫌い、くたばれ。」


といった発言が日常会話に出てくると

とても「そこだけ嫌い」では対応しかね、結局お別れしました。



父ルペンは、昨今の移民問題からの「フランス人最優先」という風潮とは違って

根っからの「人種差別主義者」です。

ユダヤ人問題を「第二次世界大戦の中においては些細なこと」

と片付けてしまうような人間です。

娘は別人格とはいえ、そのような人物に育てられた人物ですし

父より多少ソフトな物言いをしているとはいえ、

思想の流れはくんでいると言えるでしょう。



さて、決選投票にそのようなルペンを進ませるだなんて、

いったいどこの、誰が投票したの?

と思い、少しだけ地域別に調べてみました。


全地域を調べたわけではないですが、

南に行くほどルペン票が多いという印象を持ちました。


私はフランスの地中海沿岸地域が大好きで、

いつか行き来する生活がしたいと思っているのですが

その辺りがまさに「ルペン1位」なのでした。


それは、マントン、グラース、そして結婚するかもしれなかった恋人の

住んでいるコルシカ島の、アジャクシオ、バスティア、フィガリ。

(コルシカで一番馴染み深い街、ボニファシオやポルト・ヴェッキオは

ルペン1位ではなくてほっとしました。)


移民が多く治安が良くないと言われるマルセイユは

(実は憧れつつもまだ行ったことがないのです)

大きな街なので何区にもわかれていますが、

例えば1区はメランション マクロン フィヨン。

4区はメランション ルペン マクロン。

12区はルペン フィヨン マクロン。

地域によってまるで違いますが、

メランション氏が比較的強かったようです。


何度も滞在している大好きな街ニースはフィヨン ルペン マクロン。

ノルマンディ地方の優雅なリゾート地ドーヴィルはフィヨン マクロン ルペン。


パリは1区から20区までありますが、

まずは1区 マクロン フィヨン メランション アモン ルペン(ルペン低し!)

日本人のよく訪れるサンジェルマン辺りの6区 フィヨン マクロン メランション アモン ルペン。

スノビッシュな16区 フィヨン(なんと58%)マクロン(26%)メランション(5%)ルペン(4%)


自分の興味のあるところばかりを調べたらこのような結果になったのですが

知りたい地区がこの中にない!と言う方は

下記のレクスプレス誌のリンクに都市名か郵便番号を入れて調べてみてくださいね。


http://www.lexpress.fr/actualite/politique/elections/presidentielle-2017/resultats-elections/ville-paris-15e-arrondissement-75015_75115.html


マクロン氏・・・ル・コルドン・ブルー時代の、

ブルターニュ出身の上司に似ています。

この上司も母親くらいの年齢の女性と結婚していました^^;

(のちに奥様を捨てて若い女性と結婚しましたが)


皆さまがフランス人だったら誰に投票していましたか?



ごきげんよう♪




メゾン・ヴィヴィエンヌ店主





↓ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、お得な情報をいち早くお届けする
メールマガジンのご登録は コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも新商品やアンティーク小咄など発信しております。
是非ご覧ください♪











ああ、とうとう起きてしまいました。・・・

 

 

一般人を無差別に・・・というものではなかったので

ニースのときのような被害者数ではなかったとはいえ

(殉職された警官の方とそのご家族の方には本当にお気の毒です)

「シャンゼリゼで銃撃テロ」というだけで大変な出来事です。

 

 

射殺された犯人はまたもベルギー国籍のイスラム教徒という話。

 

三日後に控えた大統領選、

出来れば極右に傾かない政治家をと望んでいましたが

浮動票がおそらくル・ペン氏に票が流れる気がします。

 

父ル・ペン氏時代に留学していましたのでどうしても

(いまのトランプ大統領のように)口が悪くて極端な移民排斥主義者

というイメージが強いのですが、

娘ル・ペンのほうはもう少しソフト路線とのこと。

それにしてもFN党首が大統領になってしまいそうな

今の危うい世相を憂えてしまいます。


メゾン・ヴィヴィエンヌ店主





↓ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、お得な情報をいち早くお届けする
メールマガジンのご登録は コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも新商品やアンティーク小咄など発信しております。
是非ご覧ください♪











寿退社ではなくリストラでしたが
結婚した4年ほど前に長い会社員生活とさよならしました。
最初は電車に乗って都心に通勤しない生活が
社会から必要とされていないみたいで落ち着きませんでした。

平日の昼間、外を歩くのがなんだか恥ずかしかったのですが
バタバタしていた会社員時代にはまったく気づかなかった
電線にとまる鳩さん 朝や夕方に決まった場所に集まるスズメさん
あんまり好きではないけどけっこうかわいい動きを見せてくれるカラスさん
都内ながらわりと見かけることのできる鶯さん、メジロさんなど
私たちと一緒の世界に生きているのだなと
遅ればせながら気づくことが出来ました。

珍しい野鳥とかではないですが、
たくさんの普通のトリさんたちがまわりにいる生活。
平和で幸せです。

そしてトリさんたちは幸福の象徴として
たくさんのポストカードに使われています。

アンティーク・ポストカード>トリ 




DP1196edited

薔薇と忘れな草と白鳩さん。
エンボス加工でとっても凝ったカードです。

DP1193edited

こちらも薔薇と忘れな草、そしてなんと
本物の植物とリボンが使われていますよ。

DP1194edited


DP1195edited

先頭のカードと対になっているようです。

DP1197edited



DP1199edited

DP1198edited

お花だけのモチーフも大人気なのですが、
トリさんとの組み合わせは更に「生命」を感じられて
そこにあるだけで生き生きした空間が生まれます。
新しい命の芽生えるこの季節の模様替えに、是非加えてみてください。

アンティーク・ポストカード>トリ 



メゾン・ヴィヴィエンヌ店主





↓ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、お得な情報をいち早くお届けする
メールマガジンのご登録は コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも新商品やアンティーク小咄など発信しております。
是非ご覧ください♪











イースターは、十字架に架けられたイエス・キリストが
予言通り3日後に復活したことを祝う祭日。
キリスト教徒にとってはとても神聖なお祝いの日なのです。
(タマゴで遊ぶ日、ではないのですよ~
遊んでもいいけれど、お子さんにはきちんと意味を伝えたいものですね)

さて、クリスマスと違ってイースターは移動祝祭日で、
”春分のあとの最初の満月から数えて最初の日曜日”となっています。

2017年のイースターは4月16日(日)です。

去年はだいぶ早くて3月27日でした。
年によっては、最大で1か月ほどずれることがあるようですよ。


さて、メゾン・ヴィヴィエンヌにもたくさんのイースター・モチーフの
アンティーク・ポストカードがあります。

イースターのポストカード のご紹介ページ

1eravril031-20160307

ひよこと、忘れな草!
色合いがとっても可愛いですね^^


1eravril021-20160307

こちら、なぜかムッツリした表情のひよこが
カラフルなタマゴを温めていて可愛いです。

1eravril025-20160307

ブルジョワ階級のお子様たちがイースターをお祝いする様子。
タマゴは新しい生命の誕生の象徴として使われています。

是非ご覧くださいね。

イースターのポストカード のご紹介ページ 


メゾン・ヴィヴィエンヌ店主





↓ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、お得な情報をいち早くお届けする
メールマガジンのご登録は コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも新商品やアンティーク小咄など発信しております。
是非ご覧ください♪











表題のとおり

明日27日10時まで全品10%OFF
   
&送料無料SOLDE 実施中です♪




さて、お客様の声 についてです。

当店の場合1点ものがほとんどなので、
ひとつ商品が売れたらその商品ページは即

 ”SOLDOUT 在庫なし”

 となってしまうことがほとんどです。
「お客様の声」を参考にそのページの商品の購入を決める。
ということがほとんどないわけですので、
お客様にレビューをお願いしておりません。

が、商品をお受け取りになったあと、
ご丁寧にも嬉しいご感想を
送ってくださるお客様がいらっしゃいます。

C20150108_145018

こちらの、馬蹄と馬モチーフの真鍮ドアノッカー。
欲しいな・・・でも高いな・・・と思い続けた後、
分割でのご購入をご相談くださいました。
そういったご相談にも乗れることが多いですので
どうぞお気軽にご相談くださいね。(メールで・・・)


ご感想:
「本当に味わいのあるステキなドアーノッカーで
見ているだけで幸せな気分になります。
大切にしていきます。
今回は本当に有り難う御座いました。」



DSC_2036


このタイプのカルネ・ド・バル(舞踏会の手帖)は
別々の時期・場所で合計で4つ買付けました。
上の写真の商品は、珍しく完璧なコンディションで発見しました。
(丸環つき、オリジナルのペン付かつ使用可、帳面つき、美品)
また、このタイプのカルネ・ド・バルですずらんのデザインは
あまり見かけないのではないかと思います。
ちょうどその二つの大きな美点を求めていたお客様が
この商品に出会って下さいました。


ご感想:
「今迄、いろんなショップで探しましたが、
小さすぎ 、 図柄、ペンの欠けなど気に入った物が無く
諦めかけていたところ、私の想いの総てが1つ になって
購入させて頂き、感激しております。
ありがとうございます。😊大切に使用いた します。   」


安くて可愛い雑貨で溢れている昨今ですが、

「お手頃だし、まっ、これでいいかー。」

ではなく、

「まさにこういうものを探していた!!!」

という一期一会の運命の品に出会うお手伝いが
出来たこと、本当にとても嬉しく思います。

Kさま、Mさま こちらこそありがとうございました^^


メゾン・ヴィヴィエンヌ店主





↓ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、お得な情報をいち早くお届けする
メールマガジンのご登録は コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも新商品やアンティーク小咄など発信しております。
是非ご覧ください♪











この連休はポカポカ陽気で、東京ではもう春の兆しでいっぱいでした♪

春といえばふきのとう。
夫がまだ雪国な長野で採って来たふきのとうを蕗味噌にして
(イタリア人には叱られてしまいそうですが)
ベーコンとクリームのパスタに混ぜたものを作ってくれましたよ。

さて、表題の件ですが、
メゾン・ヴィヴィエンヌは2014年のこの季節にOPENしました。

余談ですが、実は店主(3/23)や店主夫の誕生日(3/29)、
結婚記念日(3/22)も3月下旬に集中しておりまして、
(分散しているほうが楽しいような気がしますが^^;)
1年で1度だけのお祝いシーズンなのです。


3周年を迎えられたのもひとえに応援してくださる皆さま(と夫)のおかげです。
本当にありがとうございます!!
下記の要領で記念セールを実施致しますので、是非ご来店ください。

                           
***********************************


クーポンコード 3ans
クーポン名   3周年記念SOLDE
有効期間    2017/03/22 22:00~2017/03/27 10:00
割引       定率割引10%
回数制限    回数制限しない
クーポン対象商品 全商品

 
***********************************


更に!出血大サービスで【送料無料】とさせていただきます♪

昨今、ヤマトさんの疲弊がよく報道されていますが、
送料無料で送れるほど破格の運賃設定に
してもらっているのは巨大企業くらいではないでしょうか。
当店のような零細個人事業主は、個人向け価格と同じ運賃なのです^^;
なので、普段はその送料の一部をご負担いただいているのですが
本当は太っ腹「いつも送料無料」としたいのはやまやまです。


お会計の際に出てくるクーポンコード入力欄に

【 3ans】

とご入力いただく以外は、いつものお買い物と同じ流れです。
短いレーステープやポストカード一枚などから対象となります♪(普通郵便ですが)

それでは皆さまのご来店お待ち申し上げております♪


メゾン・ヴィヴィエンヌ店主

  

↓ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、お得な情報をいち早くお届けする
メールマガジンのご登録は コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも新商品やアンティーク小咄など発信しております。
是非ご覧ください♪











DP1186

とっても美しいすずらんのアンティーク・ポストカードが4点入荷しています。
http://www.maisonvivienne.com/SHOP/229285/229687/list.html

上のカードは手描き。

すずらんは、フランスでは春を告げるお花。
4月のフランスは(地方にもよりますが)
まだまだ春を感じられる暖かさではないことが多いのです。

我々は、3月8日のミモザで春を感じられましたけれど・・・
東京でも3月に雪が降ったりしますので、まだ、あともう一歩ですね。

DP1187

こちらのカードはモノクロ写真に彩色。
すずらんの白はそのままモノクロ写真の色を生かしています。

DP1185

こちらはアンティーク・レース(本物ではなくプリントです)の上に
モーヴ・ピンクのリボンで束ねたすずらんのブーケを。
リボンやレースの配置が絶妙です。
お店のロゴもなかなかいいアクセントになっていますが
実際の商品にはこのロゴはございません(笑)

DP1188

画面ではわからないのですが、こちらはエンボス加工。
なので裏面がとても美しいのです。
筆跡もとても美しいので見ているだけでうっとりです。
上部は元々の飾り加工でカットが入っています。

DP1188b


http://www.maisonvivienne.com/SHOP/229285/229687/list.html


このところ、今後の方向性について考えることがあり、
あまり作業がはかどっていません^^;
でも、ふだんの生活はとても穏やかで恵まれていて、幸せを感じています。
こんなこと、ここに書いていいのかしら?
去年の今頃妊娠したのですが、その後流産しまして、
それもあって買付の旅はおろか海外に行きませんでした。
(でもこの年で妊娠しただけで奇跡と思います^^健康な身体であることに感謝)
子供を持つことを後回しにしてきたツケとしか言えないのですが、
それでも若い時に色々なところに行ったり、
色々なことをやったりの遠回り人生で良かったなあ。と思っています。

欲張りだった私ですが、いまは過去と現在に満足しすぎていて、
あまり「やりたい」と渇望する物事がないせいで
停滞しているのかなと、自分では分析しています^^;

自分が楽しいとか、幸せとかいうことを優先して我儘に生きて来たので
これからはもう少し、人様や猫様?のお役に立つために
生きていけたらなあ。と思って模索しております。

ご訪問ありがとうございました^^


メゾン・ヴィヴィエンヌ店主





↓ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、お得な情報をいち早くお届けする
メールマガジンのご登録は コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも新商品やアンティーク小咄など発信しております。
是非ご覧ください♪











ここ2~3年で、イタリアで「ミモザの日」(正しくは女性の日です)と言われている3月8日前後に
ミモザを売るお花屋さんが多くなったように感じます。

10日ほど前に、家のご近所にも見事なミモザの木があるのを発見しまして、
青空を背景に写真を撮りたいなあ。と思っていました。

が・・・、

image


お昼頃まで見事な青空でしたが、お昼過ぎにプリンタのインクを買いに出ましたら・・・
グレーな背景のミモザに・・・。
こちらのお宅は2年ほど前までは素敵な日本家屋でしたが、代替わりで素敵な洋館に。
あまりお宅を撮影するわけにはいかないので借景程度に・・・。
このミモザは去年はなかったと思いますが、年々お庭に素敵なお花が増えて行くので、
通りすがりの者としてはとても癒されます。


用賀のコジマにインクを買いに行きましたら、その近くのお宅にも立派なミモザが。
こちらはこれから開くつぼみのほうが多い状態。

image


我が家の近くに、お花の卸の会社があります。
そちらで小売りもしているのですが、
通りかかる時に見るお花や苗で季節の移り変わりを感じられます。

今年はミモザが売られていました!

「3月8日はミモザの日。
大切な方へプレゼントしませんか?」

と書かれていました。


image


私から私へプレゼントして、さっそく飾りました。
お花でも何でもピンクが好きですが、
たまには黄色のお花もビタミンを摂取した気分になれて良いですね♪



さて、お店に一枚だけあった、ミモザのポストカード。
次の買付ではもっと仕入れて来なくては。

DP1154


http://www.maisonvivienne.com/SHOP/DP1154.html



メゾン・ヴィヴィエンヌ店主





↓ロゴをクリックするとお店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、お得な情報をいち早くお届けする
メールマガジンのご登録は コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも新商品やアンティーク小咄など発信しております。
是非ご覧ください♪











このページのトップヘ