フランスアンティーク&ブロカント雑貨 | メゾン・ヴィヴィエンヌのフランスアンティーク物語


バレンタインデーですね。

前回のブログで、夫に贈ると宣言?した
ヨックモックのショコラシガールを買いに
日曜日に青山本店へ行きました。

[画像:41baa297-s.jpg]

雨の予報のはずが、とってもいいお散歩日和。
表参道界隈はとても賑わっていました。
ヨックモック本店の、カフェも行列していました。
写真は撮りませんでしたが。

[画像:5fe0588c-s.jpg]

で、入って早速、「完売」のお知らせ発見><
開店後、早いうちに売り切れてしまうんですって。
仕方ない、渋谷にハシゴしますか・・・
と、その前に。

image


青山本店限定の、サンク・ビジュー。

[画像:9114df57-s.jpg]

まだ夫に渡していないので、フィルムがかかっていて
もや~と写っていますが、
5種類のかわいらしいマドレーヌ?です。


image

能書きもついています。

image

箱の、青い鳥さんたちもかわいい。

image

色んな味のサブレもあり、パッケージもかわいい!
今度買おう♪


そして予定になかった渋谷へ向かいます。
FOODSHOW内に一店あるのです。
しかしながら・・・
やはり売り切れ。
仕方ないので、ここで「シガール・オ・ショコラ」購入。
欲しかったものは、シガールのチョコがけですが
こちらはシガールの内側にチョコレートを充填したもの。

それと、アイスシガールのチョコレート味。
これは、同じようにシガールの中に
チョコレート味のアイスを充填したもの。

昨日はさらに、日本橋三越店にも行きましたが、
ショコラ・シガールはありませんでした。

そのかわり、とてもかわいい花柄のラングドシャや
シガールにピスタチオクリームや
マンゴークリームを詰めた
日本橋三越限定商品が。

夫へのバレンタインプレゼントはもう十分買ったので
買いませんでしたが、
女性へのちょっとしたお持たせにぴったりと思いました。

ヨックモックの、百貨店への出店第一号店が
日本橋三越店だそう。
都心なのにゆったりしたスペースの
デパ地下なので、とても居心地が良いですよ。

来年のバレンタインや、
自分へのホワイトデーに是非どうぞ^^


メゾン・ヴィヴィエンヌ店主



↓ロゴをクリックすると
お店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、
お得な情報を
いち早くお届けする
メールマガジンのご登録は
 コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも
同じ内容を発信しております。
FBのほうが見やすい方は是非♪




ひっそりと、インスタ始めました。
まだよくわからないので四苦八苦ですが
今後にご期待ください♪

Instagram

夫のインフルエンザが治ったと思ったら
今度は私が高熱・・・、
でも検査したらインフルエンザではなく
一日で解熱しました。症状は、胃が痛いだけ。
先日ご逝去された有賀さんが
そうかどうかわかりませんが
発見したときには手遅れなことが多い
スキルス胃がんだったら嫌だなと思って
内視鏡検査を申し込んできました!

ここしばらく、思いっきり食べたり
飲んだりできていませんが
ふだん意識していない
健康な胃腸のありがたみを感じています^^;

その時、お姑様もインフルエンザ罹患中でしたが
イナビルという薬を一回噴霧?したら
翌日から普通に動けるようになったとのことです。
85歳なのですが、なんと強靭なのでしょう。
私のほうが長く寝込みました^^;


さて、バレンタインデーの近づく今日、
ネットニュースの中にこんなものがありました。

「日本でバカ売れ 『高級チョコレート店』の本音」


ピエール・エルメがニューオータニの中に
ブティックを開いたのがもう20年も前だそう。
どなたに差し上げたか忘れましたが
(その頃の年齢から考えて、たぶん元夫)
ハート型の濃厚なチョコレートケーキを
買いに行ったのを覚えています。

彼の成功をきっかけに、日本に次々と
フランスのパティシエのチョコレートがやってきたのは
グルメに詳しい方はご存じかと思いますが
もう毎年のように知らないカタカナ名がたくさん
この時期になると伊勢丹の特設サイトに並びます。
ついていけません^^;
なので、ついていかないことにしました(笑)

上の記事には、サロン・デュ・ショコラ2018に
初参加し、熱狂的な歓迎を受けた
ジェローム・デ・オリヴェイラ氏の逸話が載っていますが
9日間の日程すべて、有給休暇を使って
会いにきた女性ファンもいて驚いたのだとか。
他にも、一緒に写真を撮りたがったり
スマホケースにサインをおねだりしたり・・・、
「日本人の、チョコレートに対する情熱」
と語られていますが、それだけではないと思います。
一部に、熱狂的なフランス男フリークの
日本人女性というのがいるのです^^;

元夫であるフランス人シェフは
まったくモテるタイプではなかったのですが
しょうもない嘘をついて他の日本女性たちと
浮気まがいのことをしていたようですし
在日フランス人男性たちはどんな容姿であっても
不当に(笑)ちやほやされるのです。

お友達の旦那様も、
日本に奥様と里帰りしている時なのに
みんなにちやほやされて有頂天、
しまいには「君(→私)と結婚したかった~」と
奥様の前で冗談を言い出す始末。

前にいたフランスのグルメ関係の会社には
たくさんのフランス男性同僚が居ましたが
日本人の奥様の居る人はアシスタントや
顧客の日本女性に手を出すし(複数人・・・)
フランス人の奥様を同伴してきた人は
日本人と浮気して奥様と離婚して再婚するし
ある一部の日本女性の
フランス男性熱はものすごく、
本国でここまでちやほやされたことのない
フランス男性はすっかり虜になってしまうようです。

もちろんショコラが日本市場で売れているのは
上記チヤホヤの影響だけではありませんが
ショコラもまた、日本では異様にチヤホヤされ、
高価で特別な機会にだけ食べるものになっている、
ということに違和感を覚えるショコラティエも多いそう。

1粒400円、500円が当たり前になってしまっているので
今更適正価格に下げたところで
「安っぽい」イメージを持たれてしまう。
既存のメゾンの価格はおそらくこのままでしょうが
もう少し親しみやすいお店が出てきたら
バレンタインや特別な機会以外にも
気軽に箱詰めしてもらって
ほっとくつろげる週末などに
美味しい珈琲と一緒にいただいたりしたいですね。


うちは、今年は夫がヨックモック大好きなので
シガールにチョコレートを詰めた
ショコラ・シガールにする予定ですよ^^


chocolat_cigatre
(画像は公式HPからお借りしています)

あと、チョコレートの香りのするクリーム
チョコ・ラモーレ」のビターオレンジ味を注文してあります^^


ab69a0cd209b9778efd608c2f184d27b
(画像は公式HPからお借りしています)


皆さまはバレンタインはどのようになさいますか?^^



メゾン・ヴィヴィエンヌ店主



↓ロゴをクリックすると
お店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、
お得な情報を
いち早くお届けする
メールマガジンのご登録は
 コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも
同じ内容を発信しております。
FBのほうが見やすい方は是非♪




ひっそりと、インスタ始めました。
まだよくわからないので四苦八苦ですが
今後にご期待ください♪

Instagram

とうとうあさってまでとなった

「セーヴル展」。

 

インフルエンザB型にかかって

自宅療養中の夫をおいて

六本木に行ってきました^^;

 

六本木開館10周年記念展

フランス宮廷の磁器セーヴル 創造の300年

 

[画像:158085be-s.jpg]

残念ながら、

メゾン・ヴィヴィエンヌの雰囲気の

お好きな方々の好みそうな

18~19世紀フランス宮廷の

作品たちは撮影禁止。

コンテンポラリーな作品の

一部が撮影可でした。

 [画像:c0b4fd53-s.jpg]


ルイ15世、16世、ナポレオン1世・・・と

フランスの権力者たちに庇護され

贅沢で至高の作品の数々が生まれた

セーヴル窯。

 

私が特に好きなのは

スープ・チューリンなどの蓋についた

植物モチーフの取っ手

(檸檬やアーティチョーク)や

薔薇、矢車菊、アネモネなど

カラフルな花柄モチーフ、

ロカイユの金彩縁取り、

ガーランド、リボンモチーフ、

マリー・アントワネットのMA

デュ・バリー夫人のDBといった

モノグラム。

 (残念ながら撮影禁止)


この1年間、日本で4か所に

貸し出されるので

フランスに行っても観られない

素晴らしい作品の数かず、

是非日曜の最終日までにご覧ください♪

 

そして、30日までの

Dior レッツ グロウ ガールズという

銀座松屋でのDiorのイベントも是非。

[画像:f925ba07-s.jpg]

いつも免税店でまとめ買いするので

カウンターには滅多に行かないのですが

リップグロウの新色が出たので

タッチアップに行ったら

王子様みたいなハーフの

メイクアップーアーティストさんが

あれこれアドバイスして下さり
ラメパウダーやらアイシャドウやら

全部お買い上げしてしまいました^^;

このイベント中に買うと

リップケースに10文字までの

刻印をしていただけます。

MAISONだけで6文字…、

店名すべて入れるのは諦めて

VIVIENNE と刻印していただきました。

 [画像:2e8c5989-s.jpg]


ノベルティのピンク刺繍のタオルが素敵。

[画像:59672461-s.jpg]

ちなみにハーフの王子さまは

大橋君といって、お父さまの苗字だそう。

コロンビアと日本のハーフで

言葉遣いや物腰が丁寧で

とても気持ちの良い青年でしたよ。

ものすごく目の保養になるので

是非銀座にお出かけの際は

お立ち寄りください^^

 

メゾン・ヴィヴィエンヌ店主



↓ロゴをクリックすると
お店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、
お得な情報を
いち早くお届けする
メールマガジンのご登録は
 コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも
同じ内容を発信しております。
FBのほうが見やすい方は是非♪




ひっそりと、インスタ始めました。
まだよくわからないので四苦八苦ですが
今後にご期待ください♪

Instagram

家からは自転車で行けるのですが、
最寄りの東急田園都市線用賀駅からは
けっこう歩かないと行けない世田谷美術館。
ですが、「パリジェンヌ展」、
なかなか混み合っていましたよ。
(今日ではありませんが)

[画像:a1ed351b-s.jpg]

「パリジェンヌ展」て何なの?と思っていましたが
その名の通り、18世紀~20世紀にかけての
パリに暮らす女性たちの生活(特に服飾)に
焦点を当てた展覧会でした。
ボストン美術館のコレクションだそうです。

DF002-1

ふんだんに刺繍やレースがあしらわれたドレスや
靴、ティーセット、リヨンで織られたショール、などの
生活小物や、それらを描いたファッションプレート、
(当店にもあるロール・ノエルのものが何枚かありました)
リトグラフ、ポストカード、
マネやベルト・モリゾによる貴婦人たちの肖像画・・・、
おそらくメゾン・ヴィヴィエンヌが好きで
ご来店くださる方のとても好きそうな
時代背景と展示物たちでした。

★ファッションプレートはこちら
★貴婦人のお道具はこちら


私もこの18~20世紀のパリというのが
堪らなく好きでワクワクしてしまうので
またこの空間に身を置きたい!と思うような
展覧会でした。

砧公園やフランス料理の「ル・ジャルダン」も
隣接していますので、是非会期中にお出かけください^^

28日(日)までに、
サントリー美術館での「セーヴル展」も
観に行かなければなりません。
まだの方は、先に終わってしまう
「セーヴル展」に先におでかけください^^


メゾン・ヴィヴィエンヌ店主



↓ロゴをクリックすると
お店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、
お得な情報を
いち早くお届けする
メールマガジンのご登録は
 コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも
同じ内容を発信しております。
FBのほうが見やすい方は是非♪




ひっそりと、インスタ始めました。
まだよくわからないので四苦八苦ですが
今後にご期待ください♪

Instagram

歩いていける距離なので、
またまたボロ市に行ってきました♪

[画像:1ed9de37-s.jpg]

額に、アンティーク子供服が
並べ掛けられています。
けっこう目を惹いていたブース。

[画像:2c18a0c3-s.jpg]

これは日本の古い風景写真などの
絵葉書のコーナーなのですが、
ふとひっくり返してみると、裏面は
フランスのアンティークポストカードみたいで
CARTE POSTALEと印字されていました!
これだけでなく、何枚も。
アールヌーボーの流行が極東にまで・・・


[画像:edf1fbf2-s.jpg]

まるで元旦の門前町みたいな混みよう。
土曜日に、アド街っく天国で、
最寄り駅である「世田谷線 上町駅」が
特集されたからというのもあるかもしれません。

[画像:18c66e0c-s.jpg]

和のレトロ雑貨。
見慣れたあの食品メーカーたちの缶。

[画像:3fb59ad9-s.jpg]

フランスアンティーク屋さん。
・・・あれ?

[画像:32decdc4-s.jpg]

このフクロウさま。
二子玉川蚤の市で後ろ髪をひかれた子。
まだ売れ残ってる。運命の再会かも?
ねぎってもいないのに
半額にしてくださったけど(12000→6000円)、
フクロウ好きなのは夫。
メールしたら
「すごいフクロウだけど、いい・・」(要らない)ですって。
どうしても!という方のところにお婿に行ってね^^♪

ちなみに、「どこのものですか?」と聞いたら
「3時間ググって調べましたが、わかりませんでした!」
とのこと。
そうなんですよね~、そういうこともあるんです。
気さくで若い男性店主さんでした。

[画像:db329d32-s.jpg]

本日、私が購入したもの。
これ、残念ながら1枚しかなかったのですが
パッと見て「これ!」と思ったので即決。
昨日アド街で「豆皿ならココ」と
紹介されていたお店なので
ものすごい人だかりだったから、
手放したら取られてしまいそうだったので。

[画像:c4c496f1-s.jpg]

明治期の、手描きの、松竹梅。
繊細だったり達筆だったりはしませんが
手描きでところどころプックリと
もりあがっているところに
手作り感が感じられたのと、
色合いがくすんでいなくて鮮やかだったのが
気に入りました。
2500円。

あとは、景徳鎮の招き猫のそばちょこを買い
状態のよい漆のお重や折敷があれば・・
と探しましたが断念。

フランスアンティークは自分で買付にいけるので
やはりこういう買い物になってしまいました。

明日まで開催されていまして、
飲食の屋台も豊富ですので
是非お出かけください!
(*私は出店していません)

メゾン・ヴィヴィエンヌ店主



↓ロゴをクリックすると
お店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、
お得な情報を
いち早くお届けする
メールマガジンのご登録は
 コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも
同じ内容を発信しております。
FBのほうが見やすい方は是非♪




ひっそりと、インスタ始めました。
まだよくわからないので四苦八苦ですが
今後にご期待ください♪

Instagram


BONNE ANNEE 2018!!

image

2017年は買付に行けないまま
ゆったりと営業しておりましたが
今年は買付再開し、
さらなる飛躍の年へ♪
と思っております。

それまでに・・・というか、
ずっとこのまま・・・、
どうか大きなテロ事件が起こりませんように。



年を重ねるにつれて、
「どうしても譲れないこと」が減って・・・
というか、諍いは不毛ですので
出来るだけ避けたいので
事なかれ主義になりつつある私です。
人は人、自分は自分。
違って当たり前ですので
認めあって暮らしていきたいものですね。
どうしても折り合わない人とは
距離を置く、というか
「逃げるが勝ち」 笑
 の姿勢が吉。

そう出来ない環境の方も
中にはいらっしゃるかと思いますが
どうか少しでも
皆さまが心穏やかに過ごせる
一年になりますように。


本年もどうぞよろしくお願い申し上げます☆

※写真はメゾンヴィヴィエンヌ近くの
お花屋さんの店頭の飾りです♪
白と黒(!)の菊で
パンダのシャンシャン親子を
表現した力作です!



メゾン・ヴィヴィエンヌ店主



↓ロゴをクリックすると
お店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、
お得な情報を
いち早くお届けする
メールマガジンのご登録は
 コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも
同じ内容を発信しております。
FBのほうが見やすい方は是非♪




ひっそりと、インスタ始めました。
まだよくわからないので四苦八苦ですが
今後にご期待ください♪

Instagram

今年もとっても時間が経つのが早くて、
もう丸二日でおしまい・・・
皆さまきっと、
お掃除やお正月のお料理に
追われていらっしゃるころでしょうか。

本年度もマイペースなブログを
応援してくださって
本当にありがとうございました。

ブログでのバーチャルな交流も
知らない世界を教えていただけて
とても新鮮ですし
実際に素敵な方々と
お会いすることも出来て
本当に有意義な一年でした。

素敵なご縁に、
感謝の気持ちでいっぱいです。
有難うございました。

また、クリスマスの日に
ご注文くださったお客さまが
アメブロをなさっているとのこと。
記事の中でお買い上げの
ヤドリギモチーフのアンティークカード
ご紹介くださったということを
メールでお知らせくださいました!

cartespostales031


Card無事に届きました!
とても状態もよくて素晴らしいですね♪
一目惚れ致しました!
早速ブログにupさせて頂きました。
shop様もご紹介させて頂いております。
事後報告で申し分ありません。
今回、素敵なshop様との出逢い心から嬉しいです。
本当にありがとうございました。
よろしければ拙いブログですがお越しください。
砂糖菓子のお部屋 ほんのりmilkyさまのブログ
毎日寒いですのでご自愛くださいませ。
今回は大変お世話になりました。



今年はアマゾンその他から流れた
お荷物などで郵便局が
キャパシティオーバーだとか。
普通郵便もゆうパックも
(多分年賀状も・・・)
通常より1日近く遅れることもあるようで
やきもきしましたが、
無事到着したとのご連絡を下さいまして
ほっとしました。
そのうえ、素敵に飾って下さっている様子を
お知らせくださり本当に嬉しいです。


それでは、晦日ではありますが
本年最後のブログ記事です。
今年も大変お世話になりました。
どうぞよいお年をお迎えくださいませ。


メゾン・ヴィヴィエンヌ店主



↓ロゴをクリックすると
お店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、
お得な情報を
いち早くお届けする
メールマガジンのご登録は
 コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも
同じ内容を発信しております。
FBのほうが見やすい方は是非♪




ひっそりと、インスタ始めました。
まだよくわからないので四苦八苦ですが
今後にご期待ください♪

Instagram

夫も私も東京生まれ東京育ち
双方の実家もすぐそこ
日本で帰る田舎がないのは
寂しいなと思っていました。

が、ひょんなご縁から
北信濃のりんご農家さんと知り合いになり
「りんごの木一本貸したる」と(夫が)言われ
100個以上の実が収穫できました。

    DSC_2214

         お借りしているりんごの木にて


大きくて蜜入りの
とっても美味しいもぎたてりんご。
でも二人暮らしには多すぎて
親戚やお友達に差し上げてもまだまだ・・


DSC_3268

加工するのは忍びなかったのですが
小粒のものを中心に12個使って
フランスのお菓子「タルトタタン」を作りました。
材料もシンプルで簡単。
タルト生地は作らずパイシートで代用したので^^;

DSC_3263

クレイユモントローのお皿


私はついなんでもピンクや赤を
選んでしまいがちなのですが
淡いブルーのお皿もなかなか
素敵ですね(←自画自賛・・)

(私が普段遣いにしているわけではなく
撮影用にストック棚から出してきています)

C20150318_120044edited



明日からまた行って(既に雪国です!)
今度は燻製ハム造り(&温泉♪)して参ります。
たいへん申し訳ございませんが
月曜火曜を臨時休業とさせていただきますので
発送は20日水曜日以降となりますことを
ご了承くださいませm(_ _)m


メゾン・ヴィヴィエンヌ店主



↓ロゴをクリックすると
お店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、
お得な情報を
いち早くお届けする
メールマガジンのご登録は
 コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも
同じ内容を発信しております。
FBのほうが見やすい方は是非♪




ひっそりと、インスタ始めました。
まだよくわからないので四苦八苦ですが
今後にご期待ください♪

Instagram

ありそうでなかなか見つからない
フランスアンティークのラマス・ミエット(パンくず取り)。

Ramasser=集める
miette =パンやお菓子のくず、かけら

という、そのままの意のお道具です。

なかなか状態の良いお品が
2点入荷しています。

DSC_2426edited

13800yen

手描きペイントのこんなに可愛いもの、
見たことがありませんでした。
ピンクの薔薇、ブルーや紫の可憐なお花たち・・・
ご覧の通りベースのベージュ色部分に
ペイント剥がれがありますが、
あまり目立ちません。

DSC_2433edited

回転ブラシがついていて、パン屑を集めます。

DSC_2511edited

13800yen

こちらはシルバーコーティングされており
とても高級感があります。
シンプルシックな今どきの
テーブルコーディネートにもぴったり。

DSC_2513edited

未使用のままなのか、
ブラシ部分がきれいです。


商品ページはこちらです。


A1016

ちなみに、以前お店にあったけれど
売れてしまったのはこのステンレス製のもの。
お客様のお宅で、パンの日に活躍してくれていると
店主冥利に尽きます^^


メゾン・ヴィヴィエンヌ店主



↓ロゴをクリックすると
お店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、
お得な情報を
いち早くお届けする
メールマガジンのご登録は
 コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも
同じ内容を発信しております。
FBのほうが見やすい方は是非♪






数日前、上野の東京国立博物館 
表慶館にて開催中(11/26まで!)の

「フランス人間国宝展」


に行ってきました!

[画像:acc4396d-s.jpg]


残念ながら撮影は一切ダメでしたので
表慶館の外観と
展示の写り込まない角度での
二階踊り場での写真のみです。

[画像:958e1ce7-s.jpg]

なんと素敵なクーポラ!!

表慶館は入ったことがなく、いつも
「ここは何に使うのだろう?」
と思っていたのですが、
展示の時のみ入館出来るそうで
普段は入れないのだとか。

フランスの邸宅や
美術館に来たかのような
素晴らしい階段や手すり、
モザイクの床、ドーム天井
などが観られるので、
是非とも展示と併せて
お楽しみください。
(周りの方たちも
「素敵な建物。
元々何に使われていたのかしら?」
と囁きあっていました)

フランスの現代の名工たちの
溜息しか出ない美しい作品の数々を
このように一か所で観られる機会は
なかなかないのではないでしょうか。

窯変に魅せられた陶芸家ジャン・ジレル

エルメスのケリー・バッグを手掛けた
革細工作家セルジュ・アモルソ

歴史的建造物の修復を手掛ける壁紙作家
フランソワ=グザヴィエ・リシャール

さすだけで貴婦人になれそうな傘を作り出す
傘作家ミシェル・ウルトー

扇作家シルヴァン・ル グエン

その他、金銀細工、真鍮細工、
羽根細工、ガラス、
麦わら象嵌細工、折布などなど
アンティークの技法を受け継ぎながらも
オリジナルな作品を次々生み出す
才能豊かな作家たちの作品が
たくさん観られます。

15人の出展作家たち
 

国を挙げてこのように
芸術家たちを支援し、厚遇し
伝統技術を守る体制がしっかり
出来上がっているというのは
素晴らしいことですね。
しかも、才能があれば年齢は関係ない!
最年少で38歳で認定された作家さんも。
そして今日現在私より若い方もたくさん。

作家名をクリックすると、
作家の説明ページに飛びまして
作品や作家を紹介する
短い動画も観られますので
26日までに上野に行けない方も
どうぞごゆっくりご鑑賞ください^^


イチョウも見頃です♪


BlogPaint





メゾン・ヴィヴィエンヌ店主



↓ロゴをクリックすると
お店ページにお越しいただけます。

  透過ロゴ


↓ランキングに参加しています。 
他の素敵なフランス雑貨ショップも
探せますので是非ご訪問ください♪






お店のセールなど、
お得な情報を
いち早くお届けする
メールマガジンのご登録は
 コチラ  からどうぞ。



フェイスブックでも
同じ内容を発信しております。
FBのほうが見やすい方は是非♪





このページのトップヘ